最果てのイマ-PORTABLE(PSP版)プレイ前コメント

2012年7月26日発売予定。
ジュヴナイルアドベンチャー(恋愛ノベル)
サイバーフロント。
恋愛アドベンチャー系の基本は主人公の地の文(一人称)タイプの小説と同じことがほとんどです。
そういう小説にイラスト・音声・BGMなどを付け加えたものだと思えば良いです。
(実際にプレイしたわけでもありませんので
それは統計的に見た王道パターンの場合の話です。
三人称タイプの地の文やそもそも、地の文がないタイプは
例外であり稀にしかありませんので大丈夫だと思いますが)

原作PCからPSP(コンシューマー)に移植。
・・・ちょっと(?)雑談入ります。
PSP版はサイバーフロントからですが
こちらの会社から、移植ものがいつくか発売しますが
そちらも購入する予定です。
この関係ない記事(無関係でもないがw)で
この話題を口にしたのは
たまには購入予告(あくまで現段階での予定)でも
しておこうかなという気分になったものでして。
それに買わないゲームに触れる良い機会ですし(笑)

ただし、僕の趣味嗜好により、女性主人公のものは除きます。
――ですからこのゲームの購入以外の購入となると
[そらいろ(PSP版)][シュクレ(PSP版)]となりますかね。

僕は男性視点からヒロインの魅力を味わいたいですし、
(地の文は一人称でも三人称でもどちらでも良いです。
主人公が男であることが大事なのでw
ただ、主人公の年齢は25歳以内にして欲しいところです)
同性が主人公のほうが気分的にも感覚的にも良いですしね。
もちろん、僕の趣味嗜好によるものに過ぎませんので、
良し悪しではなく、単なる好き嫌いですけどね(><)

購入しないのは[トリスティア]系になるわけですが
絵柄(原画家?)はとても好きな方なんですけど。
こういうタイプのギャルゲー(?)は購入する意欲が出てこないので。
――ちなみに何かPS2版で持っていたような気はします。
ただし、プレイはしていませんが。
(これは完全なアドベンチャーではないので
そういう意味でもプレイしたくなる意欲があまり出てこない
僕の苦手ジャンルということもありましたがw)

更に購入していないもので
同会社から既に発売しているもので言うと
[白衣性恋愛症候群]でしょうね。
ヒロイン&主人公(女性)たちの白衣姿とか
眩しいほどに楚々とした雰囲気で物凄く魅力的だったり
この絵柄も好きな絵師さんが担当していて
そういう意味でも素晴らしいものなんですけれども、
こんなにも魅力的な要素が詰まっているというのに
女性主人公というだけで購入意欲が沸いてこないんですよね~。
好みから外れるというのはそういうことですな(><)
好みのヒロイン・好みの絵柄と
二次元の美少女(美女)好きに当て嵌まっているというのに
些細な要素でプレイする気が出でこないというのは
それだけ男主人公というのにこだわりがあるんでしょうな。
不思議なものです(笑)
ビジュアルブック等なら欲しいところですが(苦笑)

読む前の注意ごと。
恒例の文章なので知っている方はすっ飛ばしてください。
この記事は情報などを元に
プレイ前のこのゲームに対する僕の印象など色々ことを
好き勝手に語る場所になっています。
(ギャルゲーに関わらず、特にヒロインに対して語るw)
真っ当で公平な情報を得たいのなら
公式サイトや雑誌などを参考にしてください。

僕の主観&個人的感想に興味があるならどうぞ。
別に面白くもなんともないですけどね(><)
纏めてもいない思い付くままに書き殴った文章です。

最近(今年になって)忙しくなって
ブログに時間が掛けられないということもあって、
この頃は特に短時間で書き上げているため
誤字脱字等や雑になっている部分などあり、
見直しもしていないため途中で止まっている文章など
つまり未完成になっていることに気付かないなど
ミスが増えていると思いますのでご了承ください。
(ほかの趣味は普通にやっているものの
ブログの記事作成時間だけ大幅に減少させていますw
プロ野球が開幕して西武戦を見ながら記事を作成することにしまして
少しはマシになると思いたいですが・・・どうなるやらw
近況としてこの頃は少しは時間も増えてきたんですけれども
色々と溜めているのも消化しなきゃいけませんしね)


==============================
PSP版公式サイト/サイバーフロント
http://www.cyberfront.co.jp/

PSP版公式サイト/最果てのイマ-PORTABLE
http://www.cyberfront.co.jp/title/saihate/index.html

------------------------------

最果てのイマ PORTABLE (限定版)
サイバーフロント
2012-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最果てのイマ PORTABLE (限定版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


最果てのイマ PORTABLE (通常版)
サイバーフロント
2012-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最果てのイマ PORTABLE (通常版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


==============================
--【物語紹介】--(公式サイトの紹介より転載)

特殊能力を持つ少年[貴宮忍]
彼には幼い頃から心を許している友人が6人いた。

放課後、町外れの廃工場が彼らのたまり場。
彼らにとってその場所は、誰にも邪魔されることのない空間。
家庭でも世間でもない安息の場所であり、
《聖域》だった。

人と人は傷つけ合う。どんなに親密でも衝突は避けられない。
しかし、たとえ接触が傷つけあいだとしても、
それは相手が実在することの証拠となる。
だからこそ生身の絆はかけがえのないものとなるのだということを……

7人の間で繰り広げられる、理解と共感、反発と衝突。
そして思春期の淡い恋愛感情。
永遠に続く友情。

そんなまどろみのような幸せの中に、ずっといられる―――はずだった。

------------------------------

単なるギャルゲーでもそうですが
特にこういうタイプの不明な要素が多い場合には
PC版を調べれば分かる点も多いと思いますが
調べるのが面倒な上にネタバレになる場合もあり、
どうしてもという時以外は調べないですからね。

==============================
『絵柄について』
どれだけ僕が気に入っているかという主観評価を
下記に記載しているヒロイン評価と同様のランクで行います。
(多数の原画家が関わっていたりなど色々な理由があって
全体で統一性がない場合は気に入っている数人のヒロインのみの
平均値で評価しますので、本来の平均よりは高くなると思います)

*[好み度:A+]*
*[服装(デザイン):S+]*
*[服装(質感):S]*
↑質感・明暗・皺・躍動感などの描き方で。
*[画風:温厚型]*

コメント:絵柄的にはほどほどに好みという感じなんですけれど、
服装のデザインや質感はなかなかに好みかなと。
(※プレイ前だと参考にするものが少なく、きちんと評価できていませんがw
それとPS3やPSPで画質の違いによって、印象が変化する場合もありそうです
PS3の大画面だと評価がプラスになったりと、目で見ているものである以上は
純粋な絵柄などだけで評価するのは難しいかもしれません><)


評価ランクだけだと評価しきれないため(し辛い?)
ジャンル(画風)を設けました。
ジャンルの説明もします。
ただし、随時修正・追加していく予定ですので
現状はまだ固定ではありません。

◎「基本形」⇒美少女に限らずほかの系統でも合いそうな別の王道タイプ?
◎「王道」⇒まさに美少女系の絵という感じのもの(ギャルゲー的な意味で王道)
◎「正統派」⇒絵柄が少し優しい感じのもの。
◎「バランス型」⇒基本形と王道の中間といったところ?←言っていて自分でも分かっていない(笑)
ギャルゲー的でコテコテ過ぎない(濃厚過ぎない)適度な感じ。
◎「温厚派」⇒そこまでギャルゲー寄りではないものの、ギャルゲーらしさは控えめにアピールしている絵柄。
バランス型に近いということもありますし、そこそこに個性もあるタイプ。
◎「柔軟派」⇒???(いずれ付け足します/当て嵌まるものがあったら?)
◎「柔和派」⇒???(いずれ付け足します)
◎「変則派」⇒???(いずれ付け足します)
◎「邪道派」⇒悪いという意味ではなく絵柄の個性が強いという意味で。ある意味、王道の反対。
シュタインズゲートだとここに分類してもいいかも。


言うまでもなく勝手にジャンル別にしただけであり、
しかも、僕の勝手な感覚で分けたに過ぎません。
ジャンル別にしてみたもののしっくりとこないのもあり、
これは難しいかもしれない(><)
==============================
このブログの主題、ヒロインの魅力についての欄です。
評価:悪い⇒G~A.S・SS⇒良いで(±)で補正。
もちろん、僕の嗜好によって査定しています。
(評価査定に「SS」追加しましたw
それに伴い評価方法を見直しました。
詳細はヒロイン紹介後に記載しています)

これらは僕にとって独断と偏見(?)による採点(趣味嗜好)ですので
ほかの方の採点とは懸け離れている場合があるかもしれません(笑)
基本的に大半の評価が僕自身における萌える萌えないであり、
ヒロインとして萌えないけど、人としても好感が持てる、
賑わうのや、面白いから登場すること自体は好きという場合も多い。
ですから、評価が低いイコール嫌いというわけではありません。
(F・Gなどの評価の場合は別でしょうがw)

ヒロインの魅力を語る上で大事な衣装ですが
公式サイトでも基本的に上半身の絵しかなく
(PC版サイトには私服の1つ?は映っていましたけど)
購入後で限定版のブックレットを見ていたとしても
ブックレットはヒロインの各衣装の絵は載っているようですが
全身絵ではないっぽいため、僕好みでコメントするとなると
全身絵が大事になってくるので微妙な気もします(笑)
触れるだけ触れておきます。

キャラクター紹介文は公式サイトより転載です。
ほかは僕のコメントですが(><)

==============================
--『ヒロインたちの制服姿について』--
これから語る制服は本堂沙也加・塚本葉子のみが纏っているデザインであり、
この2人の制服姿に関してだけはここでコメントしていくことになります(笑)

紺色系のワンピースタイプで
Aラインのロングスカートといったもの。
(セミタイトかAラインかで若干の迷いはあるが)
前面をボタンで留めるタイプのようです。
こういうシルエットのワンピースを全体的なラインで言うと
プリンセスラインっていうんでしたっけね?

細かいことは分からんため
見た目や大まかな情報の部分だけで触れますが
まず、本堂沙也加には冷静で大人びた雰囲気に淑やかな制服が最高に似合います。
塚本葉子には楚々として上品な雰囲気に淑やかな制服が素晴らしく似合います。

この制服ってパッと見だとシスター服に近い要素があるだけに
清廉で清純、高潔な雰囲気っていうのを兼ね備えている印象がありますな。
前面をボタンで留めるだけに裾のほうはスリット気味になっていて、
これだけの要素と少女の雰囲気を合わせると
清楚の中の色気をほのかに感じさせてくれるため
まさに僕好みと言える制服だと言えるでしょうね(笑)

僕がこの系統の制服をどんなに好きでも
どのゲームやアニメでもこればっかりだったのなら
飽きはしないにしても、たまには違うものを求めてしまうでしょうし、
何より、同じ清廉や貞淑なデザインという枠の中だけでも
無数の種類があるでしょうし、色々なものを見てみたいのも確かで
1つに固執するわけにはいかないにしても
なかなかに良いデザインで、神学校のお嬢様制服って感じで
なかなかに好みの雰囲気を醸し出しています。
ヒロインたちの中でも、この制服に似合いそうなキャラが
身に纏っているところも良いですな♪

------------------------------
貴宮忍〈あてみや しのぶ〉CV:--さん
/主人公評価:??


両親がいないため、施設で育てられた少年。
物心つく以前の記憶がほとんどないが、そのことはまったく気にしていない。
無邪気な少年のように振る舞うこともあれば、
円熟味を持った言動をしたりと、不思議なところがある。
友情を、特に7人の輪の友情を重んじており、
仲間意識はとても強い。この7人は子供の頃からの付き合いで、
幼なじみともいえる間柄。ある特殊な能力を持っており、
それを「キー」としてこの物語は進んでいく。

コメントしようにも情報不足で無理です(><)
ヒロインたちと異なり、容姿とか衣装とかに触れるわけでもないので
実際にプレイしてみないことにはなんとも言えませんな(笑)
ギャルゲーの主人公だと紹介すらないこともあるので
その紹介文や外見がキャラクター紹介に載っているだけでも
待遇的にかなり良いほうだとは思いますがね(笑)
う~ん、それにしても・・・[ある特殊な能力]って
いったいなんなんでしょうね~?

------------------------------
紅緒あずさ〈べにお あずさ〉CV:みるさん
/予想ヒロイン評価:A+


子供の頃、忍に命を救われたことがあり、
それ以来大好きでいつも周囲をうろちょろしている。
ずっと親しくしていたため様々な面で多大な影響を受けているが、
最近ちょっと反抗期気味。
感情表現がナチュラルで、タブーを介さない面がある。
少年的な部分が強いが、それでも少女としての
自分であろうと努力している(努力だけは)。
章二とは忍を巡って犬猿の仲。

性格は少年っぽいって書いてありますし、
髪型もショート系ではありますが、
そういう髪型でも両サイドの鬢が長めなどの
バランスが良いからなのか
ボーイッシュというよりは可愛い印象の女の子です。
私服は少年っぽいって感じのものをチョイスしていますが
制服(だと思われる)姿は、制服のデザインや色合いもあって
物凄く可愛らしい雰囲気の少女に見えます(笑)

喋り方とか態度とかそういったものから来ているんでしょうね。
私服姿とかもあるのかもしれませんが。
(私服姿はPC版の公式サイトに載っていた><)

あずさの制服姿は
水色の上着に桃色のプリーツスカート(ミニ)で、
先に紹介している沙也加&葉子の制服姿とは
異なるタイプのお嬢様制服という感じのものです。

------------------------------
本堂沙也加〈ほんどう さやか〉CV:風音さん
/予想ヒロイン評価:S+


何でもそつなくこなす秀才タイプだが、好んで自己主張はしない。
そのため7人組の中でお姉さん的立場にいる。
一見しておとなしいが、その思考は苛烈。
だが、肉体的には少々虚弱。
菜食主義者ではないが、肉類は苦手。
茶道と合気道を嗜む大和撫子。

長い髪が淑やかで落ち着いた雰囲気を醸し出しつつ、
女性らしい大人な振る舞いが似合いそうな綺麗な少女。
(↑見た目や雰囲気だけで語ってしまうとw)
印象的には「お姉さま」と呼ばれるのが似合いそうな様子もあります(笑)
(↑上品さがありつつ、大人びているという意味かなw)
前髪・後ろ髪は水平にやや揃えているといったところで
横髪は揃えておらず、シャギー風になっているとでも言えばいいんですかね?
実際のところ、前髪はなんていうのか不明なんですけれどね。

制服姿については触れているので、私服姿について。
(私服姿はPC版の公式サイトを参考にしています)

黒い長袖シャツに
ワンピースなのかツーピースなのか
なんとなく判断しづらい所なんですけれども
もし、ワンピースという風に仮定するのなら
こういった肩紐で袖なしのワンピースは
ジャンパードレスだと思うんですけれども
合っているかは分かりません。
(ドレスという言葉はワンピースなどを指す
ツーピースみたいに上下ワンセットの場合も含む)
彼女みたいにブラウスやニットを下に着込むようにする
というのもジャンパードレスの特徴です。

このワンピースのスカートは
紺系(?)のロングスカート。
そこまでひらひら感はないものの、
一応はフレアスカートといっても
いいんでしょうかね。

私服姿も淑やかで落ち着いた雰囲気が僕好みですな。
若々しさ少女らしさは足りない服装ですけれど、
若いけれど淑やかな服装というのが良いんです(><)

------------------------------
塚本葉子〈つかもと ようこ〉CV:夏野向日葵さん
/予想ヒロイン評価:SS-


天然系でマイペース。万事に動じない。
頭が良いがのんびり屋で、とろんとした瞳をしていつも眠そう。
頭を使っている時だけきりっとしているが大抵はろくなことを考えていない。
自分の大切なものだけ大切にしてあとはさくっと切り捨てるタイプ。
あまり笑わないが、グループの中では時折自然な笑顔を見せることも。

顎のラインで揃えたボブ系の髪型。
前髪などは適度に真ん中で分けている。
ただし、両サイド(横髪&鬢)は長くないため、
ボブとは言わないのかもしれないが・・・どうなんだろ?

見た目の印象だけで語ってしまうと
穏和でマイペースでおっとりお姉さんみたいな
雰囲気が漂っているけれども、
実際のところ(性格)はそうでもないみたいで
お姉さん的立場でもないでしょうし。
マイペースだけは合っているっぽいが(笑)
まあ、マイペースという付属要素も
どんな性格に付属するか、
内容次第でイメージが逆転しますからね(><)

白い上着(カーディガン)に
キャミソールっぽい肌着(?)に
水色のロングフレアスカート。
爽やかで楚々とした雰囲気の装い。
清楚な服装ですが、
白や水色などは若々しく
沙也加と異なり年齢相応っぽい部分もあるかなと。
お嬢様っぽい(良いところのお嬢さんって言い方くらいのニュアンス?)
バランスの取れた服装です。

あと装飾等を追加するのなら、
リアルだと狙い過ぎと思われる服装になりそうですが
フリルやレースを軽く付属させると
もうちょっと若々しさが出そうな気はします。
装飾を追加し過ぎるとお嬢様(二次元の)に
なり過ぎますからね。
それはそれで良いんですけれども、
そうなると、優雅や流麗であって、
清廉という言葉とは合わなくなりますから、
この衣服のコンセプトが無くなってしまいますので(><)

僕好みに言わせてもらうのなら
それぞれの属性らしい濃さはないものの、
適度で素晴らしい感じに仕上がっていると言えます♪

分類上はロングスカートですが
沙也加ほど長くなく、
ロングスカートとしては短めの部類でしょうか。
ロング丈には大まかに以下の分類があります。
[短い]ミモレ・ミディ・マキシ[長い]
ロングの中では短いミモレでしょうね。
ちなみに沙也加のスカート丈でも
マキシまでいかないと思います。

スカートの長さが同じロングでも
短めなのは若さと言えるかは不明です。
バランスが大事ですからね~。
ミニならそれなりに言えるかもしれんが、
ノーマル以上の丈の場合は分かりません(><)

------------------------------
伊月笛子〈いづき ふえこ〉CV:大花どんさん
/予想ヒロイン評価:B-


忍たちとは別の進学校に通う、生真面目&強気な少女。
ある種の潔癖症で、他人のミスを指摘せずにはいられない。
そのくせ寂しがり屋で、1人になることを好まない。
また、精神的に弱く、自己犠牲的なところがある。
華美なことには否定的で、
規律の乱れや粗暴な振る舞いに対し病的に怯えている

髪型的には塚本葉子に近いです。
真ん中分けが抑えられていることと、
両サイドの髪が長く、おかっぱ風になってところが
葉子との違いですかね。

僕はどうにもメガネ属性はないらしく、
例外を除いて萌えられない傾向が強いため、
予想評価は低めになっています(苦笑)

ヒロインの好き嫌いって誰にでもっていうか、
色々とあると思いますけれど、
こればっかりは好みの問題なのでどうにもなりません。
どうでもいい情報ですが
リアルの場合は眼鏡は問題ないみたいなんですけど、
2次元や3次元でも大まかな差はある模様です(><)

僕が最も好む属性、メイドや巫女であっても
好みではない要素が入ると萌えられなくなりますからね。

------------------------------
?? CV:??さん/
予想ヒロイン評価:??


紹介文は載っていないので全部自力コメントですれど(笑)
もう1人ヒロインっぽい立ち位置の少女・・・多分。
あんまり調べるとネタバレしそうなので調べていません。
となるとまったく不明のため語ることは何もありませんな(><)
ビジュアル等はパッケージイラストとして登場していますが(笑)
声優さんの名前くらいは調べたけれども、
キャラ名が??なので声優名も??にしておこうという気分で
そうしました。

PC版のサイトには紹介されています。
ただし、表面的なものだけで具体的な情報は一切ありませんが。

==============================
【ヒロイン評価の見直しにについて】
新評価は[2011年11月23日]より開始しました。

最近、評価が高レベルで同一になることも多く
僅差はあるけれども、その差が前の評価では表せていないため、
評価の方法を見直すことにしました。
「SS」ランクが物凄くクリアしたいヒロインであり、
「S」ランクが凄くクリアしたいキャラで
「A」ランクはそこそこクリアしたいってヒロインということです。

《Sランク》以上は確実にクリアしたいキャラであり、
《Aランク》は余裕があったらクリアしたいという感じになります。
《Bランク》はある程度萌えるが、クリアするかはかなり微妙という感じ。
《Cランク》ヒロインにほとんど萌えられず、その日の気分次第、ゲームの雰囲気・シナリオ次第。
メガネ系ヒロインやボーイッシュ系ヒロイン(容姿)もしくは萌えられない喋り方などに多い(喋り方)
それらの属性が多い、上記属性に関して僕の趣味嗜好はブログの自己紹介に大まかに書いてあります。
《Dランク》属性&容姿or性格or喋り方が好みではなく(萌えられず)クリアする確率はかなり低い。
《Eランク》容姿も性格も属性も喋り方など私的に好みではない要素が多くクリアしないでしょう。
《Fランク》萌える萌えないではなく、ヒロイン的・人間的にも嫌いなタイプかな。
ヒロインに対しては許容範囲が多いため、この部類に属することは滅多にありません。
《Gランク》ヒロインとして、もしくは人間として、毛嫌いする・許せないレベル。

ちなみに人間として毛嫌い・許せないレベルでも萌えられる場合には
[C~Bランク]にはなるでしょうね(苦笑)
色々な事情があって[↑]の通りにいかないこともありますがね(笑)
恐いもの見たさ、単に好奇心だけでクリアしたいだけとか
ほかのヒロインのフラグに関わっているとか。
ヒロインの魅力だけなので物語のジャンルやシナリオの良し悪しは基本的に除外して評価します。
シナリオなんてプレイ前なので分かるわけもありませんが
ジャンルはギャルゲー・RPGというゲームの形態だけでなくだけでなく、
読み物としてのジャンル・ラブコメ・アクション・SFなどの物語の種類も含みます。
ちなみに[SS+]ランクは本当に他者にとっては細かいと言えるような部分まで
僕の嗜好にヒットしないと与えられない評価です。
予想評価では与え難い評価でしょう。
全てヒットする必要はありませんが(相反するのもあるからきっと無理w)
評価基準は厳しいですよ(><)
[SS]も厳しく[SS-]もそれなりに厳しいですがね。
イメージしていたのと違うとあっさり[S]ランクに陥落するかも。
苦手な(萌えられない)方向に異なっていた場合は格段に下がるが(><)
ちなみに予想評価ではなく、最終的評価は
主人公とヒロインと現在の立場や状況など
そういったシチュエーションも大事になってくるかしれません。
それによってプラスが加わることも。

この記事へのコメント