神様と運命革命のパラドクス(PS3)購入報告(店舗別特典付き)前編

発売日である2013年1月24日(木曜日)に
いまじん(マジカルガーデン)の通販で予約していた
通常版が届きました(店舗別特典付き)
色々とあって少しばかり予約が間に合わなかったため限定版ではなく通常版です。

ほかのところで限定版を買うよりも
ここの店舗別特典を獲得することのほうが優先ということで(笑)

基本的に狙っているヒロイン(絵柄)は
[早乙女リリエル]でしたし、
僕の嗜好からすると、
衣装・ポーズ・仕草などは
ここの絵柄が1番好みでしたから
ここしかないってことで(笑)
(衣装は基本的なもので変化はありませんが
ゲーム内衣装も良いものですからね。
店舗別特典用の特別な衣装って言うのも良いですがね><
ロングメイド服が個人的な好みなのは
毎度語っていることで大事なことですが
それ以外のメイド服がダメってわけでもありませんからねw)

ギャルゲーの店舗別特典の絵柄だと水着系の健康的色気や
下着姿などの色気担当の絵柄が多くなることも珍しくありませんが
こういうタイプのゲームだとそういうことも少なくて
僕好みの萌えを堪能させてくれるイラストが多いように思うので
今回、良いなと思う絵柄はいっぱいあって嬉しい限りなんですが、
複数買いしない限りは手に入れられるのは1つ限りなので
攻略本や設定資料集みたいなもので
各イラストが全て載っているような本は欲しいですな(><)

店舗別特典の絵柄に関するコメントは
いつものように下のほうで触れています。

しかし、全然ブログ記事が書けていない状態です。
どうにかしたいところではありますが
今後もこんな感じになりそうですがね(苦笑)

==============================
クリックすると画像は大きく表示されます(元の大きさになる)
↑ある程度、大きな画面がないと意味はないですが(><)
(拡大は出来たりしますが)
画像

画像

◇【画像・①】
PS3ソフト神様と運命革命のパラドクス

◇【画像・②】
店舗別特典・図書カード(-いまじん-)
絵柄ヒロイン:早乙女リリエル

------------------------------
ゲーム公式サイト/
http://nippon1.jp/consumer/kamipara/

==============================
◇「神様と運命革命のパラドクス(PS3)」
運命革命RPG。
(記事の作成が遅いことと、ゲームの進行が早かったため
既にゲームはクリア済みです。
RPGをクリアしたのは物凄く久し振りですw
しかも、僕にしては珍しくこんなに早く><
クリアしたのはストーリー本編のみで、
ここの会社のゲームはやりこみのほうもメインなので
半分も遊んでいないということになるかもしれませんね。
クリア報告記事は恒例の店舗別特典の感想の前にちょこっと書きます><
――後編にあります。
というわけでこの直後の下記の文はプレイしてから10時間程度のものです
ちなみに現在のプレイ時間は後ほど画像で載せます
・・・現在はといいつつそれから更に1週間くらい経過したため、
プレイ時間は画像よりもプラス10時間くらいですがねw)

ダンジョンRPG(トルネコ系)はやりたいと思っていたので
ちょうど良かったんですよね~。
(去年秋ごろ発売のPSP版の風来のシレン4を
買おうと思ったこともありましたし・・・断念しましたがw)
それで主人公として少年(男キャラ)がいて、
物語の雰囲気、絵師&絵柄&ヒロイン、ストーリーのタイプなど
ゲームシステムもたまたま僕好みに合っているようで
飽きずにプレイできています。
ストーリーの続きが気になるということもありますが
RPG系はそれだけでは進められませんしね。

別のダンジョンRPGなら
3月に発売しますが(ダンジョントラベラーズ2)
あれは普通のRPGをダンジョンものにしただけですけどね。
それこそれで正統派のダンジョンRPGなんでしょうけどね。

システムに関して触れますが
完全な1人ではなくて
パーティーメンバーとして1人連れていけますし、
ダンジョンから戻るとレベルは1になりますが
蓄積で基礎能力(トータルレベル)は
上がっていくので繰り返すほど強くなります。
僕の唯一プレイ経験のある古来の「トルネコ~ダンジョン」のように
武器などだけが成長システムだと個人的に物足りないので。
武器・防具を使い込むことによって強化できるだけでなく、
キャラの基礎能力を強化できるパーツ(?)も手に入るなど、
成長方法がいくつもあって、個人的な性に合っているようです。

もちろん、個人的にと言っているように
僕が語っているのはゲームの良し悪しではなく、
僕の好みには当て嵌まっていたということですな。

ただ、やり難いと感じる点や
RPG慣れしていないのでシステムを理解するまで
厄介な時もありますが、何もかも気に入るなんてありえないので
仕方ない部分でしょうし、大抵の部分は
慣れるまでのやり取りも面白いと感じられる点は
いつもと違うかなとは思います(笑)

世間的に人気のあるゲームが僕好みとは言えないわけですし、
誰も見向きもしないゲームが好きにならないというわけでもありませんし、
といっても流石に[日本一ソフトウェア]だけあって失敗はないというか
出来栄えは結構良いと思いますが、
人に語れるほどそういうゲームはやっていないので
比較は難しく曖昧にしか語れませんがね(笑)

ちなみにマップ(?)用の2Dキャラだけでなく、
ギャルゲーのような立ち絵シーンもあり、
その立ち絵を何気なく動かしてくるので
芸が細かいというか、作りが丁寧というか
妙に拘っているというか、僕好みであるのは確かですな(><)
――普通2D(立ち絵)を動かすというと
純粋なアニメーションではなく、
特殊(?)な技術を応用したものでしょうし、
3Dなら珍しくもありませんが、
これは普通のアニメーションみたいな感じで立ち絵を動かしてきます。
でも、アドベンチャーパートのような立ち絵の時間は短いのですし、
アニメーション的動く立ち絵は僅かだけ(数挙動&仕草)でしょうし、
ほかの立ち絵の種類の豊富さとか、
その辺は細かくチェックしていませんが、
そのシーンが少ないといっても凄さを感じます。

シリアスで重厚で幻想的な音楽に甘く澄んだ声が合わさって
ゴシック(?)な雰囲気の主題歌に仕上がっていて良いですな。
感覚で言っているのでこの感想をアテにされても困りますが、
僕が好きだということが言いたいだけなので
伝わらなくても問題はないかなと(マテ)

画像


――というわけでこのゲームのボーカルアルバムCDを買ってみました。
このグループ(個人?)過去のものをチェックするとアニメの主題歌で
結構前に購入したことありますな。

------------------------------

多少(?)話は変わりますが
私的に紹介したいことなので語ります(笑)
【ラブライブ[μ’s(ミューズ)]メンバー】とのコラボということで
下記メンバーがこのゲームのキャラクターたちをそれぞれ担当しています。
担当している[μ’s(ミューズ)]メンバーは以下の通りです。
(このゲーム内の担当キャラ紹介は省きます)
高坂穂乃果(CV:新田恵海さん)
矢澤にこ(CV:徳井青空さん)
南ことり(CV:内田彩さん)
東條 希(CV:楠田亜衣奈さん)
園田海未(CV:三森すずこさん)
星空 凛(CV:飯田里穂さん)
小泉花陽(CV:久保ユリカさん)
西木野真姫(CV:Pileさん)
絢瀬絵里(CV:南條愛乃さん)

――ゲームの発売は
現在【ラブライブ】のアニメも放送中なので
絶好のタイミングと言えるような気もしますが、
どうなんでほしょうね。

http://www.lovelive-anime.jp/(ラブライブ公式サイト)

まず、【ラブライブ】の簡易的な説明から始めますと、
「u’s/ミューズ(ラブライブ)」とは、
アスキー・メディアワークスの[G’smagazine(ギャルゲー雑誌)]の企画で生まれた
(サンライズ&ランティスとの協力)
『歌・ダンス中心』二次元アイドルグループです。

アニメや小説主体、もしくはゲームから発生したものではなく
本来は二次元の音楽(歌)&ダンス主体の企画から発信したものであり
長く続いてようやくアニメ化になったわけですな。
ちなみに声優さん自身のライブなども行われています。
ダンス+α[PV]のアニメは付属していますが
歌のためのアニメですからね、アニメと言い切るのも違うかなと。
アニメのイメージは物語をやってこそだと思いますからね)

現在「1stシングル」から「5thシングル」まで
下記の組み合わせ内容で
[新曲2曲]&[ボイスドラマ(30分前後)]
というような内容に仕上げてあります。
(ちなみに1stシングルはドラマというよりは
キャラクター自身による自己紹介という感じですが)
この各種シングルには下記のDVDも付属しています。
メイン曲の『美少女アイドル+ダンス+歌+ストーリーカット(PV)』
――という「アニメDVD」付きです。
メイン1曲のフルバージョンとなりますが、
公式サイトにはショートバージョンが公開されていると思うので
気になる方は参考にしてみるのもいいかもしれません。
そのほうが僕の説明を見るよりも手っ取り早いでしょう(笑)
(CDは豊富な種類が発売していますが
アニメDVDが付いているのは上記で触れているメインシングルのみです)

《現在は2013年1月9日発売の
[ベストアルバム]のブルーレイディスク付属版には
(BDは付属していない通常版あります)
1st~5thまでの5つのダンス&歌唱PVアニメ
ブルーレイ1枚に収録されているので
1stから5thのDVDをいちいち取り替えずに済む上に
画質も良くなっていて本来の画質の良さが発揮されているため、
ブルーレイで観賞するほうが良さそうです
価格2000円程度のCD(DVD付き)を5つ全部購入するよりも
コストパフォーマンスも良さそうですからね。
メインシングル以外の歌もほとんど全部入っているようです。
[高坂穂乃果・南ことり・園田海未]の各ソロアルバムに収録されている新曲以外は。
もちろん各CD収録のボイスドラマは入っていないのでそれも堪能したい場合は
シングルを買うしかありませんがねw
充実したベストアルバムが発売されているこの時点で
これから購入する方で全部揃える方がいたら相当熱心と言えるでしょうな。
それなりに順番に買っているのならまだしも
これから買うという場合は収集欲というか満足感というか
そういうもの以外ではボイスドラマくらいしか利点がありませんからね~w
僕も揃えるタイプですけれども、嬉しさは半減する気がします》


「u’s/ミューズ(ラブライブ)」のことは
ブログで取り上げて紹介すると思いつつ・・・既に1年半は経過しました(苦笑)
そんなわけで、いつになっても紹介できないので
この機会に軽く紹介させてもらいました。
ゲームやアニメで声優さんが出る度に触れてはきましたがね(><)

こういう内容の企画だけに
現在放送中のアニメでも歌だけでなく、
キャラたちのダンスも頑張っていますが
メインの「1st」から「5th」までのインパクトには及ばない気がするのは
僕の気のせいだと良いんですけどね。
まあ、アニメのOPもいつものように良いんですけど
なんというかアニメのOPは1曲フルではなく、
あくまでショートバージョンみたいなものなので
1stシングルから5thシングルまでのような
1曲フルのPVアニメと比べるとインパクトが足りなくなるのかなと(笑)
1番から2番の合間、2番が終局に向かっての盛り上がりとか
ショートバージョンだとそういう見せ場がないのでそう感じるんでしょうかね?
(Aメロとかそれらしい言い方があるんでしょうが僕は知らないので
その辺の言い方[名称]はおざなりにいきます・・・調べるのも面倒ですしね><)

ついでにアニメのことも語ったけれども、
アニメのブルーレイは買うので
その時にでも語りたいと思います。
――といっても、ここ半年以上で
10本以上のブルーレイ(アニメ)を買っているのに
一切購入報告していない時点(怠けぶり)で
感想なんて書けるのか怪しいですがね(笑)
ブルーレイに限らず最近の怠けっぷりを考えると
書けるのか自分でも疑っていますがね(><)

本当はアニメPVや曲に関しても
どういうシーンがお気に入りだとか
そういうことも語りたいところですが
いつになったら出来るかは不明です(笑)
いつまでに書くと書いても
最近は実現できそうに無いので(苦笑)

画像

画像


買っていないのも1枚だけありますが
それ以外は揃っていると思います。
(声優さんたちのライブのBDも購入済みです)

画像


アニメのOP&EDもちゃんとあります。
今週もアニメの挿入歌が発売しますな。

僕が購入したのは単なるブルーレイ付属というだけでなく
もう一段階高い超豪華盤ですけどね(><)
以下のようなアイテムや収納BOXが付いているのも超豪華盤だからです。
(収納BOXは別の角度からもう一度撮りましたw)

画像

画像


――最後にほぼ関係ない私的ネタなんですけど、
(関係あるのはCDを購入するということぐらいでしょうかねw)
CDを1枚とか軽く購入する場合って秋葉原ではなく
池袋で購入していたわけですが
[とらのあな]の池袋店が場所を変更してから行っていないなと(笑)
池袋のほかのショップではなく、
最近は通販(アマゾン)で済ませていますが
平日だと親がいないと受け取る時間が限られますし、
いつ来るかと思って待っているのも落ち着かないため、
(時間指定していて指定時間内の間であっても)
仕事帰りで池袋なら寄るのも苦ではなかったんですけどね。
アマゾンって予約ものって時間指定できないんですよね~。
ですので場合によっては発売日後に時間指定することもありますがね。
(BD・CD・書籍しか買ったことはありませんが)

=========================
後編へ。

この記事へのコメント