クロノベルト-SchwarzOath-(PSP版)プレイ前コメント

2012年7月26日発売予定。

学園青春伝奇&ファンタジー執事のクロスオーバーADV。
2つの作品による2つの世界と登場人物たちが絡み合う物語。
([あやかしびと]&[バレットバトラーズ])
PC版よりコンシューマー(家庭用ゲーム機)に移植。

両作品の世界と両登場人物たちが織り成す物語。
それだけに両作品の続編のようなものですので、
両作品はプレイしておかないと駄目だとは思います。
どちらともPSP版で発売していますし、
トリプルパックなるものも発売するようなので
これだけを買うくらいならなんとかして全部揃えましょう(笑)
僕はどちらともプレイが中途半端なので
[あやかしびと]はPS2は持っているんですけれども
PSP版はベスト版も売っているようですし、
この機会に揃えておいても良いかもしれません。

本来なら恋愛アドベンチャーと付属させるべきところですし、
もとの作品はバトルありのそういう内容でしたからね。
ただ、今回は壮大な物語という感じであり、
大きな道筋は一本だけっぽいですので、
(一本とはいえ、両作品の視点からみたいですが)
ヒロインごとの分岐はなさそうに思います。
PC版の攻略情報を見ると分かるかもしれませんが。

1番のポイントはそれぞれの物語の
メインヒロインのエンド後になっているっぽいことですかね。
そりゃあ、ヒロインごとの分岐もあるわけがないってことで(笑)
どちらともメインヒロインをクリアしていない現時点では
エンド後にどういう状況になっているか不明なので、
なんとも言えないところはありますが
僕の場合は、メインヒロイン以外が1番ということのほうが圧倒的に多いので、
続編という要素と2つの作品が絡み合うという要素は物凄く好みですが
メインヒロインエンド後の世界ということだけは
個人的な好みとしては残念かなと思いますけど、
本当に個人的な事情なので、作品の出来には関係ないこですがね(><)

恋愛アドベンチャー系の基本は主人公の地の文(一人称)タイプの小説と同じことがほとんどです。
そういう小説にイラスト・音声・BGMなどを付け加えたものだと思えば良いです。
(実際にプレイしたわけでもありませんので
それは統計的に見た王道パターンの場合の話です。
三人称タイプの地の文やそもそも、地の文がないタイプは
例外であり稀にしかありませんので大丈夫だと思いますが)

元となる作品は主人公も含めて
フルボイスだったところで
アニメのように臨場感があって
個人的には好きなんですけれど、
今回はどうなんでしょうかね。

読む前の注意ごと。
恒例の文章なので知っている方はすっ飛ばしてください。
この記事は情報などを元に
プレイ前のこのゲームに対する僕の印象など色々ことを
好き勝手に語る場所になっています。
(ギャルゲーに関わらず、特にヒロインに対して語るw)
真っ当で公平な情報を得たいのなら
公式サイトや雑誌などを参考にしてください。

僕の主観&個人的感想に興味があるならどうぞ。
別に面白くもなんともないですけどね(><)
纏めてもいない思い付くままに書き殴った文章です。

最近(今年になって)忙しくなって
ブログに時間が掛けられないということもあって、
この頃は特に短時間で書き上げているため
誤字脱字等や雑になっている部分などあり、
見直しもしていないため途中で止まっている文章など
つまり未完成になっていることに気付かないなど
ミスが増えていると思いますのでご了承ください。
(ほかの趣味は普通にやっているものの
ブログの記事作成時間だけ大幅に減少させていますw
プロ野球が開幕して西武戦を見ながら記事を作成することにしまして
少しはマシになると思いたいですが・・・どうなるやらw
近況としてこの頃は少しは時間も増えてきたんですけれども
色々と溜めているのも消化しなきゃいけませんしね)

==============================
PSP版公式サイト/ブーストオン
http://www.asgard-japan.com/booston/

PSP版公式サイト/クロノベルト-SchwarzOath-
応援バナーヒロイン/一乃谷刀子&トーニャ&ヴァレリア
クロノベルト-SchwarzOath-クロノベルト-SchwarzOath-クロノベルト-SchwarzOath-

------------------------------

クロノベルト-SchwarzOath- (限定版)
BOOST ON
2012-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クロノベルト-SchwarzOath- (限定版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クロノベルト-SchwarzOath- (通常版)
BOOST ON
2012-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クロノベルト-SchwarzOath- (通常版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

クロノベルト-SchwarzOath- 限定トリプルパック
BOOST ON
2012-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クロノベルト-SchwarzOath- 限定トリプルパック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


==============================
--【物語紹介】--

[あやかしびと]&[バレットバトラーズ]それぞれの続編のようなものですから
それぞれの世界観は把握しておかないと話に付いていけない部分もあります(笑)
物語は3編あって、最初はそれぞれの世界から物語(2編)が開始されるようです。

●[あやかしびと編]●
秋も深まり、もうすぐ冬が訪れるという頃、
ここ私立神沢学園では3週間後の文化祭に向けて暴走が始まっていた。
既に寝泊りを始めた者、
校舎を改造しようとする者、
賭博場を開こうとする者、

彼らの暴走を抑えつつ(蹴散らしつつ)
クラスの出し物、生徒会としての出し物、
両方を成功させようと生徒会の面々は奮闘していた。

屋敷にあった銅鏡から奇妙な義手をつけた男が現れる。
彼の名はアルフレッド・アロースミス。
とある妖(あやかし)から与えられた任務を遂げるため、
彼はこの異世界に辿り着いた。

●[バレットバトラーズ]●
全てが終わり平穏を取り戻したオセロットシティ。

フォルテンマイヤー家の屋敷で不可解な現象が起きる。
古い骨董品の鏡から1人の少女が飛び出してきたというのだ。
幼い少女はフォルテンマイヤー家に引き取られて、
コゼットがその世話を引き受けた。

その少女を追って1人の男がこの地にやってきた。
かつて少女に人生を奪われた男の名は九鬼耀鋼。

これは復讐ではなく義務だ。

彼はそう言いつつ、単身フォルテンマイヤー家の屋敷に乗り込むが。

==============================
『絵柄について』
どれだけ僕が気に入っているかという主観評価を
下記に記載しているヒロイン評価と同様のランクで行います。
(多数の原画家が関わっていたりなど色々な理由があって
全体で統一性がない場合は気に入っている数人のヒロインのみの
平均値で評価しますので、本来の平均よりは高くなると思います)

*[好み度:A+]*
*[服装(デザイン):SS-]*
*[服装(質感):S+]*
↑質感・明暗・皺・躍動感などの描き方で。
*[画風:基本形]*
コメント:美少女系的な絵ではないため
画風を基本形としましたけれども、
普通の漫画に合うような絵柄かどうかは不明です。
(プレイ前だと参考にするものが少なく、きちんと評価できていませんがw
それとPS3やPSPで画質の違いによって、印象が変化する場合もありそうです
PS3の大画面だと評価がプラスになったりと、目で見ているものである以上は
純粋な絵柄などだけで評価するのは難しいかもしれません><)

評価ランクだけだと評価しきれないため(し辛い?)
ジャンル(画風)を設けました。
ジャンルの説明もします。
ただし、随時修正・追加していく予定ですので
現状はまだ固定ではありません。

◎「基本形」⇒美少女に限らずほかの系統でも合いそうな別の王道タイプ?
◎「王道」⇒まさに美少女系の絵という感じのもの(ギャルゲー的な意味で王道)
◎「正統派」⇒絵柄が少し優しい感じのもの。
◎「バランス型」⇒基本形と王道の中間といったところ?←言っていて自分でも分かっていない(笑)
ギャルゲー的でコテコテ過ぎない(濃厚過ぎない)適度な感じ。
◎「温厚派」⇒そこまでギャルゲー寄りではないものの、ギャルゲーらしさは控えめにアピールしている絵柄。
バランス型に近いということもありますし、そこそこに個性もあるタイプ。
◎「柔軟派」⇒???(いずれ付け足します/当て嵌まるものがあったら?)
◎「柔和派」⇒???(いずれ付け足します)
◎「変則派」⇒???(いずれ付け足します)
◎「邪道派」⇒悪いという意味ではなく絵柄の個性が強いという意味で。ある意味、王道の反対。
シュタインズゲートだとここに分類してもいいかも。


言うまでもなく勝手にジャンル別にしただけであり、
しかも、僕の勝手な感覚で分けたに過ぎません。
ジャンル別にしてみたもののしっくりとこないのもあり、
これは難しいかもしれない(><)

==============================
このブログの主題、ヒロインの魅力についての欄です。
評価:悪い⇒G~A.S・SS⇒良いで(±)で補正。
もちろん、僕の嗜好によって査定しています。
(評価査定に「SS」追加しましたw
以前は「S」ランクまでしかありませんでしたが、
それに伴い評価方法を見直しました。
詳細はヒロイン紹介後に記載しています)

これらは僕にとって独断と偏見(?)による採点(趣味嗜好)ですので
ほかの方の採点とは懸け離れている場合があるかもしれません(笑)
基本的に大半の評価が僕自身における萌える萌えないであり、
ヒロインとして萌えないけど、人としても好感が持てる、
賑わうのや、面白いから登場すること自体は好きという場合も多い。
ですから、評価が低いイコール嫌いというわけではありません。
(F・Gなどの評価の場合は別でしょうがw)

ヒロインの魅力を語る上で大事な衣装ですが
公式サイトには制服姿しか載っていなく
ヒロインの衣服の魅力は制服姿とか語れません。
同じ学園の制服ですし、
要素が被っていてヒロインごとの多少の変化や
ヒロインの雰囲気違いとかで言わなくてはならず
難しいんですけどね・・・zzz。

==============================
------------------------------
如月双七〈きさらぎ そうしち〉CV:保村真さん
/主人公評価:A+

[あやかしびと]の主人公。

私立神沢学園生徒会所属。
情に脆く、人情に厚い人物。
チンピラ風の容貌だが、温厚で朴訥。
涙脆い。

------------------------------
如月すず〈きさらぎ すず〉CV:阪田佳代さん
/ヒロイン評価:A+

[あやかしびと]のメインヒロイン。

私立神沢学園生徒会所属。
人間嫌いもどこへやら今日も元気に
噛み付いたり耳を出したりして
双七や生徒会のために頑張っている。
人間嫌いの部分は前作[あやかしびと]をやるべし(><)
・・・人間ではない部分も前作参照(笑)
そもそも、主人公たちが現在いる学園・街は
人ではない力を持つ者たちが集まっている場所であり、
奇病扱いされていた者たちが集う場所であったわけですが、
すずは純粋種でしたっけ?

長い金髪のような髪はお下げのように束ねています。
小柄の愛くるしい女の子。

下記ヒロインはクリアしているんですが
メインエピソードであるすずをクリアしていないため、
物語の全容がまったく分かっていないんでしょうな(苦笑)

------------------------------
一乃谷刀子〈いちのたに とうこ〉CV:田中涼子さん
/ヒロイン評価:SS-

[あやかしびと]のヒロイン。

私立神沢学園生徒会書記。

長い黒髪の似合う物腰の柔らかい少女。
大和撫子な美少女というよりは
綺麗な女性という言い方のほうが
しっくりとくるようなヒロインです。
物腰が柔らかく丁寧な口調だったと思いますけれども、
・・・かなり忘れているというか(><)

能力というか、太刀術というか、
その辺の詳しいところはやっぱり前作から知っていかないと。
戦う様は雅にして豪快で大きな刀を片手で振り回す。

なんだかんだと色々と忘れているため、
予想評価にしておいたほうがいい気もしますが、
この評価は変わらないと思いますので問題ないかなと思いつつ。

------------------------------
トーニャ・アントーノヴナ・ニキーチナ CV:籐野らんさん
/ヒロイン評価:S+

[あやかしびと]のヒロイン。

私立神沢学園生徒会所属。

[です・ます]口調の毒舌キャラ?
前作において色々とありますが、
細かい部分について忘れているため、
触れるに触れられない・・・
つまり、コメントし辛いということです(><)

銀髪をポニーテールのように束ねた髪型。
ロングに属しそうですが、そこまでは長くないようです。
可愛いとか美人(大人っぽい)というよりも洗練された綺麗な美少女系。
若干、可愛い系も混じっているとは思いますが。

ヒロイン評価を一乃谷刀子と同等にするか迷い中です。
[あやかしびと]のゲーム内において、
1・2番目に好きなヒロインです。
実際のところ[クロノベルト]全体においても
1・2番目に好きなヒロインといってもいいでしょうね。
一乃谷刀子とトーニャはそれくらいに好みということです(笑)

------------------------------

実はまだヒロイン扱いのキャラクターがいますが
あまり覚えていないため、触れないでおきます。

==============================
------------------------------
リック・アロースミス CV:平井達矢さん
/主人公評価:??


[バレットバトラーズ]の主人公。
人畜無害の性格だが、敵に対しては超有害。
フォルテンマイヤー家の執事。

こちらのゲームに関しては
詳しくプレイしていないため、
コメントは省きます。
時間がないっていうのが
本当の理由ですが(><)

------------------------------
セルマ・フォルテンマイヤー CV:佐本二厘さん
/予想ヒロイン評価:S-


[バレットバトラーズ]のメインヒロイン。
フォルテンマイヤー家当主。
ドラゴニュート。
容姿・衣装的魅力はかなり好みかもしれません。
というか、ほとんどプレイしていないため、
分からないというのが本当のところです。

表面的な要素にだけ触れていきますと、
優雅にウェーブしている長い黒髪と紅い瞳が特徴。
黒を基調とした上品で上は体の線を出しつつ、
スカートはゆったりとした衣装を纏っていて、
控えめな華やかさを演出しているところが魅力です。
肌の露出を控えめにしつつ、
楚々としたドレスっぽい雰囲気が僕好みで最高です♪
(スカートがもっと長いと個人的な好みですが
これはこれで良いかなという気にもなってくるから不思議なものですw)

------------------------------
ヴァレリア・フォースター CV:九条信乃さん/
予想ヒロイン評価:S


[バレットバトラーズ]のヒロイン。
エルフ。セルマの親友。
事件の騒動が一段落ついた後も
魔法使いとして修行中。

魔女服というか、魔女っ娘?というか、
異世界ファンタジーの魔法使い服(女性バージョン)というか
そんな様子も感じられる全体の雰囲気とデザインですが、
ややゆったりの上衣にふわりと広がるスカートと
そんな衣装の似合う小柄で可憐で愛くるしい少女。
衣装は地味に属するとは思いますが
素朴な雰囲気が楚々として魅力的です。
簡素な上着や丈の長いスカートは
控えめで見栄えはしないが
そこが純朴そうで良いわけですな(><)

ボブくらいの長さの蜂蜜色の髪で
後ろ髪はちょっこと束ねていて
そんな容貌はとても儚げな魅力を放ち、
華奢な体やか弱い雰囲気は魔法使いっぽさと
女の子っぽさを感じさせてくれます。

身の動きなどに合わせて
ふわりと揺れるロングのフレア系スカートは
女の子らしい優雅な様やシルエットやは
彼女の可憐さが際立ちます。
杖を構えたりすればファンタジーの神秘的(優美)な魅力も加わり、
魔女の帽子は魔女っ娘らしい魅力も追加というわけですな(笑)

どうでもいい話ですけれど
かなり昔のイメージだと
魔法使いという職業は
女の子らしいタイプに合うっていうイメージでしたが、
女の子らしい剣士や様々なタイプも珍しくはないですからな(><)

------------------------------
渡良瀬雪〈わたらせ ゆき〉 CV:このかなみさん/
予想ヒロイン評価:A


[バレットバトラーズ]のヒロイン。
人間。
ヴァレリアの執事。
事件後、女執事として働く彼女の新聞記事が載り
女性から多数のファンレター兼恋文が届き、
ややどんより気分。

長い髪をポニーテールにしている
美人というか綺麗な女性。
スラリとした体が際立つ
見目麗しいという感じです。
個人的な嗜好としては
衣装の着飾りとしての萌え度は低いですが
大剣を構える姿は華やかで凛とした美しさを感じます。

==============================
【ヒロイン評価の見直しにについて】
新評価は[2011年11月23日]より開始しました。

最近、評価が高レベルで同一になることも多く
僅差はあるけれども、その差が前の評価では表せていないため、
評価の方法を見直すことにしました。
――大雑把に言うのなら
「SS」ランクが物凄くクリアしたいヒロインであり、
「S」ランクが凄くクリアしたいキャラで
「A」ランクはそこそこクリアしたいってヒロインということです。

《Sランク》以上は確実にクリアしたいキャラであり、
《Aランク》は余裕があったらクリアしたいという感じになります。
《Bランク》はある程度萌えるが、クリアするかはかなり微妙という感じ。
《Cランク》ヒロインにほとんど萌えられず、その日の気分次第、ゲームの雰囲気・シナリオ次第。
メガネ系ヒロインやボーイッシュ系ヒロイン(容姿)もしくは萌えられない喋り方などに多い(喋り方)
それらの属性が多い、上記属性に関して僕の趣味嗜好はブログの自己紹介に大まかに書いてあります。
《Dランク》属性&容姿or性格or喋り方が好みではなく(萌えられず)クリアする確率はかなり低い。
《Eランク》容姿も性格も属性も喋り方など私的に好みではない要素が多くクリアしないでしょう。
《Fランク》萌える萌えないではなく、ヒロイン的・人間的にも嫌いなタイプかな。
ヒロインに対しては許容範囲が多いため、この部類に属することは滅多にありません。
《Gランク》ヒロインとして、もしくは人間として、毛嫌いする・許せないレベル。

ちなみに人間として毛嫌い・許せないレベルでも萌えられる場合には
[C~Bランク]にはなるでしょうね(苦笑)
その場合にヒロインっていう言い方はしないでしょうけれど、
主人公側とは絶対に相容れない存在の完全な敵役みたいな場合でしょうか?
仲間になるような可能性がなく(心変わり・改心無し)凶悪で極悪みたいな場合、
萌えるような要素があったとしても、評価を上げるのにも限界があるでしょうしね(><)
(仲間になるのなら主人公が悪に落ちるしか可能性がないような相手?
そんなルートは嫌ですしねぇ・・・まあ、良いという方もいるかもしれませんがw)

色々な事情があって[↑]のランク通りにいかないこともありますがね(笑)
恐いもの見たさ、単に好奇心だけでクリアしたいだけとか
ほかのヒロインのフラグに関わっているとか。
ヒロインの魅力だけなので物語のジャンルやシナリオの良し悪しは基本的に除外して評価します。
シナリオなんてプレイ前なので分かるわけもありませんが
ジャンルはギャルゲー・RPGというゲームの形態だけでなくだけでなく、
読み物としてのジャンル・ラブコメ・アクション・SFなどの物語の種類も含みます。
ちなみに[SS+]ランクは本当に他者にとっては細かいと言えるような部分まで
僕の嗜好にヒットしないと与えられない評価です。
予想評価では与え難い評価でしょう。
全てヒットする必要はありませんが(相反するのもあるからきっと無理w)
評価基準は厳しいですよ(><)
[SS]も厳しく[SS-]もそれなりに厳しいですがね。
イメージしていたのと違うとあっさり[S]ランクに陥落するかも。
苦手な(萌えられない)方向に異なっていた場合は格段に下がるが(><)
ちなみに予想評価ではなく、最終的評価は
主人公とヒロインと現在の立場や状況など
そういったシチュエーションも大事になってくるかしれません。
それによってプラスが加わることも。

==============================

この[クロノベルト]をプレイする前に
それぞれの前作の[あやかしびと]&[バレットバトラーズ]の
クリアが必要不可欠でしょうね。

PS2版は持っていますし、
一乃谷刀子&トーニャはクリアしているものの、
PSP版のベスト版を購入を購入したいところです。
クリアしたヒロインのルートもだいぶ忘れていますしね。
(一乃谷刀子ルートは彼女の戦闘ってあまりなかった記憶がw
優美にして豪傑な戦闘シーン&そのイベントCGを楽しみにしていましたが。
刀子の本格的な戦闘シーンは
おそらくメインヒロイン[すず]のルートではありそうですがね)

[バレットバトラーズ]は今年にPSP版の購入報告をしましたが
軽くプレイして以来、ほかのゲームに現を抜かしていたので
ほとんどプレイしていないようなものですからね。

この記事へのコメント