俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル[PSP]プレイ前コメント

2011年1月27日発売。
ライトノベル(ジュニアノベル)原作がゲーム化(アドベンチャーノベル)したもの。
アニメのほうが先で、声優などはアニメに準拠。
ギャルゲーっぽくマルチエンディング方式。
内容的には原作小説の第6巻からになっているのかな・・・。
ちなみに原作小説と同様に主人公(京介)の
1人称形式の文章(地の文)で物語は進みます。
恒例(?)のヒロインたちのノリや主人公の突っ込みは健在(笑)

間違っている箇所があるかもしれませんが、
ソフトをプレイしてみて気が向いたら直します(マテ)
もちろん、僕が間違いに気付いた場合ですが(><)

読む前の注意ごと。
この記事は情報などを元に
プレイ前のこのゲームに対する僕の印象など色々ことを
好き勝手に語る場所になっています。
(ギャルゲーに関わらず、特にヒロインに対して語るw)
真っ当で公平な情報を得たいのなら
公式サイトやwikiを参考にしてください。


感想をしている暇はないでしょうから
(ゲームのプレイするだけで精一杯ですからねw)

10時間未満はプレイしているけれども、
一応、プレイ前コメントということで(笑)
プレイ後についてはほとんど書いていませんし。
==============================
公式サイト・バンダイナムコゲームス

『俺の妹がこんなに可愛いわけがないポータブル』応援バナー


------------------------------



「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル」ずっとこのまま♪パック
バンダイナムコゲームス
2011-01-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル」ずっとこのまま♪パック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


==============================
今回、テレカなどの店舗別特典の絵柄について触れるのはやめます。
時間がないというかその余裕がありません(><)
というわけで購入報告でも行いません。

--【物語紹介】--
原作小説で言うのなら第6巻という辺りからです。
書くと面倒なので省きます。
それにこのゲームをプレイするなら
アニメや原作小説を見ていることが前提となっているように思えるので
そういう説明はいらない気もします。

内容的には原作小説第6巻からですから
原作やアニメ知らないで、このゲームをやり始めたら
物語は進んでいるわけで、なんだか分からないでしょうしね(笑)
(最低でも漫画版くらいは読んでいないと)

==============================
このブログの主題、ヒロインの魅力についての欄
評価:悪いG~A.S良いで(±)で補正。もちろん、僕の嗜好によって査定しています。
僕にとっての採点ですので人様の採点とは懸け離れている場合があるかもしれません(笑)
基本的に大半の評価が僕自身における萌える萌えないであり、
ヒロインとして萌えないけど、人としても好感が持てる、面白いから登場すること自体は好きという場合も多い。
ですから、評価が低いイコール嫌いというわけではありません。
原作小説があるため、予想ではなく、正式評価とします。
ゲーム内で新たな一面が見付かるかもしれませんが。


今回は外見紹介とかそういったものは省いていきます。
------------------------------
高坂京介〈こうさか きょうすけ〉CV:中村悠一さん/
主人公評価:A-

時折、ヘタレと化す主人公(笑)
基本的には色々と頑張っているため好感を持てるところも多いのだが。
妹に対して冷たい態度を取ることも多いけれども、
兄妹の関係(距離感)とするのなら妥当なところでしょうか。
少しずつ改善しているといってもね。

プレイ中のコメントとして
主人公にもしっかりとボイスが入っています(フルボイス)
ですので、彼のツッコミとかそういったものも楽しめます。
アニメみたいにちゃんと存在感があり、
ヒロインたちとやり取りしてる感覚が味わえます(笑)

ギャルゲーの主人公はどうも固定名だったとしても、
プレイヤーの(やや)分身というものがあるせいが
1人だけ音声がなくて空気っぽくなっていますからね。

まあ、単なる僕の嗜好でしかありませんが(><)
やや分身なのは現在主流のものは主人公は固定名が多く、
完全なるプレイヤーの分身をイメージしたものは少ないですからね。
ちなみに主人公に台詞があるのはまだ良いほうで、
完全なプレイヤーの分身だと主人公に台詞は無くなりますけどね。
RPGでいうのならドラゴンクエスト系みたいに(笑)
個人的な好みとしてどうも苦手なもので。

上記のとおり、僕の好みはそういうもので、
ギャルゲーの主人公にもアニメみたいに
ちゃんと声が入っているほうが良いという嗜好をしているんですが
(小説や漫画みたいに皆が平等に声がないならそれで良いんですけどねw)
無論、主人公に個性や容姿がちゃんと与えられていたからって
その主人公が気に入るかはまた別の話ですがね(><)


------------------------------
高坂桐乃〈こうさか きりの〉CV:竹達彩奈さん/
ヒロイン評価:A+

兄妹のやり取りが色々と面白い。
酷い部分を含めてやっぱり面白い。

かなり態度が厳しく冷たかったりとするけれども、
異性としても魅力的ではある。
立ち位置的に兄妹の関係がバランスが良いと思えるそういった意味で
作品における重要なキャラクター。
現在の距離感がなんだかんだといって良いのかもしれない(笑)
立場的にメインとも言えるヒロインなのに、
ヒロインとして強く押し出さないところが面白いかな。
物語の視点である主人公にとって妹だからでしょうが。

僕は勝手に過去に何かあって今の毛嫌いされる状況に陥ったのではないかと、
予想しているんですけど、実際はどうなんだろ?
その何かは主人公にとってそれほど印象深いものではないもので、
妹にとっては重要だったこと?

------------------------------
田村麻奈実〈たむら まなみ〉CV:佐藤聡美さん/
ヒロイン評価:A+


ほんわか優しく面倒見の良い幼馴染み。
異性として好きというところまではいたらなくても、
主人公(京介)はとても大事にしている。
一緒にいて落ち着く少女。
美少女とは言い切れないまでも
ほどほどに魅力的で家庭的なところはポイントが高いでしょうな。

ちなみに麻奈実は主人公(京介)のことをだいぶ意識しているっぽい。

主人公の未来予想図で、
遠い(?)未来ではいつの間にか付き合って結婚しているという
自然な流れというかそんな感じの結果になってもおかしくないという
想像を主人公(京介)がしていたような気もするけれども、
――言うまでもなく僕の記憶に信憑性はありません(笑)


------------------------------
槇島沙織〈まきしま さおり〉CV:生天目仁美さん/
ヒロイン評価:S

ハンドルネームは沙織・バジーナ(さおり・バジーナ)
桐乃のオタク友人の1人。

面倒見と人の良さが売りの背の高い女性。
役作りが徹底しているせいか、喋り方が特徴的でキャラが濃い。
それさゆ抜かせば優しい好人物である。

その実態は・・・知っている人はご存知の通りですが、
少しだけ触れるのなら
お嬢様であり、主人公(京介)より年下だったりします(笑)

裏(表か)だけを取り上げるのなら
評価はいくら高くして良いでしょうね(><)
ということで[S]になっていたり。
物語の全体を通してみた場合は[S]評価状況時は
そんなに長くないでしょうけども(笑)
------------------------------
五更瑠璃〈ごこう るり〉CV:花澤香菜さん/
ヒロイン評価:S-

HNは黒猫(くろねこ)
桐乃のオタク友人の1人。

物語の登場人物の役に入り込んだ邪気眼風の喋り方が特徴の女の子。
毒舌とかそういう濃い部分をひとまず抜くと、
落ち着いた女性的な喋り方と言えるだろう。
素直に慣れない時や恥ずかしい時も
キャラになりきって誤魔化す節がある?
沙織と違って素直に善意を表さないだけで
なんだかんだと面倒見も人も良い。

毒舌や独特な邪気眼部分が気にならないのなら(慣れたのならw)
とても魅力的な女の子と言えるでしょう。
(↑というのは当然ながら僕の感想w)

------------------------------
新垣あやせ〈あらがき あやせ〉CV:早見沙織さん/
ヒロイン評価:S

妹の親友。

清楚な雰囲気の礼儀正しい年下の女の子。
当然ながら主人公(京介)の妹・桐乃のクラスメイトであるため、3歳年下である。
ただし、あることをきっかけにして主人公(京介)に対する態度が一変。
毒舌で冷たい態度を取るようになった。
ちなみに彼女の本意がどこにあるのか不明。
主人公の立場がどこに置かれているのやら・・・(苦笑)
やり取りを見てもまったく分かりません(><)

潔癖症的にオタクを毛嫌いする面と、
桐乃という親友に対して異常な執着を見せる(笑)
もしかしたら好きなものに対して執着心や嫉妬心が高いのかも。
ヤンデレというには微妙だけれども、
桐乃に対してそういったものを匂わせることも。
まあ、主人公に対して厳しくなるという出来事がなかったとしても、
親友愛が過激なのは確かかもしれない(笑)

冷たい態度や毒舌もある意味で魅力的なヒロイン
過激な態度も主人公とのやり取りもこれはこれで面白い。
――実際に彼女と自分が相対したら、
即座にへこむ自信はあるぞっ!(><)
というわけで主人公(京介)を通して接するという条件なら
魅力的に思えるヒロインです。
単純に言うのなら現実じゃ嫌だけども2次元ならOKという意味かな。
なんにしても、僕自身にMっ気があるわけではない(笑)

なんだかんだと好きなヒロインだったり(><)
――というわけで[S]評価です。

主人公にとって好みの容姿・性格らしく(最初の印象)
冷たい態度を取るようになった今でも、
主人公はそんなような発言を取ることもある。
真意や本心はどこにあるか知りませんけどね。
ゲームだと付き合ったりもするわけですが、
主人公の3歳年下(高3と中3です)なんだよな~と思うと世間的にどうなんだろ?(笑)
ギャルゲーじゃないけど、こういう系統でこの程度のことを気にしたら負けだな。
(勝ち負けの問題かw)

まあ、流石に相手がどんなに大人びていても、
主人公が高校生でヒロインが小学生相手だとしたら
僕は確実に突っ込みは入れるけどな(笑)
相手(小学生ヒロイン)に好意を寄せられるのはいいけども、
主人公(高校生)が本気になったらいかんだろという意味で(><)
将来は付き合うかもしれない発言なら良いんですけどね(笑)
ちょっとドキッとしたり、異性として意識するのは別にいいんですけど。
・・・話が逸れた(苦笑)

------------------------------
来栖加奈子〈くるす かなこ〉CV:田村ゆかりさん/
ヒロイン評価:A

ある程度は人前では可愛く振舞うものの、
素はかなり大雑把(?)で態度も口も悪い(笑)

上記5人ほどメインというわけじゃないみたいですけど、
専用ルートがあるっぽいので、一応書いておきます。
紹介はほとんどしていませんが(><)
==============================

現時点で[新垣あやせ]ノーマルエンドのみクリアしています。
プレイしていた時はまだ攻略がなかったので自力です。

一度は[新垣あやせ]のルートが見付からないまま
バッドエンドともいうべき、親友エンドにも行きましたけどね(><)
ギャルゲーとしてはバッドエンドでも
友人と馬鹿っぽく過ごす一日はそれはそれで楽しいのかもしれんが。
あれだといやな思い出になりそうだが、それも一興か(笑)
人波には飲まれたくないが(><)

色々と忙しくてあんまりプレイできていないんですけど。
忙しいのは出張のせいもあるので、
それが終わったら精神的にも少しは余裕が出てくるかも。

このゲームはほかのギャルゲーと比べても結構楽しめているので
続編があっても良いかなと思っている最中です(><)
このゲームで各キャラの結構ネタは出し尽くしたかもしれんから続編は難しいかも?
それとも小説(原作)が進めば新たに色々なネタ(展開)が広がるか?
まあ、出なさそうな気はするが期待せずに待ってみよう。
ゲームが売れると出る確率は上がりそうですけど、どうなるんでしょうな。

"俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル[PSP]プレイ前コメント" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。