2017年公式戦(2017埼玉西武ライオンズ[32])9月24日・28日

山川選手のスタメン出場が続いてますので
楽しみは増加していますが、結果が良ければ気分が盛り上がり、
悪ければ気持ちが落ち込むという精神的に忙しい状況が続いています(笑)
現在は4番に相応しい結果を出し続けていますし、
残り5試合のため、もし打たなかったとしてもスタメンから外されることはなくなりましたが、
ノーヒットの試合があると落ち着かないです(苦笑)
残り少ないからこそ良い結果を出す場面を見続けて終わりたいですから
弱気なことを書いている場合でもありません(><)

そんなわけで書いてしまうとダメになりそうなので書くかどうか迷いましたが
山川選手はなんだかんだと今シーズン最後の月間MVPも狙えるところに来ています。
月間MVP自体が簡単ではない上に
2ヵ月連続となると記録にも記憶にも残りそうなので
シーズン半分の試合しか出ていない山川選手は
ほかの記録やタイトルを狙うのは基本的に不可能なので
その代わりにこれを成し遂げてほしいです。

まだまだ残り試合もしっかりと活躍していかないと難しそうなので最後の踏ん張りに期待です。
最近は余計な力みも抜けて自身本来の持ち味を発揮しているような印象すらあります。
球種やコースに対して柔軟に対処し、対応や反応が良くなっているようには見えます。
まあ、調子なんてコロッと変わるのでいつまでも続くわけでもないでしょうが(苦笑)
ホームラン・21本は打数換算のホームラン率から見ると、
去年からそうですけれど、この辺は際立って凄いところです。
年間通して活躍すれば50本を狙える選手になりそうです。
(フルスタメンで打数が500以上あれば50本近く行けるホームラン率ですからねw)
ホームランを2ヵ月で量産しているので、色々な選手を抜かしてきました。
――が、上位の選手を抜かすには打数が少な過ぎますね(苦笑)

いつもの注意事項です。
個人の勝手な主観や感覚・理論・見解などで書いている面や
僕の好き嫌いで決めていることもあります。
加えて時間の節約のために、
見直しなど色々と不十分になっている点もあり、
情報などは思い込みや勘違いしている場合もあるため、
そのまま鵜呑みにすることがないようにお願いします。

==============================
==============================
2017年9月24日《日》[試合結果/西武8-5オリックス]

試合が無い日が続いたのに28日の試合後まで書くのをサボっていたため、
プロ初登板の中塚投手に関してだけ触れておきます。
2球で2アウトまで取ったものの、
その後は制球が定まらずにストライクが1球も取れずに3連続四球でした。
コントロールの良い投手っていうイメージはありませんが、
流石にここまで荒れるということはないでしょう。
1個目の四球を出すか出さないかくらいのタイミングで
余計な力みが入り始めた感じですかね。
ストライクを取りに行かなくてはいけないけれど、
しっかりとした球も投げないといけないとなると
色々な意味で精神的に苦しくなっていく感じですかね。

この辺は1軍の試合に投げて1軍という舞台の緊張感に慣れていくしかないでしょう。
初登板クラスの投手が自滅していくのは珍しくもありませんしね。
2アウトまで取ったからすんなりいくかと思いましたが(><)
まあ、図太い投手だと最初から自分のピッチングが出来て、
打たれるか抑えられるか自分の力を試せるところなんでしょうけれど、
今回はそれが出来ずに次回以降に持ち越しですな。

アウトは取っていますけれど、あれはおまけみたいなもので
結果的に抑えたというだけで、たまたまみたいなものですかね。
それでも3アウトまで取っていたら自信になったんでしょうけれど。

――本日の山川穂高選手について――
4打席[4打数2安打(本塁打1:打点2)]でした。

=《打撃内容詳細》=
[1打席目]右飛
6球目、フルカウントからアウトコースの変化球に対してなんとか合わせたものの、
バットの先端に当たって打ち上がり、平凡なライトフライになりました。
[2打席目]左本
4球目、インコース低めに喰い込んでくる緩め?の変化球を豪快に振り抜いて
あっという間にレフトスタンド中段に届かせました。
打ったのは1球目の変化球と似たようなコース・球種でしたね。
[3打席目]三ゴロ
7球目、真ん中やや低めの球をそこそこ捉えて良い当たりが三遊間を目掛けて転がったものの、
サード近くで上手く捌かれサードゴロでした。
[4打席目]左安
3球目、真ん中低めの変化球を上手くパットに乗せてショートの頭上を越えるヒットになりました。
セカンドランナーは素早く生還してタイムリーに。

==============================
2017年9月28日《木》[試合結果/西武5-8ソフトバンク]

ちなみに29日に書いているためそれなりに記憶が薄れています(><)

帰宅が早くなかったため、4回以降しかちゃんと見ていませんが、
録画はしているため全部見ようと思えば見れますけどね。
録画しているのは山川選手の打席を記録するためなので、
最初から見直すなんていう面倒な真似はしません(><)

暴投が多かったことに関しては全部見ていないのでなんとも言えませんが、
だいぶ手前で弾んでいることもありますが、
だいぶ高く弾んでいたりするため、ああなると捕手の技術どうこうよりも
止められるかどうかは運任せみたいな感じになっている印象です。
見ている暴投に関しては。見ていないほかのものは知りません。

ちなみにスライダー系が大きく左右横にズレて弾むと、
回転で更に横に逃げていくため、
こういうのも捕れるかどうかは博打みたいな形になってきます。
ストレートがバウンドすると確率高く捕れないのを見ています。

森捕手は普通の球をポロリする時をたまに見掛けますが、
怪我していた期間が長く、練習量が足りず感覚が鈍っているせいかと。
実戦や練習をこなしていけば次第に良くなっていくでしょうけどね。
今シーズンはもうあまりありませんが(苦笑)

今日のソフトバンク戦を見ると、
本来いるはずのメンバーがいないために打線の迫力は感じないんですけれど、
大量得点を取られるという結果になりました。
実のところヒットはそんなに打たれていないんですけれど、
1つの死球を含めて四球がやたらと多かったことによって大量点に繋がりました。
ここぞというタイミングで伏兵にホームランを打たれて一掃という場面もありましたしね。
今日に関しては投手の自滅というところですかね。

四球が多いと流れが悪くて打者も守備もリズムが崩れるパターンがありますが、
最悪リズムが悪くなってもそんなに点を取られなければまだ良いとは思います(><)
ただ、今回みたいに大量点となるとどうにもなりませんな(苦笑)


――本日の山川穂高選手について――
4打席[4打数2安打(本塁打1:打点2)]でした。

=《打撃内容詳細》=
[1打席目]左本
3球目、インコース低め、予定よりは若干、中に入ってきたようですけれど、
軽々とコンパクトに鋭く振り抜きましたね。
レフトスタンドに運ぶ見事な先制ツーランホームランでした。
[2打席目]一邪飛
5球目、甘い変化球だったと思いますが、打ち損じてしまいファーストファールフライでした。
タイミングにしても、バットの軌道にしても100%上手くいくわけではないため、
甘い球が来ても、こういう時もありますってことで。
[3打席目]遊ゴロ
3球目、落ちる系の甘い変化球に対してボールの上っ面を叩いてショートゴロになりました。
球種が良くわかりませんが球速からすると2打席目で打ち損じた球と同じですかね。
[4打席目]右安
2球目、投げミスでインコースにいってしまった落ちる系なのか良く分からない球を
詰まりながらライト前に落としてヒットになりました。
こういうヒットも大きいですな。
良い当たりが正面ついてアウトということもあるので、
こういうヒットの稼ぎ方もしていかないと(笑)
ちゃんと振り抜いてパワーで内野手の頭を越しているからこそのヒットなので、
ただのラッキーヒットではない面もありますが、
当たり損ないなのは確かですから(><)
かなり詰まっていて反対方向に飛ばした割には
ライトに捕られてしまってもおかしくないところまで飛ばしました。
この辺は持ち前のパワーだからこそでしょうが、
それがあるから基本的にある程度は長打警戒になっているだろうこともあって
ああいう打球は捕れないんですけどね。

この後の森選手のタイムリーにも繋がったので余計に良いヒットになりました。

※山川穂高選手:2017年公式戦記録(9月28日現在)
[打率/.296][打席/272][打数/223][安打/66][本塁打/21][打点/57][四死球/49]
[二塁打/17][出塁率/.423][塁打数/146][長打率/.655]

==============================
==============================

今日の先発は多和田投手です。
多和田投手はまだ安定感はないものの、
ポテンシャルの高さはなかなかで
直球の威力、スライダーのキレはなかなかのもので、
そこにそれなりに良いフォークも持っています。
コントロールも悪くはないので、西武の柱の一人になれる投手です。
能力的には菊池投手に次ぐ投手なんですけれどね。
まだ安定感という部分では足りないところがあります。
不安感よりは期待感のほうが強い投手です。
まあ、まだ若いから成長の余地もあるからという面もありますが(苦笑)

日本ハムは有原投手です。
今年は開幕投手を任されたものの成績は振るわず、
1年間を通して先発をこなしてきたみたいですが、
西武戦には脆い印象もあるため、
来年のためにもその印象は残しておきたいですし、
今年の2位のためにも今日は勝たないといけないですからね。

クライマックスシリーズ(CS)のタイミングで
再び触れるかもしれませんが、
首位とこれだけゲーム差が開くと
ぶっちゃけ勝てるとは思いませんが(特にソフトバンクに)
万が一のことを考えると微妙な気持ちのほうが強いですし、
本来は優勝以外に興味はないんですけれど。

もう山川選手(の活躍)を見られるのなら何でもありかなと(><)
こんなルールがあるなら利用できるものは利用させてもらいます。
もっと世間的に注目を浴びる選手になって欲しいですからね。
1年間通して活躍してホームラン王でも取ってくれれば良いんですけれど、
出場試合数の少ない今年は無理なので(><)

それに1試合の重みが異なるCSの舞台に慣れておく必要はあるかなと。
出来ればソフトバンク戦まで経験しておくのは大事かなと。
これ以上、重い試合もありませんし、
来年以降の普通のソフトバンク戦に慣らすためにも(笑)
――それに投手は楽天戦だけで終わってしまうと
経験する選手数が限られてしまうため、
経験する選手を増やすためにも1試合でも多い方がいいですからね。
そういった意味でも勝ち上がってソフトバンク戦まではいきたいです。

最近CSに出場していませんし、
CSを経験していない選手も増えてきていますからね。
来年以降にもし優勝した場合に
CSで負けるということがあると困りますので、
こういう限りなく1試合が重い舞台に慣らしておきたいので。
来年以降、近いうちに優勝できるかは知りませんが(苦笑)

この記事へのコメント