円卓の生徒-ザ・エターナル・レジェンド-(PSP版)簡易購入報告(店舗別特典付き)

発売日である2012年10月4日(木曜日)に
秋葉原のソフマップ(アミューズメント館)で予約していた
ものを購入してきました(店舗別特典付き)
円卓の生徒-The Eternal Legend[ザ・エターナル・レジェンド]-(PSP版)

自分の好きなもの(個人的に趣味嗜好に合ったもの)の
購入報告もしくは紹介(コメント)をしていく記事です。
このゲームに興味のない方にとっては面白くないと
思いますので読む場合はご注意ください。

最近は特に短時間で書き上げているため
誤字脱字等や雑になっている部分、
見直しもしていないため途中で止まっている文章など
つまり未完成になっていることに気付かないなど
ミスが増えていると思いますのでご了承ください。


このソフトのために秋葉原に寄っているわけですが
この日は買うものが限られていたので
買い物はサッサと終わったと思います。
ただ、漫画・小説の今週分のほとんど購入は済ませていたんですが
やっぱり漫画・小説系でもちょっと見ていこうと思って、
[ソフマップ(アミューズメント館)]の隣にある
[メロンブックス]に寄り道したところ、
予定にない同人誌を購入してしまいました(><)
購入したものは全部イラスト集(本)です。
もちろん、美少女系のものです。
これで5000円ほど吹っ飛びました。
(購入した別の記事で購入報告する予定ですが
色々な事情というほどでもないんですけど画像はありませんが)

更に9月最終週も[美少女イラスト画集2冊購入]して
6000円くらい吹っ飛んでいるわけですが
しかも、これも予定に無い買い物でした(><)
こんな風に散財しているので
こんなんじゃいつになっても「PSVita本体」を
購入できるわけもないですがな(><)
(画集に関しても購入報告をする予定ですが
いつものようにいつになるか不明です
する気持ちだけはあるということでw)

==============================
クリックすると画像は大きく表示されます(元の大きさになる)
↑ある程度、大きな画面がないと意味はないですが(><)
(拡大は出来たりしますが)
画像

画像


◇【画像・①】
PSPソフト円卓の生徒-ザ・エターナル・レジェンド-

早期購入者特典(メーカー特典)オリジナルサントラ&ドラマCD

◇【画像・②】
店舗別特典テレカ(-ソフマップ-)
絵柄ヒロイン:マァリン

==============================
◇「円卓の生徒-ザ・エターナル・レジェンド-(PSP版)」
ファンタジー・ダンジョンRPG。
少しはプレイしましたが本格的にやる余力はありません(><)

------------------------------
==先着購入特典 「スペシャルサウンドトラック&学園ミニドラマCD」==

ミニドラマ「たられば円卓の生徒 学園物」
全9話構成
シーン「転校生・放課後・告白」×以下3ヒロイン分
エルサ編(CV:沢城みゆきさん)
ルーミ編(CV:喜多村英梨さん)
マァリン編(CV:広橋 涼さん)

サントラとドラマ合わせて69分みたいで
単なる先着購入特典にしてはボリュームがありますな。
(ドラマ部分は10分程度ですが
あ~ドラマ部分の内容は聞いてもらえれば全体の
ジャンル[ノリw]みたいなものはすぐに分かるのではないかとw)
価格に反映されない代物ですし、
もらえたらありがたいものです。
大きなショップじゃないと貰えない場合もあるでしょうし、
ショップによっては予約しても確実じゃない場合があるので
どうしても欲しい方は注意が必要です。
発売後に言っても仕方ありませんが(><)

描き下ろしの店舗別特典のショップについて言うのなら
予約さえしていれば確実性は高いと思いますが、
僕の経験値はほとんどソフマップは店頭予約で
メディアランドは通販での予約ですが。
どんなゲームでも付いてなかったことはないと思いますが

いまじんは購入時に選択がありますが
選択した場合に確実に手に入るのかどうか
ゲームによるでしょうしね。
いまじんでの購入は僕の経験もそんなに多くないので。

------------------------------
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
--●【店舗別特典の絵柄について】●--
恒例であるイラストについてのコメントです。
描き下ろしのみ触れていきます。
(↑店舗別特典のために描かれたものということ)
絵柄を見たいのなら公式サイトを見てください。
このゲームだけに限りませんが、
公式(?)のゲーム情報サイトでは
大きな画像で紹介さてれいる場合もあります。

僕自身の嗜好は散々語っていることですが(それでも言いますw)
――以下は毎回、細々と変更しているところはあるものの
基本的に定型文みたいなものです(><)
一度でも見たことがある方はすっ飛ばしたほうがいいかと。
読んだことがなくても絵柄のコメントまでスルーしても構いませんが(笑)
変更している箇所だけを見付けて素早く読むという手も(なんじゃそりゃw)
単なる変更(間違い)探しにしかならないでしょうが、
変更する確率のほうが少ないわけですし、
ソフトごとに変えなきゃいけない部分は直していますが(苦笑)

僕の嗜好だと、比較的、私服や制服のような衣装を好みます。
(更に言うのなら巫女装束やメイド服、ドレスや和服など属性が濃いもの特に好

む。
加えて言うならスカート丈が長いものに萌えます。
フレアやサーキュラー系優雅・流麗・上品・清楚・淑やかみたいなものを好みます)

()内を含めてもまだ物足りなく、語り始めたらキリがありませんが、
僕の萌えはそういうところにありますからね。
ですが、ギャルゲーの[店舗別特典の絵柄]って、どうにも水着系や下着系みたいな
健康的色気やHっぽい系に偏る傾向があるわけですが
これだと[萌え]というよりは[燃え]ですからね。
移植物のギャルゲーに多い傾向はあるようですが、
あくまで傾向であり、移植だけに限らない場合もあります。
(とりあえず、上記(燃え系w)のものでも僕が特に好むものはあります。
清楚な衣装が水にぬれて透けているとか、
露出の少ない衣服が肌蹴て際どくなっているとか、
そういう衣装系のHっぽいものなら悪くないw)
とにかく、上記で触れていたように
濃い属性でなくても私服でも良いわけですが
女の子(女性)らしさの強い衣装は好きであり、
特に清楚・落ち着いた・柔和・清楚・淑やか・上品・可憐・優雅などが
当て嵌まりそうな衣服や雰囲気を特に好みます。
(可愛いとかそういうのは好きだけれども、
強調するのなら上記の言葉になると思います。
ただ、パッと思い浮かばないだけで、ほかにも言葉はあるでしょうがw)

色気は当然嫌いじゃないけれども、そればかりというのも・・・。
それに僕としては衣装系のイラストが好きだし(><)
世間の趣味がどちらに偏っているかは知らんが。
この場合の普通は[衣装]を身に着けているという意味であり、
下着姿水着姿偏っていない萌えに走っているということです。
(「待て、ドレスは普通じゃないだろ」というツッコミはスルーの方向でw)
水着健康的色気下着エロであり燃えで、
[萌え]ではないと個人的(自分勝手w)に区分けしています。
(まあ、根本的にどちらの要素もある意味近しいものではあるんでしょうけどね~)

僕の嗜好上、好きになることの少ない水着姿でも
時にはツボに嵌まるものが来ることもあります(><)
例外はあるということです。
(嫌いと言っているわけじゃないし、例外というほどじゃないかも?w)
――去年、4月購入の「乙女はお姉さまに恋してる2」のタペストリーで
水着だけれども最高に気に入ったといった記憶があります。
まあ、このように自分のそんなに好んでいない系統で
物凄く気に入ることは稀ですが
そこそこ気に入ることは珍しくもありません。

ストーリー中のイベントCGと異なり
物語と脈絡のない絵が用意できるのは
この店舗別特典の絵柄くらいなんですがね。
水着姿は物語中でも入っているような気はしますが。
・・・だからこそ、物語と関係ないロングメイド服(1人関係あるが)や
巫女装束を着せるというのも[あり]だと思うんですけど、
くっ、いちいちテレカ(など)の絵に、
そんなものを着せようと考えるのは僕を含めて一部少数だけか(笑)
そこまで少なくなくても割合が低いのは確かでしょうな。

――普段なら[移植もの]の場合だとと書いていますが
これは移殖ものですが、ギャルゲーではありませんから
まったく当て嵌まらないわけで、
普段の通り言っていきますが、
ギャルゲーの移殖ものは
水着系下着系]のイラストが多いと
常日頃から書いている(ぼやいているw)わけで
水着系下着系など健康的色気にしろ、色気剥き出しにしろ
露出が多いパターンばかりだなと思っているわけですが、

・・・ギャルゲーじゃないだけに
僕好みの萌えイラストが揃っているだけでなく、
しかも、単なる一般向けよりは
美少女が強調されているかなという作品なので
そういう意味でも適度に僕向きですからね~。
(主人公は男女選べますが)
演出というのかシチュエーションというのか、
構図というのか、とにかく色々と
それぞれが魅力的に描かれています。

とまあ、僕の趣味嗜好は上記のように偏っています。
――と締めていつものように絵柄の感想を始めます。

◎【各特典の絵柄について】
店舗別特典の絵師は原作とそれぞれ異なる模様です。

◆「ソフマップ(テレカ)」ヒロイン/マァリン
購入したのはココです。
僕だとしたらやっぱりメイドさんしかないでしょうな。
もちろん、メイドさんなら何でもいいわけでもないですが
(↑自分の嗜好に則って判断していますw)
メイドさんとしてかなり高得点を叩き出しているように思います。
ゲーム内はほとんど知りませんが。

※色々と書いている内に纏まらなくなり、
あさっての方向に行ってしまった気はします(苦笑)

ちなみにゲーム内ではメイドという表記はありませんので
僕が勝手にそれっぽい服を身に着けているだけで
メイド服とかメイドさん扱いしています(><)
「円卓の城、ロンドエールの番人を務めている魔法の人形」
と説明には書いてあります――更には
「転生したばかりの主人公と、生徒たちを助けてくれる頼れる存在。
その正体は謎に包まれている…」
とありますので本当に謎めいています(笑)

コメントはゲームサイトに載っているキャラ紹介ではなく、
店舗別特典のイラストのみに関して触れていきます。
表面的な要素として容姿やメイド服のデザインは激好みですな♪
淡い色の繊細そうな長い髪で儚げな雰囲気の
可憐で控えめな繊細な美貌を持つ美少女といった感じで、
メイド服のデザイン(形状)は上半身の肌を晒さない慎ましく淑やかなもので
下半身はふわりと広がるロングスカート風
長いスカートが捲れて綺麗な脚が大胆に見えてしまっているというのは
程好いエロスの中ではかなり好みのシーンです。
個人的には長いスカートという要素は最重要です。

このシチュエーションは
メイド服というのは至高の極みですが
淑やかとか、清楚とか、雅なとか、上品、優雅、華麗などなど
(色々とあるので適当に言ってみたけど)
そういう種類の全体(上半身の衣服も)のバランスを整えた
ロングスカート系(基本的にはフレア・サーキュラー系)なら
なんでも良いという嗜好ですが。

――ちなみにロングスカートと言い切れないのはちょっとありまして(笑)
このイラストと公式の衣装を比べてみると違うような気もしまして(><)
先ほども言ったようにこのイラストについてのみ触れていきます。

スカートの裏側の白い生地は
スリップ(←スカート部分のみの場合はペチコート)風の裏地なのか
それともスリップそのものでアンダースカートなのか。
絵師やデザインによって設定は変わる部分ですが。
良く見ると、アンダースカート&ペチコート(裏地?)の下に
更にペチコートみたいなものがあるみたいですな。

・・・私的にはスカートとアンダースカートは別々になっていて、
二段スカート風になっているという組み合わせのほうが好みですがね。
その辺の詳細はイラストだけでは判断が難しいため
保留というか不明ということにしておきます。
(※ちなみにゲームだとメイド服のスカートは短めなんですけどねw
このイラストでは僕好みにスカートが長めのように表現されていますな)

とりあえずイラストについて語ると
マァリンは半身を軽く起こしただけの状態で
上半身の慎ましさのある衣装の胸元がちょっとだけ肌蹴ているというもので、
ちょっと起こした頭からスッと床に流れ落ちる髪、
その長い髪はそこ(床)からたおやかに広がり咲き。
大輪に咲くとまではいかないけれど、
雅やかに広がる長いスカートは
露にしている脚をどことなく艶っぽく飾る。
女の子らしく淑やかな弱々しげな儚い雰囲気の仕草、
体を支える右手(腕)の位置や身に乗せる華奢な左手(腕)
女性的に内股風の格好で伸ばすほっそりとした脚線美は
ストッキング(※)に身を包み、大胆に晒しつつ、
片足は脱き欠けでアクセント(?)になっているというもの。
(※このイラストをゲーム情報サイト等の大きめの画像で良く眺めると
足が透けて見えるみたいなので生地が薄いと判断しました。
生地が薄い・薄めであるのならストッキングでしょうから。
ストッキングと同様の長さのソックスなら
オーバーニーソックスより長いサイハイソックスとなるでしょう。
ちなみに下半身全体を覆うものはパンティストッキング[パンスト]
パンストの厚めの生地だとタイツということになるっぽいですな・・・たぶん><
簡潔な萌えアイテム講座でしたw)


頭部を飾るのはお馴染みのメイドカチューシャ・・・じゃなくて
ヘッドドレスというところでしょうか
こういう衣装にはヘッドドレスも似合うというものです。
ゲーム版のイラストを見ると
メイド服風でもあると同時にゴスロリ風でもあるので
ある意味普通とも言えるのかもしれませんね。

スカートは長めのようなそうでないような前面と背面で
捲れただけとは思えないような感じで長さが違うような気も(苦笑)
床に広がったスカートというものはどことなく雅で良いもので
僕好みの萌え光景です♪
長いスカートの背面部分が床に広がって女性的な優雅な美を演出しつつ、
派手に捲れている前面のおかげで可憐な脚が
(↑前面は捲れているということにしておきますがw)
太股辺りまで見えてしまっているというシーンで
かなり際どい境界線にまで及んでいます(><)
長いスカートなのにこんな風に見えてしまうという
こういう状態を「清楚の中の色気」って言うんでしょうな。
――って、僕が勝手に言っているだけですが(汗)
隠されている領域が多いほど清楚・貞淑であり、
普段、ミニで見えているより隠されているものが見えたほうが
色気を感じるというものですな。
普段ミニスカートで太股が常時見えているよりも
ロングスカートが何かしらのアクシデントによって
衣服(スカート)が乱れたり、
ヒロインの動作や仕草・ポーズなどの行為によって
(↑水辺や階段でスカートを持ち上げる、
下腿や太股等に装備した武器を取り出すなどw)

太股まで見えたというシチュエーションのほうが
余程、色気が増す(ありがたみ?が増える)というものです(><)
・・・まあ、あとは人の好みによって
スカートの内側が覗けた時に
ペチコートなり、ストッキング(&ガーターベルト?)なりで
内側が見えた時に嬉しい萌えアイテムで
味付けでもしてあれば更に良いと思えるかもしれませんな(笑)
脚に装備したベルトに武器が見えるというのも萌えの1種です(汗)
(追加アイテムに関しては後ほどまた触れますw)

言うまでもなく「清楚な色気」が良いかどうか、
何が好きかは人それぞれでしょうが、
僕はこんな感じの嗜好をしていますってことで(><)
あえてありそうなものに例えるのなら
こういう嗜好は特殊という気もしますが、
パンモロよりパンチラのほうが良いとか、
見えそうで見えないほうが逆に色っぽいとか
そういう要素とも多少は似ているのかもしれません(笑)
・・・適当に言ってるけど。

まあ、「清楚な色気」という言葉には
下着が見えていない場合のほうが
適切かなと個人的には思っています。
「清楚な色気」みたいなもの自体が流行っていないので
↑この要素自体が個人的みたいなものですけれどね~(><)
見えてしまうと色気というよりはエロみたいなものでしょうし、
萌えというよりは燃え(エロス)で
二次元において下着くらいならささやかな分類になりそうだが
見えることが重要ではなくて清楚な服装で
大胆なシチュエーション(もしくは仕草やポーズ)が大事なわけで
こういうのは本当に好きな萌えです(><)
いやまあ、読者サービスみたいな要素も好きであることは確かですので、
下着が見えるというのも好きではありますが、
チラかモロで内容も変わってくるでしょうが
見え方によって意味合い(エロ)は変わるでしょうしね。
見えても萌えで留めて良い場合もあるかもしれませんな。

前面はスカートの裾が際どいところまで上がっているわけですが
それ自体が清楚な色気で良いわけですが(汗)
――加えて、スカート(裾)が閉じた脚に
食い込んでいて脚のラインを浮き彫りにしているだけでなく、
脚の付け根付近までのラインまで露にしているという
色気の出し惜しみは無く
見えていなきゃどんなにエロティックでも
萌え(色気)であり、燃え(エロ)ではありませんってことで、
こういう組み合わせ(要素)もなかなかに良いかもしれません(笑)
萌えは単体の要素だけでなく、組み合わせによって
色々な魅力を発揮しますし、探すと新たな発見ばかりです。
新たな発見だけでなく再確認も良いものですし、
自分の萌えを確立するのに最適でもあります(><)

色気とはヒロインの魅力みたいなもので
何が良い、好みかは人それぞれでしょうね。
ただ、この場合における色気とは、
ヒロインの総合的な魅力ではなく
衣装・シチュエーションなど色々な要素、
ヒロインの一挙一動などで
常時変動する魅力でもあるでしょうな。
・・・あ~あ、駄目だ。
何が言いたいのか分からなくなってきた。
というか分からなくなりました(><)
言い訳をさせてもらうのなら
途中まで書いて明日に回したら分からなくなりました(苦笑)
ちなみにそういう箇所が何箇所かあったりします。

僕は昔から(7~8年前???)清楚な色気について
何度も言っているような気はしますが
(気にするだけという場合はありますがたぶん言っているはずw)
似たような発言や表現はラノベでも見掛けた気はしますが、
それは以前でも2~3年前だと思いますので僕の発言のほうが先だと思いたい。
元ネタを忘れていると、無意識にパクる可能性もあるので。
上記のラノベに関してはある程度覚えているので大丈夫でしょうが、
それ以外にあったかどうかというのが大事になるでしょうな。

先ほど軽く(?)触れたように
スカートの裏側など神秘の領域の一端
垣間見えるというのも
私的に美味しい(萌え)シチュエーションです(><)
単なる裏地や二段(二重)スカートなら
萌え要素は足りないので別ですが
ペチコート(スリップ)みたいな裏地だったり、
ペチコート(スリップ)みたいな薄地のアンダースカートだと
下着ほどではないにしても
(正確にはペチコートやスリップ等も下着扱いみたいなものですが)
一段階秘めた領域が除けた感じがして
その程好さも「清楚な色気」の1種のようで良いですな(嬉)

――というわけで、軽く纏めると
個人的に「清楚な色気」が好きなので
短いスカートでちょっと見えるよりも
長いスカートである程度見えたほうがいいかな(笑)
足首まで届くスカートで膝くらいまで見えればそれで充分かも。
チラッとペチコートが見えるだけでも良いですけどね(><)

本来のイラストの話に戻りますが、
忘れたと思うので繰り返しますが(コラw)
華奢な胴体、ほっそりとしたウエスト、可憐な手付き、
楚々とした上半身の衣服に、
下半身のふわりと広がったスカートは
心地良く少女を彩り魅了させてくれますが、
更には派手に前面が乱れていて
すらりと伸びる足は上品で美しく儚げで
嫌というほどに僕好みです(笑)
・・・ここで付け加えるのなら
ペチコートorスカートの裾のフリル
二重のスカートorペチコート
美脚と内側を控えめで清廉に飾りつつ、
このイラストでは惜しげもなく表に晒しているわけで
秘めたる領域(スカートの内側)の高貴で可憐な色気を
充分に高めてくれるというイラストです。
――このイラスト(店舗別特典)は
どういったシーンをイメージしたイラストかどうかというのは
あんまり深く考えてもいけないんですがね。
状況や場面は考えないほうが
ヒロインの魅力を映えさせる時もありそうですからな。
日常ではありえない仕草・ポーズみたいなもので良いわけで
決めポーズなんていうのもその1つでしょうな。
グラビア撮影みたいなもので色々と撮影して
映える1枚を見つけるようなものでしょうからね~。
いや、僕はグラビア撮影の何も知りませんがね(苦笑)

意地でもどういう状況(シチュエーション)か考えたほうが
想像がより膨らんで萌えるというのなら、
直球というか、先ほどの内容をダイレクトに変換して
マァリンは撮影みたいな形でこういう仕草(格好)と衣装の状態を指定されて
恥ずかしげにポーズを取って
こんな撮影(写真?)みたいなことをしているというシチュエーションで
いいんじゃないかと思いますがどうでしょう?(><)
いや、撮影って・・・と、世界観とかそういうものは考えてはいけません(笑)
どうせゲームでありえない状況ならなんでもありということで。

後ろに倒れたからとか、寝ていたところを起きたとかでも
こういう仕草や衣装の状態は難しい気はしますし(笑)

(※最後にペチコートについて[たまにある衣装萌え講座]
ペチコートはパニエと混合されると書いたことがありますが
上記二つがセットになっていることがあるから混合されるだけで
本来は別々の代物なわけです。
古来はどうかは知りませんが近代から現代は
こんな感じの役割だと思います。
ペチコートはスリップのスカートのみのものであり、
スカートを膨らませるという効果はほとんどありません。
↑シルエットを整えるという役割はゼロではありませんが、
パニエなどと組み合わせないと些細なものです。
――強引にペチコートを何重に重ねたり、
サーキュラーのようにフレアをたっぷりとさせて
少しでも膨らみを出そうとすることを
現実にやったりするかどうかは不明ですが
多少はシルエットも良くなるかもしれませんw
スカートの履き心地というか滑りを良くするためだったり、
同様に静電気を防ぐためだったりします。
こんなことは資料を揃えなくても、今はネットで簡単に調べられるわけですが
萌えに興味がある人や二次元美少女絵師・ラノベ系小説家とかは調べたりするんでしょうね。
流石に男で実物を調べる人は滅多にいないでしょうけれどw)


◆「メディアランド(ブロマイド)」ヒロイン/エルサ(エルサリア)
こちらもゲームのイラストは置いといて
ブロマイドのイラストのみについて語ります。
特に公式サイトの紹介を調べないで
見た目(容姿)と雰囲気という印象だけで書きます。
しかも、この店舗別特典のイラストで。
本来の絵柄もゲーム雑誌などで見たりはしていますが(笑)

華やかな長い金髪に水色の爽やかなリボンを組み合わせ、
優雅で上品な上衣に
可愛らしいミニのプリーツスカートだが
黒ということもあって落ち着いて上品な魅力もあり
上衣とは方向性の異なる気品な魅力で味付けされています。
上衣は水色と白の組み合わせて、
とても清廉で清純な印象と
落ち着きのある黒とは同じ気品でも違うわけで、
同じ要素(上品)なのに、
二つの異なる組み合わせのバランスが素晴らしく
本当に魅力的な衣装ですな。
単純にこの衣装とヒロインの魅力だけでも良いですが
更に杖というアイテムが加わることによって
ファンタジーらしさが加わり、
高貴で清廉な魔法使いの娘って属性が高まって
より魅力的には感じられます。
可憐な魔法使いというのは
魔法使いというものがそもそも肉弾戦に弱く、
ひ弱なイメージもあるので、物凄く合いますから
要素が絡み合ってヒロインの魅力UPに繋がるというものです(><)
杖を構える(魔法を撃つために)のも良いですが
こうして杖を持つ仕草(持ち方)も
これはこれで別の味わいがあって良いですな。
ハニーブロンドの可憐な彼女に似合うというものです。
武器だとしても戦うために持っているのではなく、
日常(?)の中で持つ仕草っていうのも萌えの1つですからね~。
(気を抜いた状態で、という意味です)

ちなみに大まかにはファンタジーらしい衣装ではありますが、
二次元なら辛うじて現代の普段着でも行けそうな気もします。
まあでも、それぞれのデザインの各要素的には現代で可能でも
総合的に見てしまうと難しいという気がしないでもありませんが(笑)
絵師のタイプによっては基本的にフリル系たっぷりだったりという方もいるので
普通にお嬢様系の衣装として現代でもいけるでしょうけどね(><)

プリーツスカートが緩やかに静かに舞っている光景は
女の子の魅力を彩る萌えシチュエーションの1つですな。
スカートの派手に翻っているわけでもないので
スカートの中が一切見えそうとかそういった要素もないのに
萌えるのはちょっとした仕草の1つと同じで、
ヒロインの女の子らしさ(魅力)を感じるドキッとする
光景(1枚)ということでしょうな。

スリーブ(腕)はトランペットスリーブもしくはコルネットスリーブで
袖先になるほど広がっていくタイプのスリーブで
更には袖の先にフリルが付いている女の子らしいもので
元々可憐で清楚な容姿をしているエルサに
良い具合に可愛さと可憐さが加わっている衣装です。
広がる袖もスカートのようにフワリと舞っていて
女性的な優雅な様子を高めていて良いものです(><)

先ほどのヒロイン(マァリン)同様に
ストッキング(脚の付け根付近まで覆うソックスのこと)か
オーバーニーソックスもしくはサイハイソックス(ストッキング並に長いもの)を
身に着けているようです。
上衣に合わせて清廉な水色と
マァリンのメイド服に合わせた黒のストッキングとは
また異なった魅力のある着飾るアイテムですな。
このイラストでは全身を見れないので
珍しいパステルカラーのストッキングを身に着けた姿を
味わい尽くすことは叶いませんが
見えないところは想像を膨らませて補いますか(笑)
・・・本音を言えばイラストで見たいけど(><)

◆「いまじん(図書カード)」ヒロイン/ルーミ(ルミーナ)
実はこのイラストの感想を書いている時点では
既に公式サイトのキャラ紹介絵や
ゲーム付属のキャラ紹介に目を通しています。

ほかのイラストと比べて絵柄もあって余計に
容貌は綺麗系という気もしますが
表情と髪型によって可愛らしさが際立つイラストとなっています。
あまりにも女の子っぽい仕草で、
しかも、女の子座りというポーズで
引き込まれるような強い瞳で上目遣い(視線が上)というもので
愛剣を大事そうに抱える姿はなんとも言えないほどに可憐です(><)
本来なら非力な魔法使いの女の子に似合いそうなポーズですが
(せめて軽い細剣を扱うようなタイプ)
武器を持ちつつも闘う姿に相応しくないポーズというのも
これはこれで良い味かあって、
個人的嗜好では萌えとして素晴らしいと思います(笑)

本来はイラストのような上衣に
(上衣もそこそこに肌を覆っている部分が減っているようですがw)
前面のみが空いたドレスのようなロングスカート(オーバースカート)に
プリーツのようなフレアのようなミニスカート(アンダースカート)
という出で立ちですが、このイラストに限っては
それらはまともに身に着けていないという状況です(><)

アンダースカートはペチコートのような薄地のものでなくても
この名称は使って良いみたいなので、
スカートの下に穿いているスカートのようなものなら
なんでも良いということでしょうね。

ほかのイラストは
ふんわりとした優しい可憐さや(マァリン)
独特の柔らかいタッチが可愛さを演出する(エルサ)のが特徴でしたが
このイラスト(ルーミ)は[美]少女が際立つ絵柄ですな。
どれが良いかはそれぞれの良さがあるので
それぞれに好みなのでどれが良いとは一概に言えませんが
ゲームのほうのイラストも別の味わいがあり、
絵柄で色々な魅力があるなと思いますね。
普段は多少なりともこっちのほうが
若干好みかなというのがあるのが普通ですが
今回はそういうのもないですな。
ヒロイン自体の好み、衣装などの要素で
仕草・ポーズ・シチュエーション等で
順位は付けていますけれども、
甲乙付けがたい部分がありますな。


==============================
応援バナー/(PSP版ゲーム公式サイト)




==============================


この記事へのコメント