そらいろ Portable(PSP版)簡易購入報告(店舗別特典付き)

発売日である2012年9月6日(木曜日)に
メディアランドの通販で
予約していた限定版が届きました(店舗別特典付き)

自分の好きなもの(個人的に趣味嗜好に合ったもの)の
購入報告もしくは紹介(コメント)をしていく記事です。
このゲームに興味のない方にとっては面白くないと
思いますので読む場合はご注意ください。

最近は特に短時間で書き上げているため
誤字脱字等や雑になっている部分、
見直しもしていないため途中で止まっている文章など
つまり未完成になっていることに気付かないなど
ミスが増えていると思いますのでご了承ください。


どうでもいい話ですが
今日は有休を取っていて休みだったりします(><)
今週も3連休、来週も祭日ありで3連休と
溜まっているものがどこまで消化できるか
小説の執筆もというか、ネタの構築中と
基本について熟考中なんですけどね(笑)

ただ、土曜日に祭日が重なっている日もあり、
有休を取ってもお得感はありませんが(><)
今年は土曜日に重なることが多めなんですけどね~(苦笑)

==============================
クリックすると画像は大きく表示されます(元の大きさになる)
↑ある程度、大きな画面がないと意味はないですが(><)
(拡大は出来たりしますが)
画像

画像


◇【画像・①】
PSPソフトそらいろ Portable(画像内・右)

限定版BOX(画像内・左)
限定版内容①特製ブックレット(画像内・中央上)
限定版内容②ドラマCD(画像内・中央下)

◇【画像・②】
店舗別特典ブロマイド(-メディアランド-)
絵柄ヒロイン:篠原花子(描き下ろし1枚・画像内右側)
(ほかオリジナル3枚・画像内左側)

左側のトップに来ているブロマイドは
とあるルートのお淑やかバージョンの花子ものだと思われる。
知らない方にはなんのことかさっぱりでしょうが
知らない方はこの記事を見ていないと思うことにしよう(笑)

------------------------------
http://hp18.0zero.jp/288/43042/(攻略サイト/サイト名・ラキオス王国)
いつも紹介する恒例の攻略サイト(ギャルゲー)です。

僕みたいに小説でも味わうような気分で物語を楽しみたい、
攻略を気にせず物語に没頭したいなどなど
ゲーム性の部分に楽しまないという方など
自分のプレイスタイルに合わせて必要ならば
攻略を活用してみるのもいいかもしれません。
単に攻略するのが面倒くさいとかでも自由ですが(笑)

単なる小説と異なり、ヒロインごとの分岐があるわけで
選択肢がないということは無いですからね(簡単な場合はあるが)
複数のヒロインがいることがギャルゲーの醍醐味でもありますから
分岐が無いというのも困ってしまいますしね~(><)

限定版の特製ブックレットには
しっかりとした攻略のフローチャートが載っていますが
限定版がないと手に入りませんからね。

ちなみにこれで見ながらやるのも簡単なんですけど、
なんというか自分で道筋を決めるよりも
攻略サイトで決められた選択肢を選んでいったほうが
手間が省ける場合もありそうです。
(どこまで面倒くさがりやなんだw)

==============================
◇「そらいろ Portable(PSP版)」
子供時代の出会いとヒロインたちとの交流によって
現在のヒロインたちの性格や環境が変わるアドベンチャー(恋愛ノベル)
↑自分で特徴を決めて書いてみたものの上手く表現できていません(><)

恋愛アドベンチャー系の基本は主人公の地の文(一人称)タイプの小説と同じことがほとんどです。
そういう小説にイラスト・音声・BGMなどを付け加えたものだと思えば良いです。

--予定攻略順--
・・・予定攻略順の書き方が分からん(笑)
同一ヒロインで3ルートありますからね~。
判断材料もありませんし、
同一ヒロインの場合はどう決めていくか
普通ならメインルートから行くべき?
まあ、そういうのとは無関係に、
篠原花子(お淑やかバージョン・サブルート/初芝愛衣メイン時の世界)の
攻略が1番最初ですかね(><)

お淑やかルートは彼女の貴重な可能性というものであり、
ほかのルートはやかましいままというのが大事なんで良いんですけど、
お淑やかルートはサブルートだけにイベント(ボリューム)が少なそうなところが
気になる点でしょうかね。
(全部お淑やかだとただのお淑やかキャラですし、
ギャップもありませんしね。
ん?・・・ギャップをより認識するためにも
やかましいバージョンを先にクリアするべきか?w)

なにんしても、やっぱり先にそこにいくのかという感じですが
それが僕の趣味嗜好ですからね~(笑)
上記()内で書いたようにギャップを堪能するために
やかましいバージョンの1つを
先にクリアするべきか迷うところです。

後のヒロインについてはじっくりと考えます。
全ルートクリアする予定ですが、
来週にはほかのゲームも発売するので
厳しいスケジュールになりそうです(><)

というか、ここから4週連続(これ含めて5週連続)で
購入する予定のゲームがあるというのはどうしたものだろう(笑)
買いたいゲームとプレイする時間の余力が合わないですな(><)
祭日や有休含めてどこまで進められるか・・・。
一気に発売されるよりは
その週は購入したゲームに集中できますが、
1週間でどうにか出来る訳でもなく、
ゲームがたまってくれば迷うわけですよね~。

プロ野球のない時期で、
ゲームのみに集中すればまだ少しはなんとかなりそうですが
趣味はゲームだけでもありませんしね。
ほかの趣味が多過ぎ(><)
アニメ録画しすぎ、小説買い過ぎってやつですかね・・・(汗)
毎度愚痴っていることですけど(笑)

------------------------------

限定版の特製ブックレットには攻略情報だけでなく、
ヒロイン紹介で各ヒロインの衣服も載っていて
つばめの私服姿は2種類とも
スカートが長いタイプではありませんが
清楚というか、清純というかそういうタイプの私服であり、
ちょっと気品も感じられるもので僕好みですな(片方は特に)

==============================

恒例の店舗別購入特典の絵柄コメントに移る前に
無関係の話を挟みます(><)

通販で買ったので秋葉原に行かなかったかと思えばそうでもなく
実は前日に秋葉原に向かっていまして
そういえば、8月は1回も秋葉原に行かなかったような気もします(笑)
9月は毎週、秋葉原に行くことになりそうなんですけどね。

・・・発売日の前日(9月5日)に
目的のCD[μ’s-ミューズ-/5thシングル]
(ラブライブ《スクールアイドルプロジェクト》)
買いに行くのに池袋(とらのあな)ではなく
わざわざ遠めの秋葉原に出向いたわけです。
それはゲームを予約するためだったんですけれど、
9月調子に乗って現地(秋葉原)で予約し過ぎました。
もっと通販に頼っても良かったんですけどね。
いや、それなりに通販で予約しているとは思いますが、
購入量が多いことと、上手い具合に発売日が散らばっている
毎週買いに行く羽目になる原因でしょうかね。

[μ’s-ミューズ-(ラブライブ!)]について
シングルCDにダンス&ストーリーカットのショートアニメDVD
付属しているのが特徴ですが、
無関係の記事でμ’sに関連する声優さんが出ている度に
この件について軽く触れてきましたが
やるやると繰り返し要っておきながら
結局はやらないまま日々が経過していったわけですが
遂に紹介と感想を本格的に開始しました。
ちまちまとやっているので完成は早くはないと思いますが
その報告だけをしておこうかなと思いまして。
まったくの無関係の記事で報告するのもどうかと思いますが
日記的な記事がないため、
無関係の記事に無関係のことも挟むことも少なくありません。
日記的な内容で別途に記事を用意するというのも
僕としてはなんだか釈然としないもので。
(――本来は日記的な内容で良いはずなんだがw)

画像

――というわけで、
これが購入した[μ’s-ミューズ-(5thシングル)]と
ソフマップの購入特典のポストカード(画像内・右)です。
ここでは紹介&説明はしないので
知りたい方は公式サイトへどうぞ(笑)
http://gs.dengeki.com/lovelive/(公式サイト)

------------------------------
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
--●【店舗別特典の絵柄について】●--
恒例であるイラストについてのコメントです。
描き下ろしのみ触れていきます。
(↑店舗別特典のために描かれたものということ)
絵柄を見たいのなら公式サイトを見てください。

僕自身の嗜好は散々語っていることですが(それでも言いますw)
――以下は毎回、細々と変更しているところはあるものの
基本的に定型文みたいなものです(><)
一度でも見たことがある方はすっ飛ばしたほうがいいかと。
読んだことがなくても絵柄のコメントまでスルーしても構いませんが(笑)
変更している箇所だけを見付けて素早く読むという手も(なんじゃそりゃw)
単なる変更(間違い)探しにしかならないでしょうが、
変更する確率のほうが少ないわけですし、
ソフトごとに変えなきゃいけない部分は直していますが(苦笑)

僕の嗜好だと、比較的、私服や制服のような衣装を好みます。
(更に言うのなら巫女装束やメイド服、ドレスや和服など属性が濃いもの特に好

む。
加えて言うならスカート丈が長いものに萌えます。
フレアやサーキュラー系優雅・流麗・上品・清楚・淑やかみたいなものを好みます)

()内を含めてもまだ物足りなく、語り始めたらキリがありませんが、
僕の萌えはそういうところにありますからね。
ですが、ギャルゲーの[店舗別特典の絵柄]って、どうにも水着系や下着系みたいな
健康的色気やHっぽい系に偏る傾向があるわけですが
これだと[萌え]というよりは[燃え]ですからね。
移植物のギャルゲーに多い傾向はあるようですが、
あくまで傾向であり、移植だけに限らない場合もあります。
(とりあえず、上記(燃え系w)のものでも僕が特に好むものはあります。
清楚な衣装が水にぬれて透けているとか、
露出の少ない衣服が肌蹴て際どくなっているとか、
そういう衣装系のHっぽいものなら悪くないw)
とにかく、上記で触れていたように
濃い属性でなくても私服でも良いわけですが
女の子(女性)らしさの強い衣装は好きであり、
特に清楚・落ち着いた・柔和・清楚・淑やか・上品・可憐・優雅などが
当て嵌まりそうな衣服や雰囲気を特に好みます。
(可愛いとかそういうのは好きだけれども、
強調するのなら上記の言葉になると思います。
ただ、パッと思い浮かばないだけで、ほかにも言葉はあるでしょうがw)

色気は当然嫌いじゃないけれども、そればかりというのも・・・。
それに僕としては衣装系のイラストが好きだし(><)
世間の趣味がどちらに偏っているかは知らんが。
この場合の普通は[衣装]を身に着けているという意味であり、
下着姿水着姿偏っていない萌えに走っているということです。
(「待て、ドレスは普通じゃないだろ」というツッコミはスルーの方向でw)
水着健康的色気下着エロであり燃えで、
[萌え]ではないと個人的(自分勝手w)に区分けしています。
(まあ、根本的にどちらの要素もある意味近しいものではあるんでしょうけどね~)

僕の嗜好上、好きになることの少ない水着姿でも
時にはツボに嵌まるものが来ることもあります(><)
例外はあるということです。
(嫌いと言っているわけじゃないし、例外というほどじゃないかも?w)
――去年、4月購入の「乙女はお姉さまに恋してる2」のタペストリーで
水着だけれども最高に気に入ったといった記憶があります。
まあ、このように自分のそんなに好んでいない系統で
物凄く気に入ることは稀ですが
そこそこ気に入ることは珍しくもありません。

ストーリー中のイベントCGと異なり
物語と脈絡のない絵が用意できるのは
この店舗別特典の絵柄くらいなんですがね。
水着姿は物語中でも入っているような気はしますが。
・・・だからこそ、物語と関係ないロングメイド服(1人関係あるが)や
巫女装束を着せるというのも[あり]だと思うんですけど、
くっ、いちいちテレカ(など)の絵に、
そんなものを着せようと考えるのは僕を含めて一部少数だけか(笑)
そこまで少なくなくても割合が低いのは確かでしょうな。

移植もの]の場合だと、
水着系下着系]のイラストが多いと
常日頃から書いている(ぼやいているw)わけで
水着系下着系など健康的色気にしろ、色気剥き出しにしろ
露出が多いパターンばかりだなと思っているわけですが、
・・・これは移植系なので、その傾向はあるっぽいですが
どことなく表現は抑え目に感じられます。
絵師の絵柄の雰囲気もあるんでしょうかね。
それともシチュエーションが若干控えめになっているのかな?
僕の最も求める趣味嗜好からは外れているものも多いけれども、
趣味嗜好に合ったものも1枚見付かりましたし、
衣装は僕の求める萌え系ではないのに
仕草とか表情との衣服のバランスが意外に良いです(笑)

とまあ、僕の趣味嗜好は上記のように偏っています。

◎【各特典の絵柄について】
◆「メディアランド」ヒロイン/篠原花子
ブロマイド(描き下ろしは1枚)
購入したのはココです。

テニスして疲れたのかベンチに座って、
休憩しているという光景。

僕の場合は、エロティックな格好よりも
きちんとした衣装のほうが好むわけですが、
このイラストにはそれだけでは終わらない
圧倒的な魅力が秘められていました。
(僕の趣味嗜好による、僕の談にすぎませんが><)

楽しげで明るそうな表情が眩しく輝いていて、
爽やかに足を組んで、肘をベンチに掛けて
スポーツドリンクを手にして寛いでいるという
ざっくばらんな仕草は運動している健康的な
女の子っぽさが漂っていて魅力的です。
可愛いとか綺麗とかというものが
強調されているわけではありませんが
なんか良いよね、と言いたくなる光景です。
青春の一ページという感じで
ヒロインの魅力が堪能できます。

ウェアの袖から、スカートの裾から
大胆に晒した(――って、衣装的には普通なんでしょうけどねw)
手足は健康的で眩しい色香に包まれていて、
女の子らしい手足のラインも存分に拝めます(笑)
適度に体のラインを浮き彫りにするシャツに
女の子の可愛らしさを高める
プリーツの質感(折り目のひらひら感)と
折り目の裾のラインは元気な華やかさを披露しています。
麗しい両脚と裾の隙間から覗くスコートは
(下着ではなくテニスウェア姿なのでスコートだと思いますが)
こういう格好でのお約束的なパンチラであり、視聴者サービス、
スポーツウェアですとはつらつとした色気といったところでしょうかね(><)
大胆に見えてしまうよりはチラッと見える程度のほうが味があります(汗)

普段、僕は見えそうで見えないのも良いと言うものの、
スカートが元からこんなに短いと
既に見えそうで見えないような状況であり、
見えそうで見えないという表現は難しいです。
それにポーズで見えそうで見えない演出をしようとしても
こういう普通のポーズではそれも難しいですから、
サービス的に色気を出すにはチラ見せしかありませんからな。

こんな要素に対してどうして僕はこんなに語るってどうなんだ?
と思わないでもないですが、これから僕ですからね。
そういう趣味嗜好をしている宿命と言いますか、
友人には巫女好きメイド好きくらいは簡潔に言うくらいですから、
こんな風に趣味丸出し・剥き出しにして語るのはブログの中だけですよ。
まあ、ここくらいは暴走してもいいんじゃないかという気分でやっています。

同一趣味以外の人が読んだら(読むことはないと思うが)
100%引くような内容ですな(苦笑)
――もちろん、同一って言っても
完全な同一はかなり難しいので
僕の同じ部分には萌えないとしても
そこは違うけれど、ほかの要素で萌えるのがあるから
彼にとってはその要素が自分のあれみたいなものなんだろうなという
ある程度の理解が得られますからね(><)

――髪型について、
似たようなことはプレイ前コメントにて語っていますが
ツインテールって子供っぽく、
もしくは年下風の表現で使われることが多いですが
(ヒロイン自体は後輩ですが、容貌・見た目として)
年下風でも大人っぽくでもないバランスの良く魅力を高めた
ツインテール姿が物凄く魅力的に見えます。
物凄く素晴らしいです(嬉)

最後に絵柄を選んだ時には
どれでも良いかなっていう気分だったんですので
コメントも簡潔になるはずだったんですけどね。
(最初は適当にソフマップで予約していたのでw)
絵柄はじっくりと確認する必要がありますな。
そういないとヒロインの(絵柄に)秘められた魅力には
気付かないで後で後悔することもあります。
最初は軽く見ただけで、パッと見であれがいいかなと決めて
これは素通りでしたけれど、
最終的に花子(このイラスト)の魅力に嵌まりましたな。
このイラストの虜になってますよ。
何が良いって、それは上記コメントに書いた通りです(笑)
お淑やかバージョンは物凄く好きですけれども、
花子はそれだけで終わったら物足りないわけですな(><)

――おまけに描き下ろしではないイラストに触れますが
篠原花子が髪を下ろしてあるバージョンのイラストは
たぶん、普段のうるさい後輩のものではなく、
同一人物ですけど、色々と説明しているように
とあるルートで子供の発言(?)に影響を受けて
お淑やかに変化していった篠原花子でしょうね。

◆「ソフマップ」ヒロイン/初芝愛衣
テレカ。

愛衣が自宅のベッドの上に座って、
水着に着替えている(?)という光景。
・・・実際の状況は不明ですが。

程好い斜めカメラ視点が良い顔立ちと表情を映しています。
可憐にちょっと大人っぽい感じで、
後に紹介するいまじんのイラストだと
子供っぽい表情が強調されていますからね。

ほっそりとした肩幅、華奢な腕、
胸は控えめなんでしょうけど、
脇下から締まっていくウエストのラインや
そこから柔らかく広がるヒップのラインは充分に
女性としての色気を醸し出していますし、
そのラインによるシルエットは
嫌というほど女性の美を表しています。
(僕自身が胸フェチではないですから
拘りがないっていうのもあるんでしょうけどねw

足の構え方(組み方)というか
ほんのりと内股気味で軽く膝を曲げた仕草が
女っぽいじゃなくて、女の子っぽい仕草が萌えポイントです。
可愛く程好い色気が半端じゃなく萌えます(><)

僕にはスクール水着趣味はないので
触れなくても良い部分ですが
(たまにそんな趣味なんて持ち合わせていないのに
引き込まれてしまうような絶妙なスクール水着姿もあるにはあるがw)
紺系という強い色合いと水着の生地による光沢感のバランスが
妙にエロティックに見せているようにも感じます。
そこは良いポイントです。

ピンクのカーテンにベッドのシーツ、枕カバーと
女の子らしい女の子という感じの部屋ですな。
それがヒロインの中で1番似合う女の子ですけどね(笑)
これに過剰な装飾が付いていたとしたら
女の子らしさを超えて、乙女チックといったところでしょうが(笑)
まあ、ピンク程度なら適度と捉えるのは
2次元の見過ぎという気もするが(><)

最初はここの絵柄を購入しようとしただけあるというか
それだけの凄い魅力に溢れています。

◆「ゲーマーズ」ヒロイン/友坂つばめ
テレカ。

シチュエーションが読み取れませんが(笑)
店内というレベルの高い場所で
つばめが裸エプロン状態という
カメラ目線は側面からというもの。

裸エプロンの趣味はないけれど、
嫌っているわけではありませんから
私的に良いところが見付かれば褒めます(><)
・・・裸エプロンについては
8月発売の「この部室は帰宅しない部が占拠しました。」で
コメントしたばかりですが、
余裕があるのなら似たようなことを何度でも言います。
余裕がない時は省いて楽をします(笑)

裸エプロンで側面から見るというのも
なかなか味があるというか結構マニアックな視点ですな。
私的な嗜好により、つばめのこの隠そうとする仕草があるから
良いと思えるんでしょうけど。
この構図、スタイルの良さは際立ちますな。
エプロンである程度、隠れそうなところも
きっちりと浮き彫りになっていますからね。

つばめは容姿的に美人と可愛いの中間タイプで
バランスの良さに長けている容姿ですが、
髪型や顔立ちの影響で
ふんわりと柔和な雰囲気となっているわけですが。
そんなつばめはちょっと身を屈めて
左腕全体で胸を隠すようにエプロンの生地を押さえて、
右手で閉じた両足の間に生地を押し付けて
大事なところをきちんと隠そうとしているという仕草。
大胆とか堂々と見せ付けられるよりも
こういう仕草があったほうが色っぽく感じるわけですが(笑)
・・・いやまあ、そんなのは人によるんでしょうけどね。

それで困ったような感じで微妙に苦笑い(?)という表情です。
恥すかしそうなのも混じっているような気はしますが
気がすると言っているぐらいなのでほんのりとした味付け程度です。
・・・どんなシチュエーションなのか分からない(><)
くそ、どんな状況なんだ、気になるじゃないか(笑)

こういう場面だと恥ずかしそうにするというのが
もしくは堂々(?)しているというのがパターン化していますが、
困ったような顔というのは珍しいパターンですな。

これはこれで困っている面持ちが
なんともいえず萌えるわけですが。

背面には結び目のように飾り、
腰のラインを強調しているアイテム、
幅が広く、帯のようなものですが
アンバランスさが妙にマッチしていて
不思議な色香が漂います。

このエプロンにしても、
本来は店のウエイトレス用なんでしょうが
この帯はウエストのラインをきっちりと出して、
その腰の細さを強調するためのものだと思いますが
(↑胸から腰に掛けて細くなり、
腰から尻に掛けて柔らかく広がるというラインは
その組み合わせがあってこそ
腰のラインが活かされるわけですが)
腰を強調することで胸〈胴〉のラインをより綺麗に見せたり、

同様に腰のラインを見せることで
ヒップのラインやスカートの広がるシルエットを演出し、
衣装によって異なりますが、
ヒップ(タイトスカート)のラインを綺麗に見せるか、
ヒップのラインから広がっていく(フレア系)シルエットを綺麗に見せるか、
(スカートのデザインによって変わるため
何が高まるかは変わるため細かくは言えませんが
本来、つばめの着ている衣装が分かるのなら
それを基本に言うところですが、
公式サイトでは子供の時のイベントCGですし、
全体[全身]が見えず、微妙にしか分からない
イベントCGしか載っていないのでw)
より色っぽく、より可愛く、より可憐に、より優雅に
女性的なシルエットを見せ付けるわけですが
裸エプロンに帯だけだと、流石に上記の美を高める
本来の機能や役割を果たしていない気がします。
そのためアンバランスと記したわけです(笑)

本来の機能や役割を使ってもらったほうが
僕の好みには当て嵌まると思いますけれど、
個人的に面白い(?)ポイントだったので
話題に挙げてみました(><)

◆「いまじん」ヒロイン/初芝愛衣
図書カード。

上は制服姿で下は水着(下着)姿で
風呂場で真剣に(?)何かを洗っている様子のもの。

真剣な感じなのか、
子供っぽい表情が強調されている感じです。

仕草は女の子座りと可愛い感じが良いのは言うまでもなく(笑)
足のラインを隠すものはないため、
美麗な腰から尻、綺麗な足のラインが
惜しげもなく晒されています。

これ以上、触れるところはないかな。

下半身の衣服が水着なら
若さを強調した大胆で健康的な色気を
押し出したものでしかありませんが
もし、これがショーツだというのなら
こんな色の生地ですが、
かなり大人な感じなデザインになりますな。

大胆なビキニと大胆な下着じゃ
下着のほうが見えない代物なのに
より大胆で大人向けな感じがするのはなぜでしょうね。
普通は逆のはずなんだけれど(笑)
深く考えても分からないのでやめておこう(><)

==============================

そらいろ Portable (限定版:ボイスドラマCD・ブックレット同梱)
サイバーフロント
2012-09-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by そらいろ Portable (限定版:ボイスドラマCD・ブックレット同梱) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


そらいろ Portable(通常版)
サイバーフロント
2012-09-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by そらいろ Portable(通常版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント