神様と運命革命のパラドクス(PS3)購入報告(店舗別特典付き)後編

無駄に長くなって後編です。
この後編はクリア後の簡易感想と
いつもの店舗別特典の絵柄コメントです。

アマゾンのコードを貼り付けなくても
文字数オーバーしていたため分けました(笑)
そうでなかったのならアマゾンのコードを削って終わりにするところなんですが。
(個人的に超推している作品なら別ですがw)

------------------------------
--【クリア後の感想&画像】--

ゲームクリア後の感想――っていうほど大したものは書きませんが。
軽くでもネタバレはあるので注意です。
ストーリーは最初のノリや流れからすると
コメディ寄りかと思いきや意外に軽くないです(笑)
序盤はそうでもないんですけど、
プレイヤーにはネタバレで
すぐに個人個人が抱えているものが分かってくるので、
OP主題歌やOPアニメのシリアスな雰囲気は
物語を表している部分があるのかもしれませんな(><)

主人公は前向きな部類ですが
何も知らずに背負わされたものは結構重いものばかりで
色んな人の色んな想いを勝手に背負わされている上に
変更不可のレールに乗せられて一直線という・・・。
主人公自身はほどほど早い段階で
覚悟や決意を持って真っ直ぐ進んだとはいえ、
最後の最後まで翻弄されていたという気がします。
そのレールの上で最後まで真っ直ぐに奮闘したのが主人公という感じでした。
そんな主人公でもところどころなんかあったりした部分はあったような気はしますが。
主人公が強引にレールの上から外れるとか、
予想を大幅に覆して超高速で走り抜けるとかそういうこともありませんでしたし、
最初はそういった感じもありましたが、
それも結局はシステム内の手の平の中でしかありませんでしたからね。
最後は気持ちよくハッピーエンドで良いんですけどね(苦笑)
その掌でという部分は僕の物語の趣味嗜好ではなんとなく釈然としませんでしたね。
これは良し悪しというよりは完全に私的趣味の問題ですけどね。
(誰かの思惑に踊らされるというのは
あまり好きではないってこともあります。
僕自身が気付かなければ「やられた、そういうことか?」と
思えることもあるでしょうけれども、
正確には分からないとしても
ある程度予測できてしまうだけに
踊らされている主人公を見ているのがもどかしいというか。
主人公自身が踊らされていることに気付いていて
場合によっては踊らされている内容もだいたい把握していて
それに抗うか乗っかっているのなら思惑通りに進んでも構いませんがね。
コメディっぽい感じでも良いですけどw
踊らされている場合に気付くのは大抵、最後のほうか、
最後まで気付かない場合も少なくないでしょうな。
最後も気付かない場合は思惑は続いていることも少なくないですがね)

主人公が相手の思惑を知らない場合は
まったく予想外のほうに進んでいくか、
相手の思惑を遥かに上回る結果を出すか、
僕が満足できるとしたらこういう内容でしょうね。)

とにかく、最後の最後まで運命革命回路というシステムの手の平の中だったように感じました。
続編でもあって手の平を飛び出してくれるといいかもとは個人的には思うものの、
ハッピーエンドを迎えている彼らを引っ張り出すのもなんだかなという気はしますが(苦笑)
続編があっても別の主人公になりそうですが。
・・・ん~、消化していない要素とかあったかなと・・・どうだろ?

最後のボスは結構あっさり倒しているような気がしますし、
結末もあっさりとしている感がします。
その辺では物足りないような気もしますし、
色々としっくりとしない部分はあります。

ボスとの決着について劇中で言っていることを聞いて、
これはそれを聞いた上での個人的な想像によるもので言うと、
強さの差はあれ、この世界観では無数の世界の1つであり、
どこでも起こっている出来事の1つでしかないのかもしれませんが、
そう聞くとボスも最強とは言われているものの、
数多の無限の世界の中では最強の1人に過ぎないのかもと思ってみたり。
ほかの最強を探したって無数の中から見つけるのは
抽選で神様に当たる確率より低いのかもしれないとか(笑)
天使や悪魔という狭い枠組みとはいえ、
そもそも天使や悪魔自体が全種族の中でもトップクラスなのかもしれませんが。
(同社のほかのゲームとの世界観的繋がりはあるんでしょうかね。
いやまあ、そういうキャラが1人出ているわけですがw
正式な本編に出ているって感じじゃありませんしね)

以下はクリア直後の画像です(2週目開始時点)
載せるのはプレイの記録データとクリア時のステータスだけですけどね。
クリア直後(2週目開始時点)のステータス&装備武具です。
(武具は1種類程度ではまったく持ち無いため
それぞれの装備箇所に複数必要ですがねw)
画質は高めで撮っているため、
拡大できれば細かいところも画像で確認できると思いますが。

画像

画像

画像

画像

画像


このステータスがあるとラストシナリオのダンジョンも
階ごとにいる中ボスに余程油断さえしなければ楽にクリアできるステータスです。
ただ、武具のバースト率によってステータスも変わってくるので
目安くらいに考えていたほうが良いかもしれませんが。
(↑バースト率とかゲームを知らないと意味が分からないでしょうが><)
ボス戦も慣れた人や戦術に長けている人がやれば楽にクリアできるんでしょうけど、
基本的にごり押しの僕では苦労しました(><)
この時点だとシナリオの敵の強さをいじれるようになっていますが
弱くできるわけではないようなので。
・・・クリアしたシナリオのステージで
金稼ぎのために強くしたこともあります。
(クリアしていないステージも脱出後は最初からやり直しですが
見ているイベントはスキップされます)
僕はRPG得意じゃない癖に無駄な意地で弱くはしないでしょうけどね。
ただアクション系(RPG)だと折れるでしょうけどね(笑)

――本編シナリオ以外である練武初級は2度ほどいって
1回目は20数階、2回目は40階までクリアして
一気に強化できたので楽になったかなとは思います。
1回目は20階越えたあたりの中ボスのような敵に出会って
一撃死し掛けたのが心臓に悪かったですがね。
危うく大事な武具をロストするところでした。
(練武初級は10階ごとにあるキャラバンで武具の強化ができますが
階数の多さに比例して強化ボーナスが付くので一気に強化できます。
こんなこと攻略サイトでもみればもっと詳しく知れますがw
このダンジョンお金は稼ぎづらいので強化したいのなら
ある程度資金は豊富に持っていったほうがいいかもしれません。
・・・失敗して死んだのなら持ち込んだ資金はロストしますがね><
一気に強化できる代わりに武具のランクごとの強化限界値に達するのも早く、
長く使いたいのならある程度成長したら
普通にゆったりと1段階ずつ強化するのもいいかもしれません。
強化限界に達するとバーストしたままになり、
例外を除いて再強化できなくなるようなので。
――40階まで到達しましたが雑魚敵はラストクエストより強いような気がします
余裕が無かったため記憶が薄い気もしますし、
強く感じたのは武具がバーストしまくっていたことも影響があるかもしれないので
なんとも言えない部分はありますが)
ラストクエスト(回路10)も最終ボス以外には苦労しませんでしたからね。
最終ボス戦で1度目は逃げ帰ってきましたが(><)
武具がバーストしまくっていて能力が低下し過ぎていて厳しかったので(笑)
ろくな武具が残っていなかったという・・・。
召喚できる武具はろくなものが無かったですし・・・。
今度は大丈夫かと思いきや、2度目のボス戦も結局は
回復アイテムが尽きるなどそこそこ苦労したんですが(苦笑)
(武具&SPの特殊能力で1回回復できる余裕は残っていましたが)
バーストしてしまうと再強化しない限り、使い物にならなくなる武具ですが、
武具はバースト率が上がっていたほうが性能が強くなっていくわけで
その加減を間違えて新品を使い過ぎましたね。
ボス戦時の雑魚を倒せばいいかなと思いましたが
武具を変更するタイミングを間違えました。

2週目は特殊ダンジョン以外は
シナリオ通りに再び最初の回路1から始まるわけですが
今の時点では金稼ぎは通常のシナリオのほうが稼げるようなので
全部選べるほうが良かったんですけど甘くはなかった・・・。
敵の強さは変更できるので強くすれば落とす金額も上がるかな~。
(練武中級は出現しましたが下級同様に金稼ぎには向いていないことは確認済み)

やりこみタイプのゲームですから
やり込みもある程度はしたいですので
もうちょっとやりたいと思っていますが
RPG系をこんなに短期間でクリアしただけでも
僕にしては奇跡的だというのに
やりこむことができるのかというのは
そこそこ疑問の余地もありますが
もうちょっと頑張ってみようかなと(笑)

そもそも「南ことり(CV:内田彩さん)」が担当している
キャラ[アサギ]が登場していないので。
特殊キャラなので本編に登場するとは思っていませんでしたので
2週目になるというのは覚悟していましたが
それを登場させるめまではやらなくては(><)
攻略本が発売したら購入する予定です。

------------------------------
------------------------------
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
--●【店舗別特典の絵柄について】●--
恒例であるイラストについてのコメントです。
描き下ろしのみ触れていきます。
(↑店舗別特典のために描かれたものということ)
絵柄を見たいのなら公式サイトを見てください。

僕自身の嗜好は散々語っていることですが(それでも言いますw)
――以下は毎回、細々と変更しているところはあるものの
基本的に定型文みたいなものです(><)
一度でも見たことがある方はすっ飛ばしたほうがいいかと。
読んだことがなくても絵柄のコメントまでスルーしても構いませんが(笑)
変更している箇所だけを見付けて素早く読むという手も(なんじゃそりゃw)
単なる変更(間違い)探しにしかならないでしょうが、
変更する確率のほうが少ないわけですし、
ソフトごとに変えなきゃいけない部分は直していますが(苦笑)

僕の嗜好だと、比較的、私服や制服のような衣装を好みます。
(更に言うのなら巫女装束やメイド服、ドレスや和服など属性が濃いもの特に好む。
加えて言うならスカート丈が長いものに萌えます。
フレアやサーキュラー系優雅・流麗・上品・清楚・淑やかみたいなものを好みます)

()内を含めてもまだ物足りなく、語り始めたらキリがありませんが、
僕の萌えはそういうところにありますからね。
ですが、ギャルゲーの[店舗別特典の絵柄]って、どうにも水着系や下着系みたいな
健康的色気やHっぽい系に偏る傾向があるわけですが
これだと[萌え]というよりは[燃え]ですからね。
移植物のギャルゲーに多い傾向はあるようですが、
あくまで傾向であり、移植だけに限らない場合もあります。
(とりあえず、上記(燃え系w)のものでも僕が特に好むものはあります。
清楚な衣装が水にぬれて透けているとか、
露出の少ない衣服が肌蹴て際どくなっているとか、
そういう衣装系のHっぽいものなら悪くないw)
とにかく、上記で触れていたように
濃い属性でなくても私服でも良いわけですが
女の子(女性)らしさの強い衣装は好きであり、
特に清楚・落ち着いた・柔和・清楚・淑やか・上品・可憐・優雅などが
当て嵌まりそうな衣服や雰囲気を特に好みます。
(可愛いとかそういうのは好きだけれども、
強調するのなら上記の言葉になると思います。
ただ、パッと思い浮かばないだけで、ほかにも言葉はあるでしょうがw)

色気は当然嫌いじゃないけれども、そればかりというのも・・・。
それに僕としては衣装系のイラストが好きだし(><)
世間の趣味がどちらに偏っているかは知らんが。
この場合の普通は[衣装]を身に着けているという意味であり、
下着姿水着姿偏っていない萌えに走っているということです。
(「待て、ドレスは普通じゃないだろ」というツッコミはスルーの方向でw)
水着健康的色気下着エロであり燃えで、
[萌え]ではないと個人的(自分勝手w)に区分けしています。
(まあ、根本的にどちらの要素もある意味近しいものではあるんでしょうけどね~)

僕の嗜好上、好きになることの少ない水着姿でも
時にはツボに嵌まるものが来ることもあります(><)
例外はあるということです。
(嫌いと言っているわけじゃないし、例外というほどじゃないかも?w)
――去年、4月購入の「乙女はお姉さまに恋してる2」のタペストリーで
水着だけれども最高に気に入ったといった記憶があります。
まあ、このように自分のそんなに好んでいない系統で
物凄く気に入ることは稀ですが
そこそこ気に入ることは珍しくもありません。

ストーリー中のイベントCGと異なり
物語と脈絡のない絵が用意できるのは
この店舗別特典の絵柄くらいなんですがね。
水着姿は物語中でも入っているような気はしますが。
・・・だからこそ、物語と関係ないロングメイド服(1人関係あるが)や
巫女装束を着せるというのも[あり]だと思うんですけど、
くっ、いちいちテレカ(など)の絵に、
そんなものを着せようと考えるのは僕を含めて一部少数だけか(笑)
そこまで少なくなくても割合が低いのは確かでしょうな。

――ギャルゲーの[移植もの]の場合だと、
水着系下着系]のイラストが多いと
常日頃から書いている(ぼやいているw)わけで
水着系下着系など健康的色気にしろ、色気剥き出しにしろ
露出が多いパターンばかりだなと思っているわけですが、
・・・今回はコンシューマー(家庭用ゲーム機)オリジナルであり、
そもそもこれはギャルゲーではないということもあって、
ある意味、予定通りのものが揃ったような気がします。
言うまでもなく好みのものが揃っています。

とまあ、僕の趣味嗜好は上記のように偏っています。

◎【各特典の絵柄について】
◆「いまじん」ヒロイン/早乙女リリエル
購入したのはココです。
図書カード。

メイド服のデザインは自分が良いと感じれば
どういうものでも良いというスタイルですが
最初に書いたように(ブログのトップにも書いてあるように)
基本はスカートはロング(特にマキシ系のように長いもの)でフレア(サーキュラー)が
好みだという強い拘りが僕にはありますし、
全体的(全身)に淑やか・清楚なデザインが好みでありますが、
フレンチスタイルのミニ系のスタイルでも
それなりには好きですし、
絵柄などによってはかなり嵌まる可能性もあります(><)

フレンチ系のメイド服ですが
ヒロインは可憐で綺麗な雰囲気の少女に合う
とても可憐で可愛らしいメイド服で、
上品で楚々とした上半身のデザインは見事で、
胸元は肌の露出は無く控えめに慎ましいデザインで
華奢な腕は大胆に晒しているというバランスが良く、
加えて手首にあるカフスのみの装飾が気品があって最高です。
たっぷりのペチコート(アンダースカート)を効かせた
優雅に仕上がっていて素晴らしいです(笑)
(パニエで膨らませているという雰囲気ではありませんので↑のように描きましたが
勝手な感想であり、実際の細かい設定がどうなっているかは知りませんw)
――ここまでべた褒めですが、まだ続きます。
可憐で清楚で控えめな愛嬌で
スカートを持ち上げて挨拶するような仕草が物凄く好みです。
元々こういう仕草は僕が大好物としている萌え(仕草)の1つですからね。
なんでいいのかと聞かれればこの仕草が究極に萌えるとしか言えません(><)
僕の感性からくるものですから具体的に説明は難しいですな。
髪が鮮やかに広がっている光景も綺麗で魅力的です。

――この項目の最初にメイド服のデザインは
スカートが長くフレア系であるのならそれ以外は強い拘りはないと書きましたが
つまり、和装メイドだってなんだってOKなわけで
服のデザインに関してもある程度は許容範囲内です。
ただ、和装メイドまで行くと洋装メイドとは趣が異なるというか、
和装メイドという別の属性扱いにはなりますがw
自分の枠の中でロングスカート(フレア系)という拘りはありますが
それだけが拘りで別に正統派とか歴史に忠実という要素は特に求めていない派です。
大まかな拘りなら上半身のデザインにしても、
上半身のボディラインは出しつつも肌の露出が少ない
淑やかな楚々としたものが僕の好みには近いでしょうけどね。

「シャイニング・ハーツ(PSP)」のローナのように
袖は雅やかな雰囲気に纏めつつも
胸元は編タイツのような作りで大胆な仕様になっていたり、
この早乙女リリエルのように胸元は控えめに上品に纏めつつも
腕は大胆に晒していたりと
ヒロインの性格や雰囲気も合わせることによって
気に入ることは少なくないので強い拘りではないんでしょうね。

そういう個人的趣味の枠さえ守っているのなら
大事なのは僕自身が良いと感じることであり、
歴史とか正統派とかそういうものイコール僕が良いと感じるわけではありませんから
特に重要視はしていません(><)

◆「ゲームワーク」&「クレスト宝島」&「パピルス」
ヒロイン/リリエル&ラナエル

テレカ。

愛らしいデザインのロングドレス姿のラナエルと
魔女っ娘風姿のリリエルが
女の子座りで座っている可憐な姿の両者。

リリエルの衣装は魔女っ娘といったものの
帽子と下に着込んでいる黒っぽい衣服は
魔女っぽいんですけど、コートは違いますね。
良く見えないんですけど、黒っぽい服は
タイトな衣装で大人っぽくありつつも、
ゆったりとしたコートが可愛らしさを演出していて
双方の魅力(少女らしさ&大人っぽさ)を高めるようで
バランスが良いと言えるかもしれませんね。

ラナエルの衣装は
華やかで可憐なドレス姿で
もともと、お人形のような綺麗さを持つ
ラナエルの容姿には合っていると言えますな。
大人っぽいハイヒールというのもアンバランスだが
逆にそれが良い!
衣装的にも僕好みですし、なかなかに素晴らしいです。
ラナエル自身は・・・はっはっはっと笑ってごまかしておこう(笑)
その性格はそれはそれで良いんだけども、
このイラストの魅力も別のものに変わると思います(><)
パッとした第一印象だけで捉える純粋な評価とは変わって当然ですがね。
雑誌などの紹介でキャラのことは大まかには最初から知っているものの・・・。

◆「ソフマップ」ヒロイン/ラナエル&クロウエル
テレカ。
ラバーストラップも付いているらしい。

学校の制服姿という貴重なもの。
制服姿も良いですな。
上品で可憐とかなり好みなデザインですし(><)
物語中も出番は少ないですが2人の制服姿での登場はあります。
語りたいことは山ほど(?)ありますが、
そろそろエネルギーが尽きて来たというか、
1つの感想を書く度に1週間くらい過ぎているので(冗談抜きで)
手抜きにならないといつになっても終わりそうにないので
あっさりと終わらせます(笑)

・・・とにかく制服姿が魅力だと言いたいだけですな。

◆「ワンダーグー」ヒロイン/クロウエル&シェルリル
テレカ。

両者の私服姿――ゲームでは見られないので余計に貴重価値はあるかも?(笑)

シェルリルの私服姿が大人っぽく綺麗だけれども
同時に愛らしくもある格好ですな。
まあ、画面構成上+サンプルの文字で良く見えないんだけどね(><)
購入していないのでサンプルの文字は仕方ありませんが(苦笑)
クロウエルも同様で可愛いエプロン姿が魅力的ですが
そのエプロンのおかげでほぼ上半身のみという画面構成上、
私服はどんなのを身に着けているのか良く分からないんですけどね~(TT)
エプロンの柄と色合いとデザインがクロウエルに物凄く似合っているので
素晴らしいんですけど、そのために私服姿が拝めないとは・・・orz
もうエプロン姿が似合っているので諦めるしかありませんが。
(諦めないからってどうにかなるわけでもありませんが)

◆「ファミーズ&お宝創庫」ヒロイン/--
テレカ。
キャラ集合絵柄。
ゲームの魅力や雰囲気を堪能するには
主要人物が全員出ているというのは重要です。
それぞれのキャラの魅力と役割(立ち位置?)を前面に押し出す感じですかね。

◆「ebten」ヒロイン/リリエル&クロウエル
B2タペストリー。
リリエルとクロウエルがテーブルを挟んで
椅子に座っているお茶会みたいな和やかな雰囲気で寛いでいるという光景。

座っている姿を横から撮っているという構図になりますが、
2人ともカメラ(?)のほうを向いています。
座っている横姿は女の子らしい仕草と雰囲気に溢れていて魅力的で
(上半身から上はカメラ方向を向きつつありますが
クロウエルはほとんど側面側で顔だけがカメラ正面を向いています)
上品な手付きのリリエルと女の子っぽい手付きのクロウエルに
座っている脚のラインは綺麗で、
その流麗な両足を女性らしく整えられた仕草で合わせ、
こんな風に座っているというのは最高に僕好みです(笑)
些細な光景ですけど、こういう魅力は僕好みでまさしく萌えですな(><)
いくら見ていても飽きませんよ。
(購入したイラストもそうですけとねw)

――魔女っ娘&ドレス姿のイラストと
このイラストは購入候補の次点でした。
ただ、衣装や仕草は魔女っ娘&ドレスのイラストが好みですが
総合的にはこちらのほうが好みかもしれまんね。
総合的に気に入っているので
どこが良いかというのは感覚的なものが強くなるので
言葉で説明し辛いんですけどね。
==============================

神様と運命革命のパラドクス (通常版)
日本一ソフトウェア
2013-01-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神様と運命革命のパラドクス (通常版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント