漫画&小説2012年8月⑤-購入記録-

タイトル通り漫画や小説(ジュニアノベル)の購入記録です。
(普段なら購入[報告]ですが、いつもより更に簡潔なので
購入[記録]とすることにしました)

漫画と小説の購入報告はこの記事タイトルの時に行いますが
漫画や小説、どちらかを購入しただけでも
このタイトルになりますので
両方購入しているとは限りません。
ちなみに本当に購入報告だけで
感想らしいことは何も書きません。
今年は読んでいる時間も減ってきているので。
(それでも以前は少しは書こうとしましたが
やっぱりそう思うと読むまで待つ必要があり、
更新が停滞してしまいましたので
本当にコメントを書かないことが増えると思います
購入したものを全部載せられるかは不明なので
気が向いた時だけ載せるようにしますので)

タイトルは購入した時期というか、
メモ帳に購入したものを記載したタイミングなので
発売月などと合わないこともあります。
発売時期に購入していない場合もありますので。

ライトノベルと書いてしまうと、
2次元絵の18禁系小説も含まれるようですので
それと明確に区別するため
ジュニアノベルという用語を用いています。
ただし、僕が勝手に使っているだけですがね(><)
(それにジュニアという言葉を用いるともっと下のイメージになりそうな・・・)

恒例の全てに共通の注意事項ですが
自分の好きなもの(個人的に趣味嗜好に合ったもの)の
購入報告もしくは紹介(コメント)をしていく記事です。
興味のない方にとっては面白くないと
思いますので読む場合はご注意ください。

最近は特に短時間で書き上げているため
誤字脱字等や雑になっている部分、
見直しもしていないため途中で止まっている文章など
つまり未完成になっていることに気付かないなど
ミスが増えていると思いますのでご了承ください。


==============================
クリックすると画像は大きく表示されます(元の大きさになる)
もちろん、大きい画面で見られる場合に限りますが(><)
画像

画像

画像

画像



◇【画像・①】
[“末摘花”ヒカルが地球にいたころ……⑤(特装版)]ファミ通文庫
特装版内容①特装版ケース(画像内・左)
特装版内容②文庫(画像内・右)
特装版内容③ドラマCD(画像内・やや左)
特装版内容④ポストカード画集(画像内・やや右)
特装版内容⑤しおり&ミニマウスパッド(画像内・中央)

◇【画像・②】
[彼女と僕の伝奇的学問]メディアワークス文庫
[万能鑑定士Qの攻略本(ファンブック)]角川文庫
[ふたりの距離の概算]角川文庫
[珈琲店タレーランの事件簿~また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を~]宝島社文庫

◇【画像・③】
[黒鋼〈くろ〉の魔紋修復士〈ヒエラ・グラフィコス〉3]ファミ通文庫
[学校の外階段2]ファミ通文庫
[ぜんぶ彼女に「視」られてる?]ファミ通文庫
[正しい魔導の使い方-blood×blood-]KCG文庫
[レイセン File5:キリングマシーンVS.]角川スニーカー文庫
[子ひつじは迷わない 贈るひつじが6ぴき]角川スニーカー文庫

◇【画像・④】
[むねあつっ]小学館
[ナナマルサンバツ/4巻]角川書店

==============================
僕は購入してから読み始めるまでに日にちが掛かることも多いのに
買ってから間もないため内に購入記事を載せるようにしているため
ほとんど読んでいないので、コメントのしようもないんですが、
触れたいものだけ物凄く軽くコメントしていきます。
(たまに多めにコメントしますが)
ギャルゲーでも言っているように
ここでも僕らしく好きなヒロインについて軽くは触れてみようかなと。
・・・帯を外してある小説は優先して読むという意思表示というか
そうやって意志を固めておかないと迷いそうなので(笑)
最優先で読むものや写真を撮る時点で読んだものははずしていない場合もあります。

◇「“末摘花”ヒカルが地球にいたころ……⑤(特装版)」
特装版には色々と付いていますが
基本的にはドラマCD狙いです。
価格は2500円+税です。
高いといえば高いですけれど、
ドラマCDっていうと単体で3000円くらいしますし、
小説にそれ以外も含まれていると考えると、お得感もあります(><)
確認していないためボリュームは確認していませんが。

[やはり俺の青春ラブコメは間違っている③]のドラマCD封入版では
結構なボリュームでしたけどね。
いやまあ、比較としてはレーベルも何も共通点はないんですけど。

付属品ばっかりではなく小説にも触れますが
葵のメイド服姿が素晴らしく良い!!
――って、↑小説の中身じゃねーし!
しかし、僕の嗜好上言わないわけにもいくまい(笑)
5巻については読んでいないので触れられませんし、
だからといってここまでの内容をコメントする余裕もありません。
まあ、端的に言うのならジャンル・内容は[文学少女]よりも
物凄く僕好みと言えるでしょうね。
[文学少女]の独特な雰囲気は味わい深いものはありましたがね。

とにかく小説のほうは読み終わったので
ドラマCDを出来るだけ早く聞こうと思います。

◇「彼女と僕の伝奇的学問」
著者は不思議系上司の攻略法(同メディアワークス文庫)の方です。
担当絵師も同様に同じ方です。
今回は表紙と中表紙(トップイラスト?)だけでなく、
全キャラクターのカラー立ち絵(僕の大好きな全身イラスト)も用意してあり、
キャラクターの容姿は自分でイメージする必要はなく把握できます。
ラノベではないので挿絵はいつも通りありませんが(笑)

表紙のヒロインと中表紙のヒロインは別の人です。
「不思議系~」では特定のヒロインでしたが
今回は違うようで複数ヒロインの物語になっているんですかね?
そうなるとそれはそれで僕好みですが(嬉)
複数いるおかげで登場人物紹介として
立ち絵イラスト紹介が必要になったのかもしれません。
ん~、もしかしたらタイトルの「彼女」は1人を指すものではなく
複数を指しているのかもしれませんな。
・・・適当な予想ですけど(><)

出来る限り早く読みたいと思っています。
遅くとも来週中には読みます。
来週は有休も取っているのでね(笑)
[不思議系~]の作者ですので
今回はどういった感じのものなのか
ちょっと楽しみにしているので
余裕がある時にじっくりと読みたいですし。

あとがきでメイドさんと伍する属性、巫女さんが登場すると
書いてありますが、僕にとっては最高の朗報です♪
僕みたいにメイドさん好きが巫女さん好きって
どれくらいいるんでしょうね~(笑)
僕にとっては最高なんですけど、ちょっと気になる点です(><)

◇「万能鑑定士Qの攻略本(ファンブック)」
次の巻(10月発売)まで待っていられませんし、
ちょっと気になったので購入してみました。
価格はだいたいは普通の文庫ですし、
今までの表紙全てが見られたりもしますし、
なんだかんだと楽しめます(笑)

前シリーズ(事件簿)は12巻読破していますが、
再出発シリーズ(推理劇)と新シリーズ(添乗員)は
購入はしていますが、まだ未読だったりします(><)

◇「ふたりの距離の概算」
アニメで放送中の氷菓シリーズの新刊(文庫)
新書版のほうは知りませんので、
どのくらい先まであるのかは知りません。
帯に書いてあるようにリバーシブルカバーで
裏側はアニメの表紙になっています。

せっかくなので触れますが
アニメ化の情報を知ってから
1~4巻は放送の1ヶ月くらい前に購入しました。

◇「珈琲店タレーランの事件簿~また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を~」
ラノベじゃありませんが、このような表紙ですし、
あらすじを読んで読んでみたいと思った内容でしたので買ってみました。
新しいものに手を伸ばしている余裕はないはずなんですけどね(><)
序盤の内容を見た限りですと
あらすじに書いてあるように
内容的には日常的な出来事に対する軽い内容ですが
(別な意味?でシリアスな部分はありますが)
ただ、主人公は若干癖があるように感じられます。
心の声というか、心情に
個性はあるもののそれが良いかは不明ですがね。
最終的な判断は最後まで読んでから決めますが、
僕としては若干苦手ですかね(苦笑)

◇「レイセン File5:キリングマシーンVS.」
こちらも巫女さんが登場しますね~。
上の流れで触れないわけにもいかなかった(><)

ヒロイン(候補)が何人もいたりして
ドタバタな日常だったり、
非日常のドタバタだったり、
シリアスな話だったりと、
内容のバランスが僕好みであり、
そういえば楽しく読んではいるものの、
実はコミック以外は本編のほうを読んでいないんですよね。

==============================
こんな風に購入報告だけ先に済ませることにして
感想等がある場合は後日ここに付け足しをする方式にします。
ただ、可能性は限りなく低いので期待しないでください(笑)
購入した漫画や小説を読んで何か付け足すことがあるとしたら
ここより下に記載します。

------------------------------
追加コメントは現在のところありません。

==============================

特装版“末摘花" ヒカルが地球にいたころ……(5) (ファミ通文庫)
エンターブレイン
野村美月

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 特装版“末摘花


“末摘花" ヒカルが地球にいたころ……(5) (ファミ通文庫)
エンターブレイン
野村美月

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by “末摘花

彼女と僕の伝奇的学問 (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス
2012-08-25
水沢 あきと

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彼女と僕の伝奇的学問 (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント