もっと姉、ちゃんとしようよっ!+PLUS[PSVita版]プレイ前コメント

2014年5月29日発売。
姉属性恋愛アドベンチャー(ノベル)
PCより移殖。
恋愛アドベンチャー系の基本は
主人公の地の文(一人称)タイプの小説と同じことがほとんどです。
そういう小説にゲームらしくイラスト・音声・BGMなどの要素を付け加えたものだと思えば良いです。
選択肢などによって物語が分岐していく
[if]というのも特徴といえば特徴ですかね。
恋愛アドベンチャーの場合は基本的に
ヒロインごとのルートのことを指しますが。
(このゲーム自体は
実際にプレイしたわけでもありませんので
それは統計的に見た王道パターンの場合の話です。
三人称タイプの地の文やそもそも、地の文がないタイプは
例外であり稀にしかありませんので大丈夫だと思いますが)

記事はプレイ前にほとんど書き上げていましたので、
基本的にはプレイ前コメントになっています。

――恋愛アドベンチャーについて、
上記で挙げたもの以外の要素は、
選択肢などによって物語が分岐していく
[if]というのもギャルゲーの特徴といえば特徴ですかね。
それで恋愛アドベンチャーの場合の分岐は
基本的にヒロインごとのルートのことを指します。
(このゲーム自体は実際にプレイしたわけでもありませんので
それは統計的に見た王道パターンの場合の話です。
間違っている場合もありますのでご注意ください
ものによっては地の文そのものがない場合もあります)
ネタバレしない程度に言うと、
この物語は単純な定番とは異なりますけど、
似たような形式であるのも確かです。

読む前の注意ごと。
恒例の文章なので知っている方はすっ飛ばしてください。
後半などたまに変更しているところもありますが。
この記事は情報などを元に
プレイ前のこのゲームに対する僕の印象など色々ことを
好き勝手に語る場所になっています。
基本的には購入する予定のものしか書きません。
購入報告記事ならまだしも[プレイ前コメント]は
ほとんどギャルゲーしかやりませんがね。
(ギャルゲーに関わらず、特にヒロインに対して語るw)
真っ当で公平で正確な情報を得たいのなら
公式サイトやゲーム雑誌などを参考にしてください。
僕の場合は思い込みや勘違いなどで書いてしまうこともありますので。

僕の主観&個人的感想に興味があるならどうぞ。
別に面白くもなんともないですけどね(><)
纏めてもいない思い付くままに書き進めた文章です。

ブログに時間が掛けられないということもあって、
気が向いた時にだけ載せることにしています。
(ほかの趣味の時間に回すことが多いためw)
文章を短時間で書き上げているため
記事によっては誤字脱字等や雑になっている部分などあり、
見直しもしていないため、順番に書いていないこともあり、
書き忘れで途中で止まっている文章など
つまり未完成になっていることに気付かないなど
ミスが増えていると思いますのでご了承ください。


このゲームに関して語るのはあらすじ(物語紹介)の後にしますが
近況として(趣味に関してしか話しませんw)
モンハンの記事を書いている余裕もないため、
ここに記載しておきますが
[モンスターハンター4(3DS)]は
未だに地道にプレイし続けています。
それでプレイ時間は[580時間]を突破しました。
HRは[199]です(2014年5月22日時点)
いずれ写真等で紹介したいところなんですけどね。
自力(全ソロ)でHR100を突破して以降は
友人とプレイする機会も何度かありまして
ソロプレイから脱却したとはいうものの、
日にちにすれば数日のみなのでそれ以外は
ソロでプレイするしかなく地道にやっています(><)
[モンスターハンター4G]の発売までには
写真付きでまとめの記事でも書きたいところなんですけどね(苦笑)

プロ野球(西武ライオンズ)に関しても語りたいところですが
余裕はないため書きませんが
良くなる要素がないわけじゃないんですけど、
現状は低迷したままです・・・。

==============================
PSVita版ゲーム会社公式サイト[ネットレヴォ(NETREVO)]
http://www.netrevo.net/

PSVita版ゲーム公式サイト/もっと姉、ちゃんとしようよっ!+PLUS
http://www.netrevo.net/products/aneplus.html

==============================
--【物語紹介(公式サイトより)】--
八角橋商店街に居を構える一条家の末っ子、走馬。

単身北海道に渡り、自由気ままな学園生活を送っていたが、
故郷の姉からの電話により、状況が一変する。

父が倒れた。

急いで実家へ戻った走馬を待っていたのは、
暗い表情をした五人の姉と、ひどくやつれた父親。

このまま北海道で暮らし、姉たちに庇護されることのない
生活を満喫するつもりだった走馬だが、
父の最期を看取るため、故郷へ戻ることを決意する。

一条家にとって縁のある学園を進学先に選び、猛勉強。
見事合格を勝ち取り、走馬は三年ぶりに故郷である八角橋に戻ってきた。

これからは父のために姉たちと協力し、
家族一丸となってがんばっていこうと
一条家の門をくぐった走馬だったが――。

------------------------------

こちらのギャルゲーは姉(年上)属性を
これでもかと強く押した内容となっているようです(笑)
もちろん僕は妹系も好きですけれども
同じくらい姉系も好きなのでこれはありがたい作品です。
ギャルゲーだけに限らず
僕が見ているコミックやラノベにしても
登場数は確実に妹の方が多いように思いますし、
メインヒロイン級の重要な立ち位置にいる場合も
ダントツに妹のほうが多いように思うので
やっぱり世間(2次元界w)的には
姉妹という2択だったのなら妹に偏る傾向があるようです(笑)
僕の個人的な嗜好では妹がいる作品なら同時に姉も出して欲しい気分ですが
そうもいかないようなので、こうやって[姉]に関して
不満足な部分はこの作品で満たしておけということですな(><)
(もちろん、一応は僕にも好みはあるので
姉や妹ならなんでも良いっていうわけでもありませんがw)

ファミ通(だったかな?)の雑誌レビューでは
ボリュームは50時間ほどもあるようなので充分で、
ヒロインはPC版の攻略情報を頼りにすると
ヒロインは9人のようで
更に新ヒロインも一人追加してあるわけですから
かなり楽しめそうな感じです。
ちなみに18禁部分はきっちりと全年齢用に変化させているようです。
(実際にプレイして確認っていうところでしょうが・・・
PC版を知らない以上、差は分かりませんけどね><)

選択肢は少なくゲーム性は物足りない仕様になっているようですが
それぞれのヒロインのラブコメ系物語に
没頭したい僕にとっては良い仕様みたいです(笑)
(選択肢は分岐するための最小限で良いくらいなので
共通ルートのラブコメのノリも好きなので
だからといって最初から物語が分岐無くヒロインごとに個別に用意されているというのも
寂しいと思っているので分岐は欲しいという僕の気難しさw)

まあ、攻略に関してはPCから移殖した作品は
それなりにPC版の攻略に頼れるので
目的のヒロインのルートに行けずに困るという
そういう心配もほとんどないんですけど(苦笑)
今回みたいに新ヒロインがいると多少悩むこともありますが(><)

==============================
『絵柄について』
どれだけ僕が気に入っているかという主観評価を
下記に記載しているヒロイン評価と同様のランクで行います。
(多数の原画家が関わっていたりなど色々な理由があって
全体で統一性がない場合は気に入っている数人のヒロインのみの
平均値で評価しますので、本来の平均よりは高くなると思います)

*[個人的満足度(予想):90/100]*
*[キャラクター(容姿):S+]*
↑そのままヒロインの容姿・髪型や絵師の絵柄。
*[キャラクター(好み度):SS+]*
↑性格・喋り方などの要素を含めてどれだけ僕の好みがいるかどうか。
キャラクター数なども関係あり、好みのキャラが多いほど加点される。
キャラ数が4人や5人だったと物凄い好みばかりだったら最高点もありえる。
*[キャラクター(表現):S+]*
↑雰囲気・仕草・動作などの魅力度。
主にプレイ後にはなるものの立ち絵やイベントCGなどは重要(数も)
*[服装(デザイン):S+]*
↑雰囲気・仕草・動作などの魅力度。
*[服装(質感):SS]*
↑質感・明暗・皺・躍動感などの描き方で。
*[服装(表現):SS]*
↑仕草・動作に伴う衣服の動きなどの表現。


コメント:プレイしてみないと総合力は分からない点も多く
若干無難な評価になっているような気もしないではありませんが
バランス的に纏まっているという印象もありますのでこんな感じに評価しました。
具体的なことに触れられないのはプレイしてみないと分からないからです(苦笑)
紹介のイベントCGもバストアップに偏っている気がしますし、
全身絵でも普通の私服じゃないパターンが多いので(><)
バストアップ系が多いのは全体の割合的に珍しいわけでもないんでしょうが。

以下は採点についてのコメントです。
[キャラクター(好み度)]の採点は最高点にしてあります。
その内、[SSS]が登場するかもしれませんが(><)
キャラクター数が多く僕好みも多いので加点が多いためそうしました。
[服装(デザイン)]が低めなのは物凄い好みの衣装が限られている上に
立ち絵系の衣装が全部載っているわけでもなさそうなので採点は控えめにしました。
(制服姿の全身絵もないみたいで全身絵の衣装が偏っている人もいたのでw)
クリアしたら評価が大きく変わるような気もします(笑)
[キャラクター(容姿)]が若干低めなのは
容姿は好みなのが揃っているとはいえ、
僕のツボをこれでもかというほど刺激した感じが無かったため
SS級にはせずS級に留めておきました。
好みのヒロインさえいるのならA級、もしくはB級でもない限りは
まったく問題ないとは思います(笑)
絵柄はより好みのほうがヒロインの萌え度を堪能するために必要なだけで
実際のところ僕の好みでA級と採点(評価)しても
それなりに好みのヒロインがいるだけで
ヒロインの魅力は堪能できると思います(><)

(ちなみにプレイ前だと参考にするものが少なく、きちんと評価できていませんがw
それとPS3やPSPで画質の違いによって、印象が変化する場合もありそうです
PS3の大画面だと評価がプラスになったりと、目で見ているものである以上は
純粋な絵柄などだけで評価するのは難しいかもしれません><)

==============================
このブログの主題、ヒロインの魅力についての欄です。
評価:悪い⇒G~A.S・SS⇒良いで(±)で補正。
もちろん、僕の嗜好によって査定しています。

(とある時期から評価査定に「SS」追加しています。
以前は「S」ランクまでしかありませんでしたが、
それに伴い評価方法を見直しました。
詳細はヒロイン紹介後に記載しています)

これらは僕にとって独断と偏見(?)による採点(趣味嗜好)ですので
ほかの方の採点とは懸け離れている場合があるかもしれません(笑)
基本的に大半の評価が僕自身における萌える萌えないであり、
ヒロインとして萌えないけど、人としても好感が持てる、
賑わうのや、面白いから登場すること自体は好きという場合も多い。
ですから、評価が低いイコール嫌いというわけではありません。
(F・Gなどの評価の場合は別でしょうがw)

ヒロインの魅力を語る上で大事な衣装ですが
公式サイトの全身絵はヒロインによって微妙にコメントにし辛いのもあり、
今回は語らないでおきます。
新ヒロインの[和泉わかば]についても
メイド服姿であるならこの僕が語らないわけにもいきませんが
だからといって正統派のロングメイド服だけ語っても仕方ありませんし、
彼女の普段着はメイド服含めても、
和装と洋装どちらが多いのかも分かりませんし、
今から熱く語るのも気が早いので止めておきます(><)
メイド服姿は限定状況の可能性もありますし・・・。
メイド服はかなり僕好みのデザインやタイプようですが(笑)

==============================

ちなみに今回からヒロイン評価は100点採点も行うことにしました。
(これから載せるものは発売済みを含めて出来るだけこうします)
[SS±]は90点台(90~99)ということにしています。
[S±]は80~89点までとなっています。
それ以下は5点刻みです(Gはそれ以下全てです)
基本的に[S]&[SS]級の採点の幅を広げるためだったりします(苦笑)
[SSS]級を追加すると全体の採点が甘くなって
似たようなことの繰り返しになりそうなので(><)
一応、100点満点は±表記無しでSSSとします。

ヒロインの紹介は新ヒロインと
PC版で攻略対象となっていたヒロインにのみにします。
(PC版のヒロインは場合によっては変更となるため
情報が出るまで確定扱いには出来ません)

------------------------------
一条走馬〈--〉CV:--さん
/主人公評価:??


--[公式の紹介文]--
特に記載はありませんでした。
大まかな状況はあらすじ(物語紹介)に書いてある通りだと思います。
主人公の苗字は一条でいいのかな?
名前の読み方は[そうま]なんでしょうけど、
プレイ動画を見ていないため未確認です。

--[以下・独自(?)のコメント]--
楽しくヒロインの魅力が堪能できるかどうかは
主人公の性格次第の部分もあります。
世間的にではなくあくまで僕にとってヘタレと感じない(イラッとさせられない)
主人公であればいいんですけど、どうなるやら(苦笑)

まあ、ヘタレというものに大まかなイメージやルールはあったとしても、
人によってヘタレ(嫌)だと思う部分や要素はそれこそ人それぞれでしょうし、
細かく言うのならプレイヤーの数だけあるわけで
僕が問題ないと思ってもほかの人にとってどうかは知りません。
なので、いかに僕好みの主人公であるかどうかは
運次第な部分もあるような気はします。
もちろん、世間的にヘタレと認定する割合が多い
タイプ(性格)というのはあるでしょうけどね。

主人公が優柔不断や堕落していても
性格次第でそれでも良いという場合はあるので
言葉で説明するのは難しいものはあります。
悩んでネガティブ思考や八つ当たり系はダメですけど、
細かいこというとこれでは説明しきれないですからね~(><)

------------------------------
和泉わかば〈いずみ わかば〉CV:原由実さん
/予想ヒロイン評価:SS(95/100)

PSVita版の新ヒロイン。

--[公式の紹介文(コピペ)]--
走馬の親戚。
走馬の両親である桂馬と早苗を兄と姉のように慕っていた。

しかし、ふたりが駆け落ちしたため、その後16年間、
彼らとは連絡を取っていなかった。

ある理由により、走馬を探しに八角橋へやって来たが、
どこで暮らしているかはまったく知らず、
「着物を着た女性がさまよっている」という 目撃証言が相次ぐ。

厳格な和泉家で育ったため、俗世の情報に疎く、いわゆる箱入り娘。

--[以下・独自(?)のコメント]--
程よく清楚で控えめなお嬢様タイプのお姉さんという感じみたいです。
僕にとって物凄く好みの属性ってわけですが、
その中でどのくらい気に入るかはプレイしてみないと分かりません。
ただ、今の予想評価から落ちることはないと思っています(笑)
高レベルで競い、細かい点数の中で上下するだけになるでしょうな。
少しでも神ヒロインに近付くためには大事な部分です(><)

容姿は特別お姉さんって雰囲気ではありませんが、
和服時に長めの髪をアップにしているのは大人っぽくもありますが
基本的には同級生から大学生という感じの清楚で可憐な人ヒロインです。
(メイド服時には髪は下ろしているようです)

声優さんは[原由実]さんとアイドルマスターで四条貴音役の方ですな。
アイドルマスターの声優さんって別名義含めると
ギャルゲーに出ている方もちらほらいるようですが。
こちらの声優さんは別名義はない模様。
ゲームで言うのなら[アクセルワールド]の続編で
ヒロインの一人を担当していた記憶はありますが
未開封のままになっているんですよね~。
(第一弾をクリアするまでと思っていたら
あっちのほうはストーリーだけ体験するわけにもいかないから
時間が掛かるためいつの間にやらストップして、
こちらのほうも手付かずのままになってしまいました><)

ちなみに触れる機会もないため、ここで言っておきますが
[アイドルマスターワンフォーオール(PS3)]
5月15日に発売しましたが、それを購入しまして、
現在プレイ中で既に30時間以上プレイしています。
貴音をメインにしつつも、今回のシステムなら一人に縛られる必要もないため
マイペースにほかのアイドルも好みの順に満遍なくやっています。
アイドルマスター系は購入したのは初ではありませんが(初はXBOX360だったかな)
プレイしたのは初で以前までのシステムは知りませんが
今回のものは僕好みの感じで
プロデュース期限は無期限であるため、
自分のペースでまったりとプレイしています。
13人同時にプロデュースできるのも良い感じで
どことなくアニメ的なみんなで一緒という一体感があります。
イベントもアイドル個々だけでなく複数同時というのもありますし、
(アイドルランクが上がるメインストーリー?は個々みたいですが)
みんなでやっている感じが強まっている印象です。
無期限で全員ということもあって
ほかのアイドルのために関係性を全てリセットして
最初からやり直すのも必要なく、
全てを元に戻してというのは面倒であるとともに
関係性をゼロにする寂しい感覚は味わうこともないのでほんとに良いです(><)
(ギャルゲーだったら別ヒロインのために戻るのは仕方ありませんがw
こういうタイプのゲームならこういうやり方も合っている気はします)
今までのは知りませんが、個人的には嵌まるシステムになっています(笑)

各ステージでのスコアの出し方も単純でありながら
スキルの組み合わせや成長のさせ方はかなり奥深く、
レベルが上がるのも単純で成長している感じがしますし、
(プレイヤースキルも高度なテクニックは必要なくとっつきやすく
スキルが増えていくごとに多少の慣れは必要とはなってきますが
その程度なので負担はほとんどありませんし、慣れていく過程も楽しめます)
対決もなかなかに盛り上がりますし、

アイドルマスターに関しては
購入報告でもう少し具体的に語りたいところですが、
ここでは無関係の話題なのでこの辺にしておきます(笑)

------------------------------
一条楓子〈いちじょう ふうこ〉CV:櫻井浩美さん
/予想ヒロイン評価:SS-(92/100)


--[公式の紹介文(コピペ)]--
一条家の長女で母親的存在。
家事のほぼすべてを担っている。

ある程度の物は購入せずに作ってしまい、裁縫や編み物の腕前は
かなりの物。

いつも笑顔で滅多なことでは怒らないが、妹たちが道理を外れる行いを
したときは手を上げることも辞さない。

その反面、大好物の甘い物には目が無く、ついつい食べ過ぎたり、
飲めないお酒を飲んでひどく酔っぱらうなど、弱点も多い。

--[以下・独自(?)のコメント]--

おっとり系やマイペースか分かりませんが
穏やかで優しい甘えてもいい系の包容力の高そうなお姉さん系です。
ただ甘い・優しいだけでなく必要な時にはきちんと怒ることも出来るようです。
こういうタイプのお姉さん系では物凄く好みのタイプなので
予想評価は限りなく[SS]に近い[SS-]としておきました。
ちなみに点数は[94]から[SS]になります(><)

髪型は大人の雰囲気を漂わせたポニーテールで
前髪は片側に寄せているようなタイプです。
服装によって(?)は長い髪は下ろしているようです。

身体つきは大人の色っぽさの漂う感じですが
服装はおっとり系や穏やか系に相応しい
淑やかか清廉な感じなので上品な色香に仕上がってる印象ですかね。
(↑公式サイトで全身立ち絵の服装は)
性格も妖艶なタイプってわけでもないみたいですし。
ある程度は服装によって変わると思いますが、

僕にとっては理想のお姉さんヒロインって感じかな~。

声優は櫻井浩美さんで好きな声優さんですが
こういうタイプに限らずあまりお姉さんヒロインを演じた印象はありませんので
なんとなく想像し辛い感じで逆に楽しみですかね(笑)
声優さんに触れると記事の書く時間が掛かるから
最近は出来るだけスルーしているような気もしますが
連続で声優さんのコメントを書いてしまいました(><)
まあ、ここでは話も逸れていませんし、少ししか書いていませんがね(苦笑)

------------------------------
一条灯華〈いちじょう とうか〉CV:田中涼子さん
/予想ヒロイン評価:S(85/100)


--[公式の紹介文(コピペ)]--
一条家次女で、学園の教師。

家ではつねにダラけており、下着同然の姿でうろうろ。
走馬に対し、父親といっしょに悪戯したり、
わがままを言って駄々をこねたりと困らせてる。

しかし、学園の灯華は家の中とはまったく逆。
真面目な姿勢から生徒に厚く信頼されている。

ときおり、学園の中だけでなく、妹たちはもちろん、
長女の楓子にも説教をしたりと、しっかりとした一面を覗かせることも。

--[以下・独自(?)のコメント]--
容姿は美人系お姉さんでしっかりものの先生という雰囲気ですが(職業先生なので)
自宅ではかなりだらけているようです(笑)

髪の長さ的にはボブとかミディアムボム系なんですけど、
シルエットは丸みを帯びた髪型で
マッシュボムっぽいような気もしますし、
シャギーカットのようにも思えます。

どうも僕はメガネ系ヒロインは
見ていて萌えられない傾向があるため(例外は除いて)
多少は予想評価を下げてありますが、
それでもなんとかS評価を維持しています。
普通ならAorBランクやそれ以下でもおかしくないところなんですけど、
メガネ属性なのに萌えられる例外タイプってことでしょうね。
例外になるかどうか、萌えるか萌えないかは
絵柄とかメガネのデザインとか容姿とか色々な要素が
絡み合った結果なんでしょうけど、
自分でも説明できないため例外が発生する要因は不明です(笑)

仕事姿(?)のスーツはエロス溢れるようなものではなく
ビシッとした普通のスーツなんでしょうけど、
上半身のラインやらウエストからヒップのラインを浮き彫りにするよな
タイトスカートが妙に色っぽく、スカートに出ている皺なども艶かしく演出し、
ぴんと張ったタイトスカートの裾から伸びる黒のパンストに包まれた脚は
更に色香を助長させているように感じます(><)
男の気を惹くような露骨なスーツ(夜の仕事みたいな)ではなく
こういう規律正しい衣服(スーツ)のほうが
良い色っぽさを引き出せる気はします。
露骨だと逆にエロティックじゃないみたいな感じにもなるので。
もちろん、好みの問題であり、単に僕がこういう理由で
これが良いというだけですがね(><)
――私服姿はよく分からんのでコメントできません(笑)

こちらの声優さんも好きな方で
特におっとり系キャラや清楚系キャラが好みだったりしますが、
(↑この方のその手の声に癒されるのでw)
ただ、好みから大きく外れていないヒロインなら良いかなっていう声優さんです。
予想評価等が悪くないのならなんでもいいってことです(><)

------------------------------
一条境〈いちじょう きょう〉CV:氷青さん
/予想ヒロイン評価:A(77/100)


--[公式の紹介文(コピペ)]--
一条家の三女、大学三年生。

冷静沈着で口数が少なく、近寄りがたい雰囲気を持つ。
家でも走馬と生活リズムが合わず、顔を合わせる機会も少ない。

しかし実は、しっかりした話しぶりや面倒見の良さを持ち、
大学では教育学部所属。
講義の一環で、学園の体育教師補佐として通っている。
かなりの恥ずかしがり屋だったり、怪談が苦手など、
その外観からは想像出来ない弱点がある。

--[以下・独自(?)のコメント]--
髪型はショートボブかボブ系の大人なボーイッシュ系美人ですが
紹介立ち絵がジャージ姿なので元々どういう魅力を持つヒロインか
イメージしづらいこともあって余計に分からなくなっています。
単純に体育会系なのか、姉御肌系なのか、
そういうのとはまったく違うのか
いやはやほんとにイメージが確定し辛いヒロインです。
――公式サイトにプレイ動画もありますが、
ここはあえて見ないという方針で(><)

横顔気味の部分は凄く萌える容貌をしているんですけど、
そんな限定的なことを言っている場合でもなく・・・。

声優さんについてはヒロインの予測が付かないため語らないことにします。
今回、調べるまでもなく知っている声優さんが担当しているため
コメントはし易いところなんですけど。

------------------------------
一条鈴音〈いちじょう すずね〉CV:平井理子さん/
予想ヒロイン評価:S(86/100)


--[公式の紹介文(コピペ)]--
一条家四女。元気いっぱいのパワフルガール。
なのだが、意外と病弱で学校を休むことが多い。

サービス精神旺盛で、ウケると思ったらとりあえずやってみる。
その貪欲な姿勢から、男子に「せっかくカワイイのに
いろいろ残念」と言われている。
そのくせ、否定的な意見を受けたり、失敗を責められると
すぐにヘコむというややこしい性格。
おバカキャラと思いきや、勉強と家事をそこそここなす。

年頃の女子らしく、大好きな炭水化物を制限したり、
夜にジョギングをするなど、体型維持に余念がない。

--[以下・独自(?)のコメント]--
髪型はツインテールの亜種とでもいうべき(勝手に言っているだけ)
ツーサイドアップ系のようです。
(両サイドの一部しか束ねないため、
普通に垂らしているとただのロングの髪と見分けが付き難いこともある髪型)
ただのツインテールは可愛さを前面に押し出していく印象ですが
ツーサイドアップは大人っぽさも出せたり、
ふんわりとした可愛さも出せたりと
普通のツインテールとは魅力が大きく違う髪型です。

元気いっぱいの女の子っていうことですが
普通の女子らしい女子って感じですかね。
こういうタイプは紹介絵の仕草は別にして、
なんとなく勝気系や気丈系をイメージしてしまいます。
もしくはツンデレ系・・・なんとなくの見た目で固定概念に囚われ過ぎか?(笑)
それに説明を読むとなんとなく分かりに難くなってくるというか、
イメージしづらくなってくるような気もします。
プレイ動画見ろってことか?(実際にプレイするまで見ませんがw)

声優さんに関しては流石に調べないとどの聞いたか分かりませんでしたが
こういう作品に出ていた方かとなんとなく声のイメージは掴めました。

------------------------------
一条澪緒〈いちじょう みお〉CV:又吉愛さん/
予想ヒロイン評価:S+(89/100)


--[公式の紹介文(コピペ)]--
一条家五女、かなりの甘えん坊で走馬にべったり。
はたから見るとまるで兄と妹だが、澪緒のほうが数ヶ月早く生まれて
いるため、自分がお姉ちゃんであるとたびたび主張する。

つねにぬいぐるみを抱いており、そのせいでちょっとだけ
周囲に距離を置かれてしまう。

頭の回転がかなり遅く、言いたいことをなかなか言葉に
出来ないことも、とっつきにくさに拍車をかけている。
しかし実際は話すことが好きで、感情の起伏も激しく、表情豊か。
直感で生きている節があり、非常に勘が良い。
そのため、家族の微妙な変化にいち早く気づく。

--[以下・独自(?)のコメント]--
見た目も身長も完全に年の離れた小学生の妹とという感じの数ヶ月年上の姉ヒロイン。
性格も妹っぽいというか、それ以上に保護欲を刺激される少女ですな(笑)
可憐で愛らしい小動物系妹属性という感じですかね、見た目や大まかな性格は。

髪型は基本形(短くも長くもない)のボブカット。
(極端に水平に切り揃えられていないから
おかっぱとは言わないと思いますが)

なんか儚げな年下少女というのはとても好みなので(一応姉だがw)
予想評価は[SS-]に近い[S+]としておきましたが、
もう少し評価を上げてもいいかなと思いつつも
今から悩むよりもプレイしてから決めようと思います。

声優さんの名前には覚えがあるものの
どの作品かと言われると何も出てこない(苦笑)
調べたら分かりましたが。

------------------------------
クローディア・ギグス CV:鳴海エリカさん/
予想ヒロイン評価:SS(93/100)


--[公式の紹介文(コピペ)]--
イギリス人の二年生。
両親が日本に強い憧れを抱いた影響で、幼い頃、日本に引っ越してきた。
自治会に所属しており、会長である流動の補佐役を担っている。
また、女子生徒のための組織『自治会花組』を設立、その代表も務めている。

両親の育成方針にり、つねに丁寧な言葉使いで、物腰も非常に柔らかい。
その様子から、一部の女子生徒から熱烈な人気を博し、男子生徒からも
理想的な女性と憧れられている。

しかし、そんな彼女にも致命的な弱点があるようだが……。

--[以下・独自(?)のコメント]--
真っ直ぐな長い髪で姫カット系は
完全に水平に切り揃ええた感ではなく
姫カット風なところがバランスが良く
楚々としていて性格にも合っていて凄く魅力的です。

清楚で淑やかなお嬢様の王道という感じですな。
まさに僕好みのヒロインで現状の予想評価は
和泉わかばが得点で上になっていますが
逆転する可能性を秘めているヒロインです。

しかし、紹介の立ち絵(全身版)がなぜか体操着姿(ブルマ)という特殊な選別。
制服や私服などほかにあると思うんですけど、プレイしてみて確認ってことで。

ちなみにほかのヒロインと異なり
姉というよりは上級生という年上系ヒロインです。

------------------------------
明日原ミサ〈あすはら みさ〉CV:瑞沢渓さん/
予想ヒロイン評価:A+(79/100)


--[公式の紹介文(コピペ)]--
一条家の隣に住む明日原家の長女。
日本人の父とフランス人の母を持つ。
女王様気質で、走馬や弟の千鳥には「お姉様」と呼ばせている。

大手不動産開発会社に勤務しており、仕事が忙しいのか
あまり家にいない。

学生の走馬とは普段接点が少ないが、趣味の庭いじりや出かける際など、
ことあるごとに連れ回す。

楓子とは幼い頃からの付き合いなのに、いつも喧嘩ばかり。
でもときには、いっしょに食事をしたり、お酒を飲んだりと、不思議な関係。

--[以下・独自(?)のコメント]--
美人で妖艶なやり手のキャリアウーマン風で、
しかも、長い銀髪はゆったりとウェーブしていて優雅で高貴。
性格は人を振り回すタイプなのかな~。
女王様気質とは書いてあるんですけど。

色々な要素が混ざるとイメージがぼやけて分からなくなるため、
予想評価は無難に低めにしてあります(><)
というか、なんで公式サイトの全身絵が庭弄り時の服装なんだろう(汗)
こういうピックアップする衣服が偏っているのは
このヒロインに限らないわけですが(苦笑)
公式サイトに載っているプレイ動画でもみれば
もう少し分かるんでしょうけど、
どうせ買うって決めているものなら
実際にプレイするまで楽しみに取っておきます。

声優さんの別名義には馴染みがあるんですけど、
こちらの名義はちゃんと覚えていなかったため
調べないと分かりませんでした(笑)
ちなみに別名義は公式発表ではないため
(↑細かく調べたことはありませんが)
目立っては扱われないというか個人ブログでしか
扱われないようなネタです。
公式サイトだけでなく真っ当な情報サイト、
wikiみたいなところも触れないと思います。
そうなると当然ながらゲーム雑誌等でも
触れられることはないようなことなので、
こういうネタは状況に応じて使い分けましょう。
……って、何の話をしているのやら(苦笑)

------------------------------
明日原アルル〈あすはら あるる〉CV:小林眞紀さん/
予想ヒロイン評価:S(83/100)


--[公式の紹介文(コピペ)]--
サの妹。
クララとは双子でいつもいっしょ。
姉妹の区別は付けず、互いに対等な立場で接している。

おっとりしたクララとは反対に、かなりとげとげしい性格。
機嫌を損ねるとすぐに毒を吐く。

気も短く、怒る度に蹴りが飛んでくるため、
走馬にとっては恐怖の対象になっている。

その気むずかしい性格のため、周囲に馴染めず、友達が少ない。

--[以下・独自(?)のコメント]--
外見は小柄で西洋のお人形のような綺麗な容貌ですが
表情はそんな要素を吹き飛ばすような強気な表情です(笑)
澪緒ほどではないにしても小柄であり、
年齢が分からないものの主人公より年下ということはないと思うため、
こちらのヒロインも見た目が年下系の少女です。

ヘアバンドで前髪も含めて後ろに回して
後ろ髪や横髪と一緒にしている
額が丸出しのオールバックみたいですが
オールバックはポニーテールみたいな髪型に多いような気もしますが、
ロングのウェーブとセットになっています。
運動用にポニーテールにしたバージョンもあるようですが。

短気や暴力的みたいなのも混じっているようなので
単純に毒舌少女属性と言える感じではありませんな(笑)
要素が複雑に絡み合っていて予測が難しく、
大まかにイメージできるタイプじゃないようです(><)
これもまた実際にゲームをプレイしてみてってこどてすかね(苦笑)

ちなみに双子であるアルルもクララも声優さんは同じため
似たような容貌を持つ、まったく属性の異なる少女を
両方演じるわけで2つの魅力を同じ声優さんで堪能できます。

------------------------------
明日原クララ〈あすはら くらら〉CV:小林眞紀さん/
予想ヒロイン評価:S+(88/100)


--[公式の紹介文(コピペ)]--
ミサの妹。
クララとは双子でいつもいっしょ。
姉妹の区別は付けず、互いに対等な立場で接している。

気性の荒いアルルとは反対に、おっとりでいつも笑顔。
人なつっこく、相手と近い距離で会話しようとするため、
ボディタッチが多い。

社交的なので、男女ともに友人は多いが、友達付き合いよりも
アルルといっしょにいる方が多い。

--[以下・独自(?)のコメント]--
西洋のお人形さんみたいな可憐な容貌の女の子。
オールバックにして前髪も長い後ろ髪とセットにしている髪型です。
クララもアルルと同様にウェーブしています。
う~ん、前髪・鬢・後ろ髪とバックからフロントまで長さを揃えた
前髪のない髪型をワンレングスと言いますが、
こういうのもそれに含まれるんでしょうかね?(><)

アルルと異なり、クララは前髪の一部が前面に垂らしてあることと、
表情や目付きが優しげで穏やかなのが特徴で、
同じような容貌でもアルルとは異なる魅力を持つヒロインです。
運動用の場合はアルルのポニーテールに対して
クララはツインテールに纏めているようです。
だからなぜ体操着姿みたいに特殊なものが
全身絵でピックアップされているのやら。
う~む、この選別には誰かの趣味が反映されているんでしょうか(笑)

クララも容姿含めてかなり僕好みの部類だと思うので
そこそこの評価にはしてありますが、
期待を込めないようにしてあるため、
様子見で評価は控えめになっていると思います。

……しかしまあ、ヒロインが多くて
ここまで書くのに疲れましたよ(苦笑)
久し振りの記事でこのヒロイン数は途中で挫けそうでした。
ゲームをプレイする上ではありがたいことなんですけどね(笑)
この記事はいつものように何日にも渡って少しずつ書いているわけですが
ミサを書いている辺りからゲーム発売日、
つまり会社帰りにゲームソフトを買ってきて
西武戦(対阪神戦)を観戦した後に書いているため、
実際のところサッサとゲームをプレイしたいところなんですけどね。
試合時間もそこそこ長めだったので(勝ったので良かったんですけど)
これを書き終わるまでは我慢ということで書いています(苦笑)
これくらいは書き終えていないと
ズルズルと記事のアップが先延ばしになりそうなので(汗)

==============================

一応、キャラの部分まではプレイ前に済ませています。
載せる準備と軽いチェック&加筆が残っていたので
記事は載せられませんでしたが(笑)
プレイしたから色々と修正したい面はあるものの、
プレイ前のコメントを維持するため修正は我慢です(><)
付け加えちゃうとプレイ前コメントじゃなくなるような気がして(笑)

ソフマップで予約していたのって通常版でした。
予約したのは結構前だったので覚えていないというか、
最近、予約券を確認して知ったというか(笑)
ソフマップで普通に限定版が売っていたので
買おうかとも思いましたが、節約ってことで止めました(苦笑)
金額差はそんなにないので大した節約にはなりませんがね。
それにほかのところですぐに無駄遣いしますし、
だからこそ気が向いた時に節約しろってことですかね。

現在の攻略ヒロインと攻略順は
[一条鈴音]⇒[明日原クララ&アルル]⇒
[クローディア・ギグス]⇒[一条楓子]です。
――それで[和泉わかば]ルートは[楓子]を
攻略した時点で解放されたため、
一条家[2人]以上などの可能性もありますが、
単純に[楓子]の攻略が必須という感じですかね。
確認していないので確定的なことは何も言えませんが(><)
(今の段階の僕と同じヒロインを全員クリアすれば確実に出ると言えますがw)
現在は[わかば]の攻略(ルート)を開始したところです。
ちなみに[クローディア]は予想評価より好みという感じですかな♪

ヒロインはだいたい私服(春服・夏服)が2パターンあり、
制服姿などもあるわけで立ち絵衣装はそこそこある感じで
私服姿等はヒロインの魅力は結構楽しめるような気もします。
公式サイトに載っている全身絵の衣服は偏りがありましたが。
良く分からない心配は杞憂に終わりました(苦笑)
・・・これ以上プレイ中の話は止めておこう(><)

この記事へのコメント