黄昏のシンセミアportable(PSP版)プレイ前コメント

2012年12月27日2013年1月17日(更に延期)発売予定。
純愛アドベンチャーゲーム(恋愛ノベル)
公式サイトに各ヒロインのルートをクリアしてい度に
核心に迫っていくというようなことが書いてあるので
伝奇ミステリーの要素がありそうにも思えるけれども、
今のところは不確定なのでなんともいえないということにしておきます。
恋愛アドベンチャー系の基本は主人公の地の文(一人称)タイプの小説と同じことがほとんどです。
そういう小説にイラスト・音声・BGMなどを付け加えたものだと思えば良いです。
(実際にプレイしたわけでもありませんので
それは統計的に見た王道パターンの場合の話です。
三人称タイプの地の文やそもそも、地の文がないタイプは
例外であり稀にしかありませんので大丈夫だと思いますが)

早めに書き始めていたら
発売日が延期したため発売日より
かなり早い段階で載せることになりました(笑)

読む前の注意ごと。
恒例の文章なので知っている方はすっ飛ばしてください。
(今回はここにプロ野球の話を書いてしまったけど><
基本的に西武の話でもないんですけど・・・試合がないので当たり前ですがw
無駄に長いので野球に興味がない方はすっ飛ばしてください。
この記事を読んでいる方で適当な野球話に興味がある方なんて稀でしょうがw
結局は今年も西武[野球]について記事を書いている余裕はありませんでしたね><)
この記事は情報などを元に
プレイ前のこのゲームに対する僕の印象など色々ことを
好き勝手に語る場所になっています。
(ギャルゲーに関わらず、特にヒロインに対して語るw)
真っ当で公平な情報を得たいのなら
公式サイトや雑誌などを参考にしてください。

僕の主観&個人的感想に興味があるならどうぞ。
別に面白くもなんともないですけどね(><)
纏めてもいない思い付くままに書き殴った文章です。

最近(今年になって)忙しくなってきたというのは
報告していましたけれど、
とにかく、ブログに時間が掛けられないということもあって、
この頃は特に短時間で書き上げているため
誤字脱字等や雑になっている部分などあり、
見直しもしていないため途中で止まっている文章など
つまり未完成になっていることに気付かないなど
ミスが増えていると思いますのでご了承ください。
(ほかの趣味は普通にやっているものの
ブログの記事作成時間だけ大幅に減少させていますw
プロ野球が開幕して西武戦を見ながら記事を作成することにしましたが
もう早々に終わってしまったので、上記方法は適応できません><
後、西武ライオンズと関係なく観戦するとしたら
アジアシリーズくらいでしょうかね。
このアジアシリーズは日本一になったチーム(巨人)が出場して
アジアのチームと1番を競うものですが、注目度はとても低いです(笑)
去年はソフトバンクが決勝戦で負けましたからね。
もちろん、先発陣など本来の投手がほとんど出ていませんでしたが
そんなのは相手にとってどうでもいいわけで
負けという事実だけが残ってしまいますので
今年は巨人になんとかして欲しいものです。
本日(11月8日)開催ですが、本日は巨人戦はありません。
巨人戦は11月9日&10日、決勝に進出したら11日も試合があります。
今年は5カ国6チームの参加で、3チームずつに分かれて総当りの予選後に
決勝戦となりますので去年みたいに総当りで一度当たったチームと再び決勝戦で
戦うということはないようです。
一般の放送局で中継があるかは知りませんが(去年はなかったが巨人ならあるか?)
いつものケーブルテレビ&スカパー系のスポーツチャンネルで見れるでしょう。
しかし、11月9日の初戦だけ真昼間なので
有休でも取っていないと見れませんがね・・・トホホ(><)
観ようと意気込んでいたのにこういう展開か(笑)

今年の見る可能性のあるプロ野球関連は
11月はWBC関連で親善試合みたいなものがあります。
(11月16日&18日・対キューバ)
ただ、1番注目したかった西武の中村選手は手術で出場しませんし、
それどころか来年の開幕にも間に合わないかもしれないかという状況です。
当然ながら来年のWBC本戦にも出れそうにありませんし、
西武ファンとしたら楽しみが減るなとw
まあ、回復力が早ければWBCにも間に合うかもしれませんが
期待していると出られなかった時に
がっくりするので出ないものとして考えておきます(笑)
――と言いつつ、実は↑の文章を書いている時点で
心のどこかで期待しているのかもしれませんがね(苦笑)
そういや、西武の中村選手は見掛けによらず
足の早い選手なんですけれども
ペナントの後半戦はほとんど全力どころか
軽く走るだけでも結構辛そうにしていたので
限界ギリギリどころか限界なんて超えていたように思います。
ちなみに親善試合に参加する西武の選手は
[涌井選手][炭谷選手][秋山選手]だったかな。
――って、定型文で何で野球の話をしているのやらw
定型文のところに書いているけれども
この野球の話は1回限りになりそうなので
これじゃ定型文じゃないですけどねw
ほかのゲームのプレイ前コメントを早く書けば
使い回しできる部分もあるかもしれませんが)


==============================
PSP版ゲーム公式サイト/黄昏のシンセミアportable
http://www.cyberfront.co.jp/title/sinsemilla/index.html

PSP版公式サイト/サイバーフロント
http://www.cyberfront.co.jp/
==============================
--【物語紹介】--

山に囲まれた風光明媚な御奈神村〈みなかみむら〉
天女の羽衣伝説が残る、大きな神社を中心にしたのどかな場所だ。

大学生の皆神孝介は夏休みを利用して、
母の故郷のこの村を訪れる。

きっかけは叔母から受けたアルバイトの話。
懐かしいこの村では少女たちとの出会いと再会が待っていた。
友人のような実の妹「皆神さくや〈みなかみ さくや〉」
疎遠になっていた従姉妹の少女「岩永翔子〈いわなが しょうこ〉」
幼馴染みの神社の巫女「春日いろは〈かすが いろは〉」
そして、村で出会った正体不明の女性「銀子〈ぎんこ〉」

懐かしい顔ぶれと新たに知り合う少女との出会いを経て、
孝介は少しずつ居場所を作っていく、

――しかし、孝介たちに襲い来る異変が日常を壊していく。

山童〈やまろう〉という村に伝わる化け物の話。
生き物を変質させてしまうという神話の薬の正体。
そして、伝承に残る天女とは一体なんなのか。

数々の真実を前に、彼らは決断を迫られる事になるのだった。

------------------------------

ギャルゲーでは度々田舎町が舞台になることがありますが
普段住み慣れていない雰囲気の町が舞台になると
そういう部分で色々な雰囲気の味わいが楽しめます。
今回は田舎町なので独特な和やかさや静けさが
感じられて良さそうに思います。
普通の街だと感慨深いものは何もないけれど、
こういう普段住んでいる様子や雰囲気から
離れるほど印象のある舞台になるなと思うので
そういう部分でも楽しめるかなと(笑)
住み慣れた街でも住み慣れた感覚が
溶け込み易いので良いといえば良いんですけどね。
一概にどちらが良いかとは決められないというか、
こういうのはバランスでどっちがあっても良いということでしょう(><)

公式サイトに書いてありますが
各ヒロインのルートをクリアしていくごとに
物語への核心に迫っていくというタイプらしい。

ジャンルは書いていないけれども、
伝奇ミステリーと言ってもいいのかね?
伝承(?)の中に「化け物」なんていう単語が
あったりはするものの、
雰囲気的にアクションは無さそうですしね。

ストーリーに天女の羽衣伝説なんて書いてありますし、
伝奇という言い方は間違ってはいないでしょう・・・たぶん(><)
実は伝奇の明確な意味は知らないんですけどね。
いや、調べたことはありますがすっかりと忘れています。
・・・調べなおすのも面倒なのでいいや。

何も知らないのに勝手なことを言うと
問題になりそうなので言っておきますが
原作未体験の上、情報も収集していないという
僕の勝手な想像に寄るものなので
くれぐれも鵜呑みにしないように(笑)

内容はプレイすれば分かるので良いんですが
僕みたいに大まかな目安さえクリアしているのなら
乱雑に買っていくというものではなくて、
内容や要素など自分に合うかどうか
じっくりと吟味してから買いたいという方だと
プレイした後で分かるのは困るところなんでしょうけどね(苦笑)
PC版のレビューなどをあちこち集めていけば
購入の判断に必要な情報は自然と集まっていくでしょうけれども
ネタバレを覚悟しないといけないというのが難しいところでしょうか。
自分の欲しい情報だけが載っているサイトなんて
そんなに都合の良いものはないでしょうから
いくつも回らないといけない可能性のほうが
圧倒的に高いですからね。
調べまわるサイトが1つ2つで済みつつ、
ネタバレも避けられるというのなら良いんでしょうけどね。
最悪なのが必要な情報にネタバレが関わってくる場合です(笑)
まあ、ネタバレOKという方もいるでしょうから
そういう場合なら問題はないんでしょうけれどね。
いくつかネタバレしてもいいやと調べたこともありますし。
気にする時は気にするんですけど、
気にしない時は気にしないですからね。

僕の場合は過程も大事だけれども
後味のために結果がより大事な場合もありますからね~。
(過程が僕好みでも結果が僕好みではない場合に
全部アウトになる場合もありますw
当然、良し悪しよりも僕の好みかどうかが大事ですw)
そんなわけで購入の決意に必要がある場合は
ネタバレ覚悟で突き進む時があります(><)

==============================
『絵柄について』
どれだけ僕が気に入っているかという主観評価を
下記に記載しているヒロイン評価と同様のランクで行います。
(多数の原画家が関わっていたりなど色々な理由があって
全体で統一性がない場合は気に入っている数人のヒロインのみの
平均値で評価しますので、本来の平均よりは高くなると思います)

*[好み度:S+]*
*[服装(デザイン):S]*
*[服装(質感):S+]*
↑質感・明暗・皺・躍動感などの描き方で。
*[画風:準王道]*

コメント:原画担当はオダワラハコネさん。
イベントCGの全てヒロインの私服など
全部知っている(網羅している)わけでもないので
中途半端な評価(コメント)にはなっしまうんですけど、
いつものことといえばいつものことですが。
総合的に好みそうではありますが、
細かいところはプレイしてみてというところでしょうか。


(ちなみに[好み度]はパッと見の第一印象なので総合評価ではありません。
プレイ前だと参考にするものが少なく、きちんと評価できていませんがw
それとPS3やPSPで画質の違いによって、印象が変化する場合もありそうです
PS3の大画面だと評価がプラスになったりと、目で見ているものである以上は
純粋な絵柄などだけで評価するのは難しいかもしれません><)

評価ランクだけだと評価しきれないため(し辛い?)
ジャンル(画風)を設けました。
ジャンルの説明(定型文)は文字数オーバーのため省略。
別のギャルゲープレイ前コメントに載っています。
==============================
このブログの主題、ヒロインの魅力についての欄です。
評価:悪い⇒G~A.S・SS⇒良いで(±)で補正。
もちろん、僕の嗜好によって査定しています。
(評価査定に「SS」追加しましたw
以前は「S」ランクまでしかありませんでしたが、
それに伴い評価方法を見直しました。
詳細はヒロイン紹介後に記載しています)

これらは僕にとって独断と偏見(?)による採点(趣味嗜好)ですので
ほかの方の採点とは懸け離れている場合があるかもしれません(笑)
基本的に大半の評価が僕自身における萌える萌えないであり、
ヒロインとして萌えないけど、人としても好感が持てる、
賑わうのや、面白いから登場すること自体は好きという場合も多い。
ですから、評価が低いイコール嫌いというわけではありません。
(F・Gなどの評価の場合は別でしょうがw)

ヒロインの魅力を語る上で大事な衣装ですが
公式サイトには制服姿しか載っていなく
ヒロインの衣服の魅力は制服姿とか語れません。
――というわけで、ヒロインたちの衣装に関しては
PC版のサイトには載っていたので
そちらを参考にして書いています。
PC番でも全て載っているのかは不明ですが。

==============================
皆神孝介〈みながみ こうすけ〉CV:--さん
/主人公評価:??

--[公式の紹介文]--
物語の主人公。大学生。
民俗学を研究するサークルに所属しており
教授のフィールドワークに付き合わされている。
子供の頃に母と死に別れ、故郷である御奈神村を離れて東京で暮らしていた。
現在は妹のさくやが寮に入っているため、父親と2人暮らしである。
夏休みに叔母の皐月から受けた「バイト」で
御奈神村に帰ってくる事になる。

物事を客観的に見る性格で、荒事は苦手、
妹のさくやとはお互い軽口を叩き合う仲。

--[以下・独自(?)のコメント]--
風貌は好青年風でそれなりに爽やかそうで格好良いタイプ。
ヒロインと異なり、予測や雰囲気で語る気もないので

主人公とプレイヤーは長い付き合いになりますし、
(主人公は他人視点が多くない限りは
最もプレイヤーが触れている時間が長いキャラですからねw)
僕自身の性格や好みと合うか気が合うか?
そういう要素は大事ですからね。
物語の楽しさやヒロインの魅力が充分に堪能できるかは
主人公の性格に掛かっているといっても過言ではない(><)
人それぞれごとに多種多様の好みがあるわけで
そういう好みに合わせるのは難しく、
更に言うのなら僕という一個人に合わせるなんて至難の業でしょうけどね。
ヒロインに対しては甘いくせに主人公に対しては辛いですからね。
(僕なりの感覚で、になるので他人にとってどうかは分かりませんが)
ちなみに主人公以外なら男キャラに対しても特に厳しくはない(笑)

そもそも、僕という個人の好みに合わせる気もないでしょうがね
一個人の嗜好なんて知らなくて当然、
というか知る必要もないので仕方ないところです(><)

主人公の初恋の人について
物凄い好みなので語りたいですが
攻略ヒロインではないので紹介は省きます。

------------------------------
皆神さくや〈みながみ さくや〉CV:平山紗弥さん
/予想ヒロイン評価:SS-

--[公式の紹介文]--
孝介と血の繋がった妹。
黒目黒髪の美少女だが愛想がなく
常に不機嫌そうな表情がマイナスポイント。
孝介曰く「出来の良い妹」であり
色々と首を突っ込む兄のお目付け役。
さくや自身は自分のことを面白みのない人間と思っているが
兄とのやり取りではボケとツッコミを交互に繰り返す。
低血圧で着痩せするタイプ。

現在は家を出て女子寮に入っているため、
孝介とのやり取りはもっぱらメールになっている。

--[以下・独自(?)のコメント]--
長い黒髪は前髪、鬢(横髪)後ろ髪で
それぞれ水平に切り揃えてあるという髪型に
後ろに近い横髪に飾り紐を巻き付けているなど
とても和風の容姿で纏められています。
しかも、前髪・横髪・後ろ髪が三段の長さで
(長さ=前髪・短い/横髪・中間/後ろ髪・長い)
それぞれ整えてあるというのも和風らしい髪型で、
姫カットというには両サイドの髪は長めなのかもしれませんが(苦笑)
(姫カットだと両サイドの髪は顎のライン辺りでしたっけ?
それと比べると長めなので姫カットには含まれないかも)
何にしても和に相応しい髪形であること言うまでもありません(><)

無表情・無愛想・不機嫌そうの三拍子は
涼しいという感じの冷たい感じが
厳しい雰囲気の大和撫子って感じがして良いですが
本来の大和撫子というと柔和だったり穏和だったりしそうなので
正統派の大和撫子というにはマイナスポイントでしょうか(笑)
確かに正統派としてみると減点なんでしょうけれど、
「これはこれ、それはそれで良い!」みたいなものなので
まったく問題は無しなんですけどね。
正統派は味わえないけれども、
こちらの属性を存分に堪能しましょうってことで(><)

まず、学校制服について。
学校制服は王道デザインの古風な黒系のセーラー服で
スカートは膝丈に近い正統派です。
ブレザーならスカートが短くても合うけれども、
正統派のセーラー服(上下)の組み合わせの場合は
スカートは長めじゃないと
どうしてもバランスが悪いと感じてしまいます。
まあ、僕の勝手な印象(趣味)でしょうけどね。

私的にバランスを悪く感じる要因(理由)として
正統派のセーラー服っていうのは
上衣の丈はゆったりとした感じで、
(広がっているわけじゃないんだけど)
しかも丈は余分が少なく
普通よりも更にウエストを強調するデザインではないので
更にセーラー服付属のスカートはプリーツの多いタイプで
それでスカートの丈まで短いという組み合わせになると
僕の感性だとバランスが悪く感じる傾向があるように思います。
上記に挙げた要素が組み合わさることによって
バランスが悪く思えるだけなので
セーラー服系でもスカートの種類やデザイン
上着のウエストのデザインや種類(全体も)が異なるのなら
まったく印象も異なってくるでしょうけどね(笑)

さくやの場合のセーラー服姿は
僕の嗜好の範囲内を守ってくれているので
とても萌える仕上がりになっていてありがたいです。

私服について。
私服は白のワンピースは肩紐で掛けるだけのタイプで
肩や腕が露出してしますが、夏らしく涼しげで
彼女の雰囲気が合わさると淑やかな色気といったところでしょうか。
それにスカートは長めでふわりと広がる様は雅やかであり、
丈の長い裾は楚々とした雰囲気を損なわない着こなしになっています。
まさに避暑地にやってきた清楚なお嬢様という
なんにしても彼女自体が和風であることには変わらないでしょうし、
清楚な白いスカートが長めのふわりとしているワンピース姿は
まさに和風版深窓の令嬢というところでしょうかね♪
物凄く僕好みのバランスでとても素晴らしい(笑)

古風なセーラー服といい、清廉な私服といい、
それに相応しい美少女と
見事に僕のツボを付いている要素が満載で最高に眼福です(><)

------------------------------
南戸朱音〈みなと あかね〉CV:芹沢せいらさん/
予想ヒロイン評価:SS-

--[公式の紹介文]--
春日神社の先輩巫女さん。
神社の娘のいろはより先輩なのは、年功序列と資格の違い。
東京の大学を出ているが、
実家から通える就職先を探した結果、
神社の巫女さんに落ち着いた。

母と2人暮らしで、電車とバスで春日神社まで通勤している。
神楽などの神事の部分を一手に担ういろはを同僚として尊敬している。

現在は雅楽、神事の勉強中。

--[以下・独自(?)のコメント]--
順番的には紹介は後回しになりそうですが
僕の好みの問題で早めに紹介します(笑)

巫女さんは僕にとっての2大属性の1つですから
巫女装束姿は最高の一言です♪
加えて言うのなら楚々としたふんわりと優しそうなお姉さん系ですかね。

このゲームの主人公は大学生と
ギャルゲーの平均としては高校生が多い中では
少し年齢が高めの主人公ですが
南戸朱音は大学を卒業している身なので
お姉さん(年上)属性は変わらないってやつですな(笑)

容姿は清楚な雰囲気で
髪型はふんわりとしたロング。
ウェーブしているといっていいのかは微妙なんですが。

大和撫子かどうかはプレイするまで置いておくので、
そこは評価の査定から外しています。
――と、現段階の予測の評価は控えめにしているので
実際にプレイしてみたら評価が上がる可能性も高そうです。
ふんわり清楚系の容姿(雰囲気)の美人に
包容力のある優しいお姉さんという要素に
更に巫女さんという属性まで加わるというのなら
[SS-]の評価は極めて控えめといっていいでしょうな。
もし、大和撫子(僕の感性で)と認定するというのなら
最高の[SS+]評価になってもおかしくない逸材でしょうね(><)
どうなるかはプレイしてみてのお楽しみということで。
公式のキャラクター紹介順だと
攻略キャラじゃない位置っぽいなと思っていて
物凄く残念に思っていたんですけれども、
PC版の攻略サイトを覗いたところ
一応、攻略はできるみたいです。
PSP版でどういう扱いになっているか
どの程度の扱いになるのかは不明ですが
もし、おまけ程度扱いだろうと
ちゃんとクリアできるのなら良しとします(笑)
なんといってもおまけ程度だろうと
クリアできるかできないかは大きな違いですよ(><)

まず、巫女さん(巫女装束)ということについて語ります。
巫女装束は肩が編みこみ風になっているタイプで
これのことを狩衣[かりぎぬ]と言います。
(正確には切り込みが入っていることのみを言うんだけど)
これって巫女さんではなくほかのタイプの衣装のデザインで
(男性用の和服だったような気がする)
巫女さんではありえないけれども、
自分の気に入る要素なら
いくらでもアレンジを加えても良い派なので
大まかな正統派な部分さえ守ってくれるのなら
正統派の部分を崩しても良いと思っているので、
こういうのも良いんじゃないでしょうかというよりも
このデザインのほうがかなり好みだったりします(笑)

袴は行灯袴(スカート系)か襠高袴(ズボン系)か
分からないため、それは後で考えるとして、
女性はやはりスカート系が女性美らしいという風に
考えている(感じている)僕にとっては
断然に行灯袴派なんですけれどね(苦笑)
――実際の正統派で明治時代未満で考えるのなら
ズボン系が正統派なんでしょうけれどもね。
スカート系の袴は西洋文化(洋服)の要素が
入り込んできたからだったはずなので。
(江戸時代後期・末期?)
物語が現代であるのなら
巫女さんは行灯袴であることも多いので
普通にリアルな現状ではありますが、
江戸自体初期など行灯袴が存在していない時代で
行灯袴が使用されているとしたら
時代背景に忠実ではないということになってしまうんですけれども、
そのくらいは自分の好みを取り入れたとしても
些細な問題な気もするので良いんですけど、
世間的にはどうなんでしょうね。
といっても、巫女装束について
そんなに細かいことを気にしているのは
僕みたいな一部でしょうけどね(><)

アレンジは良い派といっても
流石にあまりにも懸け離れていたら
巫女さん風であって巫女さん属性じゃないなと思うけれども
そのデザインが良いと感じたら
巫女さん属性としては認められないので
巫女さんとは思わないけれども
それはそれで良いとは思うタイプです(笑)

行灯袴の襞(プリーツ)は
基本的なことは定められているんですけれども、
・・・一応僕が知っていることは説明しておきます。
襞は正面と背面にしかなく
襞=折り目は左右から中央に向かって2本ずつで
それぞれ中央の最後の襞(ひだ)は
襞同士が向き合う(突き合う)形になり、
ボックスプリーツのようになっているわけですな。
中央の襞が開いた場合に見える線は縫い目のようです。
(↑中央の線はボックスプリーツの部分は折り目同士の
先が触れ合うことで1本の線のように見えるわけではないようなので
注意が必要です←最近まで僕も間違えていたw)
僕も実物は知りませんし、確実かも分かりませんが
ここから大きく異なることはないと思います。

とにかく巫女さん姿は見ていて飽きないほどに素晴らしい。
たっぷりとした袖の雅やかさとか袴の履く位置(?)がハイウエストとか
言いたいことは色々とありますが、
和の楚々とした姿に目の保養になります(><)

――再度、この言葉から始めますが
行灯袴の襞(プリーツ)は
絵師によって描き方も異なりますが、
単なるプリーツ風に描く場合、フレア風に描く場合、
ボックスプリーツじゃなかったり、
プリーツの数が違うだけだけだったり、
色々と描き方は異なることが多いですが
知らないからそうしているのか
知ってるけれどあえてそうしているかは
僕には分かりませんが、
アレンジは良い派と言っているように
絵師の味や独特さが出て
魅力的に映るのならそこには拘りはありません。
まあ、正統派の行灯袴(巫女装束)を味わいたい時もあるので
アレンジ派しかいないというのも困りますがね(笑)

続いては私服姿について語ります
私服はタイトスカートと
やや大人な魅力に溢れているものですが
上着は可愛らしい装飾は特にないものの
袖や上着の裾がゆったりとしているタイプのものであり、
簡素なさっぱりした色合いの
タイトスカートには控えめにフリル飾りがあり、
年上である適度な大人っぽさと
若々しい爽やかさが適度に混じっていて
(若々しい爽やかさ=少女らしさ&あどけない)
優しげで柔和なお姉さんっぽい魅力を醸し出しています。
ふんわりとした長い髪との印象も合わさって
よりそういう印象が強いかもしれませんね(笑)

フリル飾りも裾に付いているのではなく、
スカートの途中に付属していることが良い味付けとなっていて
タイトスカートの大人らしい魅力をそのままで
可憐さを味付けっていうところでしょうかね。
(もちろん裾にフリルがあっても色々な魅力を出すことは出来るでしょうけど)

ここでどうでもいい雑談が入りますが
声優さんの名前は[せいら]と書きますけれど
その「せいら」を漢字変換すると、
僕のパソコンでは[聖羅]があることを思い出しましたが
もちろん、もともと入っていたものではなく
僕が個人的に登録したものですけれども、
小説を書く際にどのヒロインのために
登録したのか忘れているところがポイントです(笑)
この名前を変換できるというのは濃いですよね。
ひらがな表記にすると優しげな感じになって濃さが消えますな。
ヒロインの名前を決める際に漢字に固執するというのも
柔軟性がないということでせすかね。
――自分ごとのどうでもいい話でしたね(><)

別名義は公式発表ではないため取り扱いにはご注意を。
声優さんは見掛けた記憶のない名前だったので
調べてみたんですけれども別名義が物凄く多い方です(笑)
実はいうと名義の中ではギャルゲー界だけでなく
それなりに有名な名義もあります。
説明したかどうかは不明として
僕のブログでも何度も取りあげていました。
――ぼかすのも面倒なので書いてしまいますが
別名義の1つの中に[今井麻美]さんの名がありました。
この方で清楚&淑やか系(大和撫子系)お姉さんキャラって初めてな気がしますが、
どんな味わいになるのか楽しみですな♪
[今井麻美]さんの名義で言うのなら
最近は[ルートダブル(XBOX版)]や[恋と選挙とチョコレート]でしょうかね。

------------------------------
岩永翔子〈いわなが しょうこ〉CV:夏野こおりさん
/予想ヒロイン評価:S

--[公式の紹介文]--
孝介の従姉妹の少女。
母親にそっくりの温和な性格だが、
物静かで人見知りの気があり、
孝介とは殆ど会話をしたことがない。
彼女の面倒をみるのも孝介の「バイト」の1つだが、
ぎくしゃくした関係に難航している。

以前に会ったのは翔子がまだ幼い頃で殆ど覚えておらず
翔子にとって孝介はよく知らない年上の従兄弟でしかない。

当時は明るい少女だったようだが。

--[以下・独自(?)のコメント]--
長い髪(?)を左右に分けて、
それぞれを三つ編みにして、
その三つ編みを繋げて環にして飾っているという
独特だけれども可愛い印象の髪形で
あどけなく小柄で小動物的な少女には
とても愛らしく映えて似合っていると言えるでしょう。

制服姿について。
[さくや]と同様にセーラー服タイプだけれども
古風なデザインではないため、
[さくや]の欄でセーラー服は
スカートが長いほうが良いと語っていましたが
こういうデザインならスカートが長くなくても
バランスの問題を感じないタイプのものです。

なぜ、あれほどスカートが長いほうが
セーラー服にはバランス的に似合うと
熱く語っていたのに
このデザイン(種類)なら
スカートが短くても問題がないのか説明します。
(さくらの欄でもそれについては軽く触れてはいますが)

ちなみに先程のことにしてもこれにしても
共感できる方は少ないと思うので
単に僕がこういう嗜好をしているのだということを
説明するというに過ぎません(笑)

[さくや]の古風なセーラー服と大まかに異なるのは
まず、上衣(上着)の丈が長く、
スカート部分までしっかりと掛かっていること。
[さくや]の場合は、
スカートのウエスト部分から見えそうなほどに
上着の丈が短いですからね。

スカートは古風なものだとプリーツの多いタイプですが
翔子の場合はプリーツが少ないことも1つの要因で
それだけでなく、ボックスプリーツになっていて
スカートの種類自体が違うことも要因に挙げられるでしょう。

上着の丈が長いことで、上衣自体のデザインが
特にウエストラインを強調するようなものではなくても、
更にその下にあるヒップのライン(スカートの広がり)等に引っ掛かって
上着の裾が少しだけ広がるため、
それで出来たシルエットが
引き絞られているウエストのラインを
それっぽく見せたっぽくなっているということも
古風なセーラー服と異なる点でしょうね。

上着の裾のデザインも異なるけれどもそれは些細な違いでしょう。

古風なセーラー服だったら
似合わなそうな(僕の感性では)オーバーニー(サイハイ)ソックスと
ミニスカートとのコラボによる絶対領域等も
翔子のように可愛く映るということです(><)

現代版風アレンジセーラー服、
同様のボックスプリーツスカートの
組み合わせで更に帽子というアイテムが
ちょこんとした愛らしさを感じさせる衣装ですな。

私服について。
ピンク系のシャツにデニムのミニタイトスカート。
ミニのタイトスカートといっても
大人っぽさを出すためのものではなく、
簡素なさっぱり爽やかな雰囲気(若さ)を前面に押し出した
組み合わせやデザインであり、
女の子っぽさがとても出ている感じに纏まっています。
・・・実のところ、言葉で説明するのは難しいんですけど。

この組み合わせは家着のような軽さがあり、
年齢相応・スタイル相応の魅力が出るってところでしょうが
若いスタイルなので、ある程度の年齢を超えたら
組み合わせや色・デザインは多少なりとも変えていきたいところでしょうね。

まあ、ほとんど変えなくても良いけれども、
大学生とかを超えたら近所とかの買い物なら良いけれども、
ホントに出掛けるというのなら
このスタイルは大人には軽過ぎる感じになりそうですからね。
若いならその軽快さが良く映るけれども
大人なら家着感覚なデザインになってしまうので
どうしても遠出には不向きという感じでしょうかね。
(この場合の遠出は旅行に出掛けるとかじゃなくて
ちょっと電車に乗って買い物に行くことも含む
近所から離れるという意味で)

ちなみに僕の感覚でしか言っていないので
実際のファッション論からしたら暴論である可能性も否定できない。
というか、ファッションのことを何も知らないので
何を言っているのやらという文章ですからね。
ただ、個人的嗜好による萌えという意味では
どうしても言っておかなくてはならないので(><)

------------------------------
春日いろは〈かすが いろは〉CV:青山ゆかりさん
/予想ヒロイン評価:S

--[公式の紹介文]--
御奈神村の巫女。
孝介が住んでいた頃の親しい友人で幼なじみ。
当時は家ぐるみで付き合いがあり、
今も年賀状を交わしている。
性格は明るく仕事には厳しく、
さっぱりとした行動が信条になっている。

家の仕事にはやりがいを感じているが、
その結果、忙しさのあまり村の外に遊びに行けなくなってしまっている。

春日神社の裏の湖は昔、天女が降りてきた時に
羽衣を清めたという伝説があり、
いろはが舞う神楽が夏祭りの主役。

--[以下・独自(?)のコメント]--

可愛らしさと綺麗な中間という感じ、
大人になり始めている容貌と
少女らしい適度なあどけなさを併せ持つというもの。

巫女装束姿については、
南戸朱音と同じ巫女さんなので
語ることがなくなってしまうわけですが。
もちろん、彼女の容貌・髪型・雰囲気・仕草などで
巫女さんでもまったく異なる魅力が堪能できるのは
言うまでもありませんが。

主人公にとっては特に幼馴染みなので
気さくで親しみ易い巫女さんといったところかな。
性格的には幼馴染みタイプらしさもあるが、
巫女さん属性としてもがっつりと生粋の巫女さんでもあるわけです。
自宅は神社で巫女さんの仕事を
普通以上にきっちりこなしているわてけすからね。
喋り方や性格は幼馴染みではあるんですけれども。

巫女さん時の巫女装束が
淑やかで楚々としている分だけ
私服はボーイッシュな感じです。
(たまたまでしょうけどw)

巫女さん姿は素晴らしい。
ミディアムボム系の髪型は
そんなにおかっぱ風ではないものの、
(前髪が水平に揃っていないことと、
髪留めで片側を留めていることから)
それでも和らしいというか
和にも合うというべきか
そういう雰囲気の髪型なので
巫女装束が似合っているわけなので
とても魅力的ですな(><)

私服はちょっと触れたように
ボーイッシュな感じのものです。
ホットパンツ(明るい色のマイクロミニパンツ?)よりは
パンツの丈が長いかなというタイプなので
ホットパンツだと丈が短く
足のラインをこれでもかと強調しつつ、
可愛さをきちんとアピールできるもので
ボーイッシュ系ではないと思うんですけれども、
パンツの丈がそこまで短くないので
ボーイッシュ系の少年らしいスタイルになるかなと。
(ハーフパンツほどじゃないと思うけれども)
ただ、上衣は控えめに女の子らしい感じのもので
そこでバランスは取っているかなという気もしますが(笑)

------------------------------
銀子〈ぎんこ〉CV:芹園みやさん
/予想ヒロイン評価:S

--[公式の紹介文]--
御奈神村で出会う、神秘的な雰囲気を纏った女性。
大部分が謎のベールに包まれていて、銀子という名も本名がどうか定かではない。
孝介のことを一方的に知っており「こうちゃん」と親しげに呼ぶ。
出会うたびに謎めいた発言を残し、わずかに微笑む口元が怪しい色香を残していく。

・・・などと見た目と雰囲気はいいのだが、話してみれば一発で分かるがっかり美人。
セクハラめいた悪戯をするくせに恥ずかしがりや。
「そのほうが面白いから」で孝介を振り回し、
近所の子供たちと遊ぶのが趣味と、
その場のノリと思いつきで行動する自由人。

--[以下・独自(?)のコメント]--

腰より下まで伸びる銀髪が映える綺麗な女性。
西洋風正統派のロングって感じです。

見た目は銀糸の髪が神秘的で静寂な美しさがあって
外見的容姿は物凄く好みであります。
実際の性格は明るく親しみやすいタイプのようですな。
そのギャップの彼女の魅力なのかもしれませんな。

まず私服について。
服装は格好良い系のスタイルが映えるタイプ。
シャツとスラリとしたパンツで
体のラインは出ているものの、
ノースリーブによる腕以外は露出の少ないです。
シャツのボタンもきちんと留めてあり、
胸元とかもきちんと締めてありますからね。

ただ、色気で攻めていない服だけれども
体のライン(全体のシルエット)は出ているため、
女性的な曲線というか柔らかさは表現されており、
女らしさ(女性的魅力)は
充分に出しているという感じですかね(笑)
そういう意味での色気は出しているかもしれませんね。

性格・喋り方・口調云々は
プレイするまで詳細は分かり難いので
予想の段階では大まかに判定しているので
本格的な評価はプレイ待ちってところですな(><)

ヒロインの服装の要素としては
スカート系のほうが好きなんですけど
ほかの衣服でスカート系があるのなら
私服のバリエーションとして
こういうスタイルをはっきりと見せるパンツスタイルも
女性的な曲線美(肢体の柔らかさ)が堪能できて良いなと思いますね。

もう1つの衣装(浴衣)について。
こちらは浴衣と夏の定番的な衣服で
和の雅やかでほのかに妖艶な姿を堪能できるというものです。
妖艶な魅力が漂うかどうかはスタイルや雰囲気などと相談でしょうが(笑)
浴衣で共通の魅力は[和の雅やかさ]くらいでしょうかね。
それ以外はヒロインごとに異なるという気はします(苦笑)

浴衣は全体的にスラリとしたタイトなシルエットが特徴で
特にスタイルを強調するものでもないので、
衣装の雅やかな様相(シルエット)や
涼やかで淑やかな色気を楽しむという感じでしょうかね。
(浴衣の柄や色などもコメントには含んでいます)

ちなみに2次元のイラストだとある程度はスタイル(体のライン)も
出易くはなっているのかもしれませんがね。
2次元に関してはどの衣服にも言えることなんですけどね。
(衣服の種類や描き方にもよるんですけど)
和服の帯は基本的に腰よりも高い位置で留めるものですし、
ラップスカート(巻きスカート)風になっているのも特徴でしょうか、
まあ、巻いてある(?)のは全体ですけどね。
(巻いているという言葉が適切のようには思えないがw)

ヒロインの巫女装束とは異なる和姿の
魅力を充分に堪能できる衣装ですな(><)

------------------------------
高見沙智子〈たかみ さちこ〉CV:青葉りんごさん/
予想ヒロイン評価:

--[公式の紹介文]--
村の商店街にある雑貨屋、タカミ商店の娘さん。
物知りと評判のおばあちゃんと2人暮らしをしており、
よく店番をしている。
勝気な性格でクラスの女子リーダー的ポジション。
内気でおどおどしている翔子の事は嫌い。

考えるよりも動く性格で、後先考えずに手を出すが、
大抵は自爆して痛い目にあっている。

--[以下・独自(?)のコメント]--

腰まで伸びる栗色の髪を
両サイドの一部を纏めて結んで垂らすというツーサイドアップ。
左右の一部しか束ねていないし、
後ろ髪と一緒に垂らしているから
一見するとただのロングにしか見えないってもので、
目立たないもので髪を束ねれば大人っぽくもなるし、
目立つような飾り(リボン)で束ねれば若々しくなる髪型です。
(3次元論も入っている部分はありますが、
基本的には2次元論ってことにしておいてください)
沙智子の場合は大きな髪留め(?)で束ねているようです。
・・・なんていえばいいのか分かり難い髪留めです(笑)
子供っぽくもなり過ぎず、大人っぽくもなり過ぎず、
適度なバランスがいい具合の魅力を与えています。
年齢的には中学生くらいの部類なので
この髪型だと大人びた綺麗さを所々で垣間見せつつ、
少女らしいあどけなさも見えるところが絶妙なバランスです。

制服姿は翔子と同じものなので
ヒロインごとによる魅力は異なりますが
物理的にはほとんど変わらないため説明はしません。
翔子の場合には帽子も合わせて子供っぽい可憐さを出していますが
ちょっとだけ大人びた中学生っぽい色香が
きちんと出ているので良いのではないかと。

------------------------------
稲垣美里〈いながき みさと〉CV:有栖川みや美さん/
予想ヒロイン評価:

--[公式の紹介文]--
翔子と紗智子の担任。
実家が御奈神村にあり、
大学卒業後に先生として戻ってきた。

孝介とは子供の頃に同じ通学班だった事のある仲で、
元ご近所のお姉ちゃん。
クラスメートや友人が地元を出て行く中、
数少ない村に帰ってきた人。
性格は正義感が強く、きっぱりとしている。

子供の頃に大型の獣を間近で見た事があり、今も大嫌い。

--[以下・独自(?)のコメント]--

私服は私服なんだけれども、
ある意味(見た目)ボーイッシュ系の先生らしいさっぱりした私服です。
女性の先生らしくスカートでは
現実(リアル)はよく覚えていないけれども、
イメージ的には教職員も私服とはいえ、
スーツ系で纏めそうですしね。
系と言っているようにスーツだけでなく、
それに近いイメージのもので纏めた場合も含みます。

軽快なTシャツ(?)に
あっさりとしたミニのスカートと
ミニのスカートの割には
色気よりはさっぱりとした印象です。
Tシャツとの組み合わせが
そういう風に見せているんでしょうけれど。

体育で競技は一緒にやるほど(の衣服)じゃないけれど、
軽く指示を出したり、審判をするくらいは
合っているというイメージを受ける私服です。
体育にしても部活動(運動系)にしても
本格的に受け持つにはジャージ姿になるんでしょうけどね。
スカート姿なのにちょっとしたことなら
この私服のままでもいけそうなスポーティなイメージの私服です。
(PC版の公式サイトにはジャージ姿も載っていますし)

==============================
いつもの評価基準は文字数オーバーのため定型文を省略しました(笑)
万が一、必要なら別のギャルゲープレイ前コメントに載っています。
==============================

この記事へのコメント