小説(ライトノベル・ジュニアノベル)&漫画購入報告(2011年①)

購入したのは12月の分も含まれていますが、
これ以降のものは今年分の購入にしておきます(笑)

今更というタイミングの報告です。
本当にゲーム以外の購入報告は凄まじく遅いです(><)

購入報告なのでそれぞれの小説&漫画に
コメントを書いたとしても簡単にして書いています。
後日、別途&個別に感想を書くこともあるかと思いますが、
時間的余裕がないため、ほとんど書くことはないと思います。

言うまでもありませんが、
購入したものであり、発売日などは無関係です。
だいぶ以前のものが含まれていても
今更買ったんだなと思ってください(><)
今回は新しいものばっかりだと思いますが・・・

今回の報告は少なめです。
一気にやろうとすると途中でやる気を失うか、
作業量の問題で最初からやる気を無くすか
どちらかなので今回のフォルダに入っている分だけにしておきます。
(キリがいいので)

あんまり見直していないので、
間違っている部分もあるでしょうから
鵜呑みはしないように(><)
本当はちゃんとやるべきなんでしょうが
(↑完璧には出来なくとも、ミスを減らすという意味で)
それだけの余力はないのでご勘弁を(汗)

↑は定型文みたいなものになります(いつものことだからw)
これだけ多いと確認するだけで気分が重い・・・(TT)
(過去のもの、これからのものと、これだけじゃないですからね)
誰が見ても分かるような間違いなら
誤解したまま覚えるということはないんでしょうけどね~。
==============================
クリックすると画像は大きく表示されます(元の大きさになる)
------------------------------
画像


◇【画像】
「ミスマルカ興国物語Ⅷ」角川スニーカー文庫
「ガジェット 5.生命新約THE COLORFUL FUTUER」角川スニーカー文庫
「カレイドメイズ 半熟姫のあかるい国家計画」角川スニーカー文庫

「ヒメカミ 緋焔の吸血鬼(レイブラッド)」MF文庫J


「カレイドメイズ 半熟姫のあかるい国家計画」
レビュー候補。
(↑感想を書いている暇はないんですけどw)
ヒロイン・内容ともにお気に入り。
バトルものは良いですな(これは魔法機器バトル?)
まったりした日常や、学園の青春物語(ヒロイン複数ラブコメ系になると私的に良しw)も
それはそれで熱いですが、僕の基本はバトルでしょうかね。
内容は読んでから日にちが経過しているため忘れかけているが(笑)
あまりシリアスになる過ぎるとどうかなと思う部分はありますけどね。
特別暗くもならないし、明るくもならない。
この説明だと違和感があるので
これは中間的なものかな。
何を基準にして中間とするかは微妙だが(汗)
――主人公については今後に期待。
成長(精神的)という部分からすれば、
この程度の体たらくぶりは基本の流れでしょうが、
こういう主人公(精神的成長のため展開)らしい部分は苦手です(苦笑)
(逆に生死が関わらないようなバトルものなら気軽に読めますがw
学園のドタバタ程度の格闘系アクションとか?)
1巻だけではこの小説の物語の傾向や流れもまだ分からないため、
様子見の状態です。

追加・2巻発売してもう読みましたけれども、
↑この文は書いたのは2ヶ月くらい前なので
次の巻も発売されるというものです(笑)
ちなみに1巻よりも更に好きになったかも。
次の巻もあるのなら読みたいところだけれども、
毎度書くけど、世間の人気次第ですからね。
その人気(売れ行き)はどうなんでしょうね。

「ヒメカミ 緋焔の吸血鬼(レイブラッド)」
2巻を見て気になったので
1巻ごと購入しようと思ったらそのショップにはなかったということで(笑)
1巻だけ別に買いました。
まだ読んでいません・・・zzz

↑現在は3巻(最終巻?)も発売して購入してあります。

------------------------------
画像


◇【画像】
「影≒光 シャドウライト-突破編-」スーパーダッシュ文庫


久し振りの続巻です。
もう続編は出ないと思っていましたよ。
今更出るとはびっくりしたね。
打ち切りになったわけではなくて、
元々、出す予定だったんでしょうけれども、
色々とあったんでしょうな、理由は分かりませんが。
気に入っていたので、すぐに読みましたよ(><)

みんなに忘れられて人気が低迷していないかが不安ですが、
個人的に気に入っているだけに続いて欲しいものです。
何度でも言うけれども、
続くかどうかは、僕の好き嫌いではなく、
あくまで世間の人気次第ですからね。
こればかりは僕の力ではどうにもなりません(笑)

------------------------------
画像


◇【画像】
「バクマン。/11巻」集英社

「東京レイヴンズ/1巻」角川書店
「Fate/staynight :14巻」角川書店
「ハツハナ」角川書店

「セキレイ/11巻」スクウェアエニックス


「ハツハナ」
1巻限りのもの。
ラブコメ系恋愛物(現代が舞台)
古風な袴姿の少女がヒロイン。
まあ、表紙を見れば分かりますが、
表紙のヒロインが物語のメイン(中心的人物)だとしても
主人公の彼女役になるとは限りませんからね。
そういう意味では書いたほうが良いのか?(笑)
後日、別途に紹介する予定です。
(なぜ[これを]と思うでしょうが、理由は・・・なんとなく?w)
1巻のみの物語(完結している)のほうが
物語に触れ易いというのはありますな。

「Fate/staynight :14巻」
セイバールートだったっけ?
あの台詞(能力の本質について)がこの段階で出てくるとは
原作よりも成長が早まっていることだと思いますけれどもね。
ヒロインの1人[桜]自体の出番はほぼゼロになっているもの、
物語としてはかなり楽しく読んでいます。
このまま行けば原作よりも好きになるかも(笑)
主人公が原作に比べて性格が真っ直ぐでいながらも心地良いし、
真っ直ぐというよりは自分の本質に正直というかそんな感覚かね。
・・・上手く説明できません。
(主人公は義務という戒めは抱えていることは
変わりはないのに原作より格段に良いw)
物語的に良いとこどりではありますからな。
原作の2つのルートを融合させるなんていう夢物語ですから、
良いのは当然でもありますが。
2つのルートを更に進化した物語を描いて欲しいですな。
それだけが望みです(><)
(↑それだけじゃなくて、ずいぶん望んでいるがなw)

「東京レイヴンズ/1巻」
原作小説の漫画版ということで
内容に関して既に小説のほうで多少は触れているので
こちらの項目では触れません。
(↑触れたのはヒロインについてという気もするけれどもw)
アンションありは漫画で見るのも一味違うので、
これはこれで楽しめる内容になっているかなと。
ただ、物語の展開がちょっと早い気がして物足りなさはある。
小説1冊分の内容を正確に追っていって、
漫画で2冊も3冊も掛けていたら
間延びしてしまう部分はあるんですけれども。
進み方が予想以上に早いと感じたのは僕だけなんだろうか。
僕は原作小説1巻の内容をだいたいでしか覚えていないから
漫画版を見ても大まかな感覚でしか物が言えない状態です(><)

------------------------------

カレイドメイズ 半熟姫のあかるい国家計画 (角川スニーカー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2010-12-28
湖山 真

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カレイドメイズ  半熟姫のあかるい国家計画 (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ハツハナ (角川コミックス・エース 308-1)
角川書店(角川グループパブリッシング)
桐島 ヨウ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハツハナ (角川コミックス・エース 308-1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント