シークレットゲーム CODE:Revise[PC]プレイ前コメント

2011年3月31日発売予定のPCゲーム(6日間延期した)
購入したらこれで2本目となる18禁(PC)ゲームです。
僕は滅多に買わない18禁ゲームです(これで2本目です)
ですから、購入の際・公式サイトの閲覧などご注意ください。
シリーズ2作目「シークレットゲーム CODE:Revise」です。
(シークレットゲームと銘打ってあるので、同人版は除きます←それに知らんしw)
デスゲームアドベンチャー(ノベル形式←適当な意味で用いている)
個人的にギャルゲーと呼べるかは微妙です。
美少女が多いからってそれだけでギャルゲーとは呼べないですから(個人的にw)
――前作のシークレットゲームは物語全体を通して
主人公と恋愛をするヒロインが3人いたわけですが(if展開で)
そういう意味でギャルゲーに入れますけれど、
この[CODE:Revise]はまだどうなるのか分からないので、
公式通りの言い方しかできません(笑)
複数のヒロインがいるというのなら、
僕の勝手な判断基準でギャルゲーと言ってしまうつもりですが(><)

読む前の注意ごと。
この記事は情報などを元に
プレイ前のこのゲームに対する僕の印象など色々ことを
好き勝手に語る場所になっています。
(ギャルゲーに関わらず、特にヒロインに対して語るw)
真っ当で公平な情報を得たいのなら
公式サイトや雑誌などを参考にしてください。

僕の主観&個人的感想に興味があるならどうぞ。
別に面白くもなんともないですけどね~(><)
纏めてもいない思い付くままに書き殴った文章です。


ちなみに一応ギャルゲーに含めて話を進めていますけれども、
一本道のストーリーで途中で何人のヒロインと恋愛しても、
最終的に1人のヒロインとくっつくだけで終わるのなら
単なる小説と変わらないのでギャルゲーに含む気はありません(><)
[if]展開があるかどうかによって変わってきます。
元から制作側はギャルゲーのつもりはないかもしれませんがね(笑)
現状では僕の勝手な判断によって、
ギャルゲーと決め付けたくはないんですけど、
面倒なのでそういうことにしておきます。

このブログを良くご存知の方は(そんな奇特な人はいるのか?w)
18禁ゲーム買うのは珍しいと思うかもしれませんがね。
確かに普段だったらコンシューマー(家庭用ゲーム機)
移植されるまで待つのが僕の基本スタイルなので、
いつも通りPCゲームは完全スルーする予定だったのですが(苦笑)
仕事が不安定な状況になりつつあり、
いつ買えなくなってもおかしくないため、
移植をのんびり(気長に)と待っていられず、
買える時に買おうと早々に買ってプレイしたいと思います。
これは単なる恋愛ものじゃなくて、
それ以外の部分が多いですからね。

たまに触れるんですけれども、
僕の場合は恋愛物語にエロは要らないというのが嗜好なので
(極論、恋愛部分以外にエロがあっても構わないのだがw)
そんなわけで18禁のギャルゲーは買わないようにしています。
できるだけ初々しい恋愛がいいので(大人の関係ではない)
僕の嗜好を突き詰めていくと、
友達以上、恋人未満の適度な距離感が好きですからね。
更にラブコメで複数のヒロインがいると尚良い(><)

ちなみに恋愛物語にHシーンはいらないというのが僕の嗜好ですが
実はその嗜好はかなり極端と言えるものであり、
コンシューマーのギャルゲーで、ベッドシーンなどあったりして
(コンシューマーのルール上、エロゲー自体が発売出来ないらしい)
ヒロインが裸っぽくなっていて、
HなイラストCGや文章による描写が無くても
そういう行為があったと匂わせるだけで、
僕はそういう恋愛物語が見たいんじゃないんだと、
微妙な気分になってしまう性質なので(←難儀な嗜好だw)
エンディングの数年後などで子供がいたりするのも微妙です。
恋人の関係がどんどん進展していくという過程は
理想的な恋愛模様を書いているんですけど、
物語ではそれを求めているわけではないので(←ホントに我侭な嗜好だw)
これがドラマとか映画なら気にはしないんだが(苦笑)
――こんな感じなんですけど、
僕みたいな嗜好の持ち主が果たして何人いるのやら(笑)
少数派なのは間違いなしだが(><)

当然ながらエロ(?)自体が嫌いなわけじゃないです。
絵師・村上水軍さんの萌え衣装緊縛CG集を買っているくらいですから(><)

体験版がありますが、
そちらのほうはプレイしていません。
その観点からのコメントです。
(前作・同人版も未プレイです)
このゲームがウチのパソコンで起動するかどうか
確認しておいたほうがいいのだろうか・・・?

文章が多くて、
見直しするのも嫌なのはいつものことだけれども、
文字の装飾(←コレ・色もそうだけど)]をするのも
途中で面倒になってきたので、
この辺で載せてしまいます(><)
それをサボるのも今に始まったことじゃないんですがね(汗)


==============================
公式サイト


シークレットゲーム CODE:Revise

シークレットゲーム CODE:Revise
応援バナー・ヒロイン(?)粕谷瞳&蒔岡玲

ゲームの公式サイトには18禁部分は今のところないですけど、
18歳未満は閲覧しないにしてください。
==============================
--【物語紹介】--

周囲を小高い山々に囲まれて、外界から完全に隔絶された廃村。
そんな無人の廃墟に集められた14人の少年少女たち。
(1人だけ女性という雰囲気の人がいるんだけども)

首には爆弾が仕掛けられた首輪、
手には一台のPDA、
彼らは否応なしに凄惨なゲームに巻き込まれていく。

ゲームのルールは
基本のルールを守ることと
個々に用意された参加者固有の条件を達成すること、
条件が満たせなければ爆発し、死が訪れる。

廃村というフィールドを舞台に
銃火器など様々に武器が配置され、
殺し合うことも許容されている
(いや、殺すことを求められている)
仲間を作り戦力を増強するか
(↑狙われないようにという防波堤でもある)
裏切りを恐れ、孤独を突き進むか、
自己保身のため誰かを裏切り
自分のちめに蹴落としていくか、
欲望のままにゲームを利用するのか、
ゲームに自ら足を踏み入れるか、
恐怖のままにルールに従い
人を殺めることすら厭わないのか、
自分や仲間の命を危険に晒してでも
人としての矜持や尊厳、
個々の信念、偽善、善、慈愛を貫き通すか、
ゲームに参加することを拒否して
無謀・無茶・無意味だとしても
たとえ待っているのが絶望だとしても
この過酷な運命に抗うため、
黒幕を倒すために足掻き続けるか、
――この自由な舞台において、
それらの行動は少年少女次第である。
(↑特に最後の文面は僕が色々と付け足してオリジナルの説明文とは変化させてあるため、
内容に偽りがあるかもしれませんwご注意を><)

----------------
首輪の爆弾による死というのは
コンシューマーでは
18禁(Z指定)なのか、
それとも発売自体に引っ掛かるのか
とにかく、変更がなされたわけですが、
これも、コンシューマーに移植するなら
この部分を書き換えることになるんでしょうね。

でも、今回は建物じゃないし、
小型ロボットだと雰囲気が合わないから
毒殺とかになったりして(><)
移植したら分かることですな。
(移植するかも決まっていないが)

ちなみに前作とシナリオライターが変わっていますが、
既に移植のほうに取り掛かっていたりして・・・んなわけないか(笑)

--【今作の方向性とは?】--
――と、書いたら基本的に前作と同じなんでしょうけども。
どういった内容になるか、なったら嬉しいかと
僕の偏った個人的嗜好や主観に則ったコメントです(笑)
気の向くままに書いているものなので、
正解かどうかなんて二の次になっています。

嫌な終わり方は爽快感が無くて、
私的にテンション下がるし、
気持ちが暗くなるし、
鬱になりそうだから勘弁して欲しいんですけど、
物語のテーマ的には嫌な終わり方をしそうで怖い(><)
前作の最終章みたいな話があるのなら、
全滅だろうがどんな最悪な終わり方だろうが、
物語の1つとして受け入れなれるんですけど、
そういう前作の最終章(Ⅳ章)みたいなものは用意されていないような
気がするんですけど気のせいでしょうかね・・・(苦笑)
逆境を跳ね返す、打破していくという展開は見てみたいから、
危なそうな(好みに合わない)物語でも一応見てみるわけですが(汗)

――というか、実際のところ、
そういうダークな展開のほうが、
この物語の本質といえば本質で、テーマみたいなものですし、
そういうのを求めているファンが多いかもしれませんし、
個人的な好みにおいて困ったことにね(汗)
その要求にメーカーが応えるという可能性は高い気がします・・・(><)

最悪全滅なんていうエンドもありそうで嫌だ・・・。
PC版で大人向けだから余計に有りそうだ・・・。
PC版ではそういう過激なことをやって、
最善の可能性エンドは移植して
コンシューマーで用意するというのが
僕が勝手に予測する展開です(><)
キャラクターの一部性格や設定を変更したりして、
物語を寄り良い方向に導いてもらうと(><)
最初の移殖、同人版からPS2版へ移殖する際にはそれを行ったわけですな。
同人版をプレイしている方へのフェイントもあったのかもしれんが。
・・・二番煎じになるからやらんか?
とにかく、僕の嗜好はそういうダークだけ展開は不得手なんですけどね~。
シビアな展開はあくまで通り道にして
最終的(if展開など)には最善の可能性を追い求めたいです(笑)

――確かに過酷で緊迫したシビアな状況
ハッピーエンドを求めるのが至難という悲惨な状況下
誰も死なず(もしくは死亡者最低限で)いきなり大団円エンドでは
流石の僕も白けるか、萎える可能性はありますが
(↑それでも最悪エンドよりはご都合主義エンドのほうが個人的にはマシなんだがw
僕の勝手な願望なので、それは色々と難しいでしょうな><)
最悪な状況に飲み込まれず、圧倒的に打開していくという展開は好きなので、
[if]で最悪エンド(全滅が1人のみ生き残りで主人公もヒロインも死亡)
そして、最悪の一歩手前エンド(主人公&ヒロインのみ)みたいなものをやって
頑張っても最悪一歩手前が限界というのを何度も見せつつ、
最後の[if]展開で黒幕の思惑を出し抜いて一気に打開し、
ゲームを崩壊させていくという展開が私的な好みですが、
配布された資料集による事前情報だと
[if]展開は2通りしかないため、
嫌な予感しかしないわけですが・・・。
まあ、他者のレビューを待つという方法もあるにはあるんだが、
僕はそんなに気長な性格ではないので(笑)
でも、物語くらいは良い終わり方をさせて欲しいものです。
(まあ、リアルで悲劇に遭ったことはないが
リアルは当然現実的で何かとシビアですからね・・・色々とね
物語くらいどんな状況下に陥っても乗り越えて
最終的にはハッピーエンドになって欲しいものですw)

本当に最終的に良心的なエンド(最善の可能性エンド)でも
あれば私的には嬉しいんですけどね~。
嫌なものを見せ続けられるとストレス増加によって
僕が[闇]に染まりそうなので(><)そうならない展開で
あって欲しいんですけど、無理かな~(苦笑)
単なる予測段階なのに、
なんで、そんなに悲観的なんだろう・・・(苦笑)

――ただ、大団円は良いけれども、
前作の繰り返しだと、二番煎じになるから、
新たな大団円を模索する必要性が出てきそうだが(笑)
超個人的には、二番煎じでも
色々な要素をくっつけることで面白くなるし、
そういう王道(大団円)なら二番煎じでも構わないんですけどね。
・・・僕個人の感覚でしかありませんが。
世間はどうなんでしょうね?ダメか(笑)

――ファンの要求に応えるのも応えないのも自由ですし、
(ファンがどんな要求[アンケート]をしているかは不明ですがw)
僕の求めている内容になるかは運次第というか、
制作側が何を書きたいのかに任せるしかありませんな。
そもそも、自分で(僕が)物語を書く場合は
自分の嗜好に合うものしか書きませんしね(笑)
自分の好みに合わないものが来たからって文句を言うわけにも行きません。
システムとか物語ボリュームとか、そういった基本的な部分に
体たらくの部分があったら文句の言いようもありますが、
物語の内容自体、創作内容は自由ですからね。
ファンを置き去りにするという場合もありますが、
そんなのは極端でない限りは
何を表現したいか理由があるのなら
何を作るかは制作側の自由ですからな。

感想では確かに好き嫌いを自由に書きますけれども、
自分の主観嗜好による感想であり、
別に文句ではありませんからね。

気に入ったヒロインに悪がいて欲しくは無いですが。
プレイするまでの楽しみにしておきましょう。
考えると嫌になりそうですから(><)

――どうでもいいことですが[購入の際]
僕が言うまでもないことでしょうけれども、
自分の嗜好と照らし合わせて
熟考した上で決めてください。
そうしないと後悔するかもしれません(笑)
後悔しないために、発売後に人の意見を読む、
というのも1つの手ですけれども、
他者のブログで自分の嗜好にとって
大事な情報が書いてあるとも限りませんからね。
(感性・嗜好は個人個人異なるものであり、
自分の嗜好で大事なことって細かいことまで含めたら
無数にあるでしょうからね。書いてあるとも限らないし、
その情報を集めるのも大変です)
そんなわけで、どんなに客観的な情報を集めても、
自分にとって面白いかどうかは
プレイしてみないと分からないことも多いと思います。
となると、結局は失敗覚悟で自分でプレイしてみるのが一番でしょう。
↑というか、それしか方法がないとも言える(><)

個人の好みによってはどんなに最後まで面白くても
結末が自分の求めていないものだったのなら
それだけで台無しになってしまうほど
個人それぞれの嗜好(感性)というのは、
それだけ繊細なものですからね。
まあ、制作側が悪いわけじゃなくて、
単に自分の嗜好がそうだからダメなんですけど、
嗜好を変えることは極めて難しいというか、
不可能に近いですからね(笑)
長い経験を経て徐々に変わっていくことや、
劇的な状況にぶち当たって急激に変化することはあるでしょうが、
それは変えたくて変えたわけではないでしょうし(><)


==============================
このブログの主題[ヒロインの魅力]についての欄です。
僕の自由勝手にコメントして参ります。
(主人公についても一応触れるw)
評価:悪いG~A.S良いで(±)で補正。
もちろん、僕の嗜好によって査定しています。
僕にとっての採点ですので人様の採点とは懸け離れている場合があるかもしれません(笑)
基本的に大半の評価が僕自身における萌える萌えないであり、
ヒロインとして萌えないけど、人としても好感が持てる、
面白いから登場すること自体は好きという場合も多い。
――ですから、評価が低いイコール嫌いというわけではありません。

今回ヒロインというか、
その辺が分からないため、
女性キャラクターのみ触れていきます。
まあ、この欄はヒロインに限らず、
女性キャラに触れていく欄なので(笑)
気に入った女性キャラクターがいたら
サブキャラでも取り上げていくので
いつもと変わりありませんな(><)

キャラクターたちの名の呼び方は
間違っている可能性もあるので鵜呑みにしないように・・・。
ローマ字の読みを参考にすると慣れていないので分かり辛い。

ほとんど関係のない話ですが、
ちなみに僕はパソコンのキーボードは少数派である
[かな打ち]だったりします(笑)

------------------------------
藤田修平〈ふじた しゅうへい〉CV:須賀紀哉さん/
主人公評価:??

主人公。

書くことがなくても主人公についてだけは触れます。
――どうやら、僕の好きなフルボイス(主人公含め)なので、
ここについては触れておきましょう。
僕の場合は、嫌な主人公(ヘタレ)ほど
脳内の主人公の声は最悪になるので、
格好良い声が付属することで、
まだマシになるかなと。
それと格好良い声が付属することで、
情けない主人公でも主人公(主役)っぽく見えますしね(笑)

嫌な主人公(←人によってそれぞれだろうけどもw)だと
イライラさせてくれるという意味で
何の特徴もない空気のような存在の主人公より嫌ですからね(><)
ヒロインよりも長い付き合いになるため、
主人公ってとても大事です(苦笑)
前半最悪でも後半に掛けて伸びてくるタイプは
前半さえ我慢すれば、ギャップが働いて凄く良く感じますからね。
主人公の急激な成長(変化)は王道といえば王道です。
[ひぐらし]みたいに(ひぐらしは超スロースターターだけどw
普通なら物語が進行していくにしたがって成長していくところですが、
この物語やギャルゲー系はif間で成長していくw)

前作の主人公[御剣総一]はヘタレなんだけど、
そのヘタレを利用して(利用したのはシナリオライターw)
ヘタレじゃない部分がありましたからね。
いや、ヘタレに見せないというべきか?
――その彼も後半のほうで、そのヘタレ部分が
マイナスには働いたことも多かったんですけどね(苦笑)

前作の主人公が精神的にアレでしたからね。
(↓前作主人公のアレ部分について
前作ネタバレ反転自殺願望者〈自殺に正統な理由を求める⇒他人を庇って、とか〉で
幼馴染みの彼女を最近亡くしていて、
生きることに気力を見い出せないでいた。
それで亡くなった彼女のところに行きたいけれども、
単なる自殺では幼馴染みに怒られるから
自殺するにも正統な理由を求めていた〈他人を助けて〉
全て無意識に近く、主人公は自覚はしていない。
過酷な状況下では主人公の自らの命を顧みない行為は
誰も信用できない疑心暗鬼に陥り易い悲惨な状況で、
相手を信用させることを可能にした。
何の取り柄もない主人公が主人公っぽく活躍できたのは
この[死にたがり]という、精神的な脆さがあったためである。
最終的には克服していくわけですが、
脆さゆえに幼馴染みの言い分を意固地に守るため
他人を傷付けることもできない。
↑亡くしたことが心の傷となっているため、
絶対的存在になっているため彼女の想いを病的に貫き通そうとする。
前作ネタバレ反転終わり)
――そんなわけで、今回の主人公は普通とまではいかないけれども、
今回の主人公は人を傷付けることもできるでしょうし、
自分の命が危うくなれば普通に他者を傷付けることもできるでしょう。
(↑それが出来ないから危うい境界に立っていた
ヒロインを信用させることも出来たわけですが)
邪悪に染まるというパターンもありそうで嫌だ。
まあ、全章がそうでないのなら悪に染まったパターンもありだが、
そればっかりだと僕の嗜好的に好まないですからね。

基本的に主人公は活躍(1番じゃなくてもとにかく活躍すればいい)するから
主人公だと思っているので、活躍しない主人公に意味はないと思っています。
個人的な固定概念です(><)
(物語の中心なだけで、能力的に活躍が難しいのなら
精神的主柱くらいにはなって欲しいものです)
最悪な主人公がいても、最後(if)で活躍してくれれば良いんですが。
――とにかく、僕が1番厳しいのは主人公に対してなので、
主人公が1番酷かったのなら、
僕のストレスは半端じゃないでしょうね(笑)

前作のキャラクターって出てくるんだろうか?
メンバーの中に・・・?それはないか。
でも、主人公とかはほとんど顔が映っていないから出てきても分からないかも。
流石にメンバーの中にいないのは分かるか(苦笑)

------------------------------
粕谷瞳〈かすや ひとみ〉 CV:北都南さん/
予想ヒロイン評価:S

狂気を秘めた野良メイド(戦闘メイド)

長い銀髪を三つ編みに束ねて、
片方の鬢も三つ編みに纏めているという髪型。
とても清楚で神秘的な雰囲気を持つ、
綺麗な女性である。

ちょっと紹介されている部分だと
喋り方とか僕が魅力だと思う(個人的な嗜好において)
メイドの要素は兼ね備えているようですが、
・・・内容は謎ばかりのヒロインで、
予想を大きく覆してきそうなキャラクターです。
魅力的だと感じていたのに、
真の正体を知ると、喋り方とか変化して、
私的嗜好において、萌えないヒロインだった・・・
なんていう結果もありそうですから。

世界観に不釣合いな気もするけれども、
僕は違和感なんて感じないからいいのですっ!!(ひゃほーい)
それに、この世界(日本?)は
大富豪にはメイド・執事が基本的にいる設定かもしれないし、
ていうか、二次元の世界ってそんなものも多いですからね。
――だからといって、確かにここにいるのはおかしいのかもしれんがな(笑)

彼女だけ女性(二十歳前後)で
設定では一人だけ不明で、学校の名前が明記されていない。
というわけで、少年少女ではないような気もするのだが・・・(笑)
メイドであることだけで充分なので、
そんなことはどうでもいい些細なことでしかない。
彼女が本当にメイドであるかどうかのほうが大事だ(><)

【衣装はメイド服】
戦闘メイドとかも好きですし、
メイド服のデザインも良く、
更にこのメイド服
きっちりとロングスカート丈ということもあって
僕の嗜好を網羅してくれているようなメイド服なんですけど、
プレイしてみてはっきりと分からない現状では、
どんなに魅力的で良いと思うヒロインであっても、
なんとも言えない状況です。
このメイド服のフロアロングのスカートには
実は戦い易い(動き易い?)ようにスリットが入っているみたいですが、
ロングスカート(フレア系)にスリットが入っているのは
結構好きだったりするのでまったく問題はないです。

何もかもが分からない現時点では
どのヒロインも予想を覆す可能性があると
言えることですがね(苦笑)
あからさまに怪しいほうが逆に怪しくない?
・・・そんなわけないか。

メイド服のロング丈スカートだけでなく、
そういうロング丈のスカート
大抵の衣服(衣装)でも
僕はロングスカート系が好きだという嗜好を持っていますが、
どのヒロインも制服姿が多いため、
基本的にミニが多く、
ロング丈メイド服という観点以外でも
ロング丈スカートというヒロイン自体
このゲームにおいて
かなり希少ということになっていますね。
そういう意味でも大事なヒロインです。

僕好みのロング丈メイド服を身に着けているので、
それをしっかりと堪能するためにも
ロングメイド服だと分かるように、
全身(それに近い)イベントCGが多いといいんですけれどもね。
上半身だけしか移さないのなら

それとも、ロングスカートという設定があるから
想像で補えということだろうか(笑)
上半身のみのイベントCGがあっても良いんですけど、
数多くは必要ないかなと
上半身のみだと構図とかそういうバリエーションも少ないですからね。

とにかく自身をメイドと称しているものの、
本当にメイドかどうかは定かではなく、
主を求めて旅をしていると口走っている。
優れた反射神経と動体視力を持ち、高い戦闘能力を有している。
しかしまあ、チェーンソーで武装しているって・・・
[乃木坂春香の秘密]のあのメイドさんか!(笑)

本当に好みで気になるヒロインなので、
主人公とどう関わるのか、
物語においてどんな立場なのか、
どんな役割を担っているのか、
とても気になります。
残念な立ち位置じゃないことを祈ります(><)

------------------------------
蒔岡玲〈まきおか れい〉CV:あじ秋刀魚さん/
予想ヒロイン評価:S

清楚和風系(?)武道(剣術)少女。

長い黒髪と古風な雰囲気を持つ綺麗な少女。
佇まいは凛としていて美しいという印象を受ける。

言葉遣いは丁寧だけれども、
冷たさを感じさせる厳しい物言いをする。
毅然として研ぎ澄まされた雅やかさがある。
(冷たさはこんな状況下だからかもしれんがなw
彼女の普通の態度っていうのが不明ですしね。
もちろん、元々こういう態度っていう可能性もある)

清楚系&貞淑系、もしくは古風(和風)系の武闘派少女は良いものです(><)
それも礼儀正しい&言葉遣いの正しいというのが良い。

そんな僕の好みのヒロイン(未定w)は
はたしてどんな風に主人公と関わってくるのか、
活躍に期待ですが、期待している(気に入っている)ヒロインだけに
内容が分からないため、不安も大きいです(笑)
単なるギャルゲーみたいに(単なる学園恋愛ものだけでなくバトルでもSFでも)
とにかく攻略ヒロインがはっきりとしているのなら
そんなに不安にもならないんですけど、
現状、扱いがどうなるのか一切不明ですからね。
全体を通して悲惨な扱いを受けないことを願うばかりです。

【衣装はセーラー服】
下記で紹介する琴美のセーラー服よりも
古風な印象を受けるセーラー服となっているのが特徴。
単純なデザインの問題だけでなく、スカートの長さなども含めて。
みんな学校が違うから色んな制服姿が堪能できますな(笑)
和風の長い黒髪に合うシックな制服が素晴らしい♪

古風という言葉が表すようにスカートの長さも
そこそこに長く淑やかな雰囲気と纏っているという印象。
黒というセーラー服もシックな雰囲気を与えているのかも。
スカートの長さについて
イラストCG(公式サイトにない)などで
大まかに分かるだけであり、
制服の詳細(全体図・背面や正面など)は不明のため、
今のところ、衣服全体の萌えについて
多くを語ることは出来ませんけどね(><)

とにかく、セーラー服のスカート(プリーツの数が多いタイプ)
は全体のバランス的にスカートは膝丈(膝が辛うじて見える、ちょうど隠れる)が
しっくりくる、最も映えるというのが私見です。
セーラー服の上着のデザインやバランスによっても
変わってくると思っているので自分の嗜好のことなのに
一概に「そうだ」とは言い切れないんですけどね(苦笑)
(上着の丈が長いとか、そういう旧式と違いがあるなど)

完全なロング(ある程度長い程度なら良いんですけど)
ブレザーのスカートならまだしも、
セーラー服のスカートでマキシ丈ロングだと
しっくりこないというか、清楚というよりは
昔の不良娘(スケバン)という印象になってしまいますからね。
(ブレザー系でもいたのか?流行った当時はブレザー自体少なそうだが・・・??)

由緒正しき武道の家系に生まれて
剣術の心得があり、数ある武器の中から迷わず[刀]を選んだ。
礼儀正しく真面目で、芯の強さを感じさせる。

------------------------------
吹石琴美〈ふきいし ことみ〉CV:雪都さお梨さん/
予想ヒロイン評価:A+

主人公・修平の幼馴染み。

セミロングの髪の娘。
穏和で心優しく自分の感情に真っ直ぐな少女。
修平には好意感情を持っているものの、男女の関係ではない。
ほかの女性が近寄ってくると、拗ねるという可愛い一面を持っている。
幼馴染みっぽいキャラクター。

立ち位置的に最もヒロイン(メイン)に近い感じですが、
実際のところはどうなんでしょうな。
(↑コメント、こればっかりになりそうだw)
普通に可愛い感じで、性格的にも魅力的そうな気はする。
幼馴染みヒロインでこの性格・喋り方だと
1ランクくらいダウンする場合はありますからね。
↑ただし、それもヒロインの中でメインだった場合になりますが(笑)
・・・なんとも複雑な嗜好だ(><)
メインっぽいヒロインがメインだと僕の天邪鬼が発揮するせいかも。

【衣装はセーラー服】
上記で紹介したヒロイン・蒔岡玲と異なり、
スカートの長さなどは普通かな(短めということ)
セーラー服のスカートみたいにプリーツの数が多いタイプで
スカートが短いのは全体のバランス的にどうもしっこりとこないため、
個人的には萌え度は控えめになります(笑)
・・・面倒くさい嗜好をしているとは思いますけれども。

セーラー服のデザインや形(上着の丈が長いなど、表に出す)によって
スカートが短くても良くなる(萌えてくる)場合もありますので、
琴美の場合はどうにも普通のセーラー服という感じですからね。
ただ、現実と異なり(3次元だと嗜好もだいぶ変わる場合もあるんだがw)
2次元なので絵師によってもだいぶ印象が変わってくるんですけどね~。
単純にこうだから良いというのは言えない場合も多いです。
最も好きなメイドや巫女でも絵師によってある程度は変動しますから(笑)

それでスカートの丈はイベントCG(参考)によって
判断しているわけですが、
そういうシーンで実際の設定と異なって見えることもありまして(場面上もあり)
判断が難しいんですけれども、
一応、短いスカート丈だったということにして話を進めています。

------------------------------
藤堂悠奈〈とうどう ゆな〉CV:沢村かすみさん/
予想ヒロイン評価:A+

気丈で行動的なタイプ。

灼熱のような長く赤い髪はとても美しい。
気丈で勝気な雰囲気の娘。
実際はどうか知らんが。

こういう気丈で勝気なヒロインもメインにくる場合は多いですな。
それで主人公に幼馴染みタイプのヒロインなどがいても、
主人公がこういうヒロインに好意を抱いて、
幼馴染み系ヒロインが失恋するというのは良くある話
・・・ラノベやコミック系の話です(笑)

【衣装は学校制服(セーラー服系)】
上記で紹介したヒロイン2人のセーラー服と異なり、
デザインが現代よりというか、古風なデザインでないもの。
上衣のデザインやブレザー系っぽいスカートなど
凛とした気高い雰囲気に感じるのは
彼女の雰囲気に触発されているからかな・・・?

銃火器のの扱いに長け、
高いサバイバル能力とフィジカルを持つ。
普段は理性的だが、激情型で燃え上がったら理性なんてぶっ飛ぶ、
という直情的タイプ。

なぜ、そんな銃火器の能力を・・・(笑)
過去に参加したことでもあるのか。
それともほかになにか・・・?
やっていることは善人タイプですが、
色々と不明な点も多い。

------------------------------
荻原結衣〈おぎわら ゆい〉CV:香山いちごさん/
予想ヒロイン評価:S-

大人しいタイプ。

栗色のロング。
温厚そうな雰囲気の娘。
こういう性格で、更にこの髪型、気弱で優しげな雰囲気など
かなり僕好みのヒロインと言えるでしょうな。
主人公との関わりや彼女の出番や役割はどうなるのか?
不安な点はいくつもありますが、
プレイするまで楽しみにして待つしかありませんな(><)
出番や活躍が多いことを願って・・・。

さて、荻原結衣は
この過酷な環境でどんな風に生きていくのか、
悲惨な目に合うのか、
性格が変貌していくのか、
それともこのままでい続けるのか。
生き残ることが出来るのか。
気になるところだらけですよ(笑)
これが演技でないのなら・・・って、
これを言い始めたらどのキャラも不明のため、
キリがないんですけどね(苦笑)

【衣装は学校制服(セーラー服系)】
藤堂悠奈と同じ制服でコメントを付属するなら同じになります。
上記で紹介したヒロイン2人のセーラー服と異なり、
デザインが現代よりというか、古風なデザインでないもの。
上衣のデザインやブレザー系っぽいスカートなど
清楚で可憐な雰囲気になっているのはスカート丈の違いか、
ヒロインの雰囲気が異なるせいか、その辺は分かりません(><)

大人しく実直で他人の言動に流され易く、
悪意を持った相手には簡単に騙される。

------------------------------
阿刀田初音〈あとだ はつね〉CV:金田まひるさん/
予想ヒロイン評価:S-

見た目年下系。

ややロングの髪の可愛らしいタイプで
年下っぽい可憐な少女。
普通に高校生みたいですが(笑)
こういうヒロインも結構好みです。
可愛らしい可憐な容姿も
口調の「~なのです」もかなり好き。

生存条件(ゲームクリア条件)が
全員生き残ることと
かなり過酷なものになっています。
――前作の最終章すら全員生き残っていないどころか、
早々に亡くなった人間がいますからね。
ただし、この生存条件がフェイクでないのならば、ですがね。
(もし、ジョーカーだとしたら状況は一変しますからね)

・・・キャラクターじゃなくて
僕が疑心暗鬼に陥っています(><)


【衣装は学校制服(セーラー服系)】
セーラー服については
このヒロインに至るまでに
だいぶ語ってきたと思いますけれども、
上着がちょっとは異なるだけでなくて、
更にスカートはボックスプリーツとなっています。
前面(背面は不明)はプリーツが2本と
落ち着いた雰囲気のある控えめのデザインとなっています。
彼女が身に着けているから大人っぽいとは言えませんが、
上品な感じに仕上がっている制服と言えるでしょう。

スカート丈は現代制服で平均的なもの。
つまり、ミニスカートです。
(といっても実はこの制服の基本(流行)は
地域(土地柄)でたいぶ変わるみたいで、
大阪とか行くとスカート丈が長いタイプも多いんですけどね
出張で大阪に行ってみて分かったことだけれども、
テレビでもそういう情報はあったけれども、
現場で目撃したことはなかったですから
情報では神戸などもそうだという話はテレビで聞いたことがあるんだが、
地域があっているかは記憶が不明です
僕の嗜好的に長いのはいいことですw
このブログで3次元にはあまり触れないようにしているんですけどねw
メイド喫茶や馬車道なら良いんですけど、
高校生はまずい気がするので・・・触れちゃったけど)


誰にでも笑顔を振りまく愛嬌のあるキャラクター。
[~なのです]が口癖で、特徴的な帽子が幼く感じさせる。
現役のアイドルで、テレビドラマにも出たことがあるらしいが、
現在は人気が低迷しつつあり、不本意な仕事を強いられているようだ。

------------------------------
上野まり子〈うえの まりこ〉CV:桜川未央さん/
予想ヒロイン評価:A+

委員長タイプの真面目系。

やや気丈でショートカットの髪型。
美人タイプ。
委員長メガネ系だと
メガネヒロインは例外を除いて
僕の嗜好で萌えない傾向があるため、
微妙という感じになりますけれども、
こういうタイプの委員長ならOKです(笑)

【衣装は学校制服】
ブレザーにボックスプリーツという構成。
今回はブレザータイプに普通のプリーツスカートという構成がない?(><)
ボックスプリーツ系は好きだからいいんですけどね。

制服と書いた場合には基本的にどのヒロインの学校が異なり、
当然ながら制服も異なるわけですが、
下記ヒロインとはるなと同様の学校のため、
制服も同じものとなっています。
(そういうヒロインはほかにもいるみたいですが)
着方は異なる部分はあるみたいですが。

制服は上品な落ち着いた色とデザインのもの。
スカートは大人っぽいボックスプリーツとなっている。
(前面のプリーツは2本、背面は不明)
私的にボックスプリーツの本数が少ないと大人っぽい印象と
受け取る場合は多いかもしれません。
ヒロインの雰囲気やブレザーのデザインによって
変わってくることも多いとは思いますがね。

生真面目で頑固、古典的な委員長タイプ。
「ゲーム」への参加を断固拒否して
主催者を見つけ出してその罪を暴こうと奮闘する。
正義感が強いが、勢いが余ってから回りすることも。

主催者を暴くということには共感が持てますな。
僕はこの物語内で暴かないでどうするって思っているので(笑)
最初にコメントに語っている通り、
最良のエンディングが無いだけでなく、
目指す道が間違っていないとも限らなくて・・・。
最初からそういう物語の根幹に関わる目標を持っていると
上手くいかないことが多いとかいうか、
予想外の出来事にぶつかって挫折するような気も(苦笑)
それに主催者がいるとしてそれをどうにかしようとするのは、
このゲームをクリアすることよりも圧倒的に難しいことですからね。
ああ、彼女の行く末はとても気になります(><)

それに確かに前作のストーリーを考慮するのなら、
この「ゲーム」をぶっ潰してやる、で間違っちゃいなんいだが
この物語の根幹ってそれで間違っていないんだろうか・・・?
僕はそこに疑念を持っているわけですが(笑)
(物語の根底を覆すような物語である場合も・・・?)

------------------------------
細谷はるな〈ほそたに はるな〉CV:かわしまりのさん/
予想ヒロイン評価:S-


両サイドの鬢は肩に届きそうなところで、
後方は短いポニーテールとなっている。
容姿や髪型も結構好みであり、
更に無口でクール(落ち着いた)態度も良く、
喋り方も女性言葉らしく、その部分も好みであるため、
お気に入りのヒロインにしました。

それに、こういう髪型でこういうタイプ(性格&喋り方)のヒロインは
記憶がないので(覚えていないだけかもしれんがw)
どこかにいたとしても例としては少ないはず。
・・・↑適当に言っているだけにすぎない(><)

雰囲気と印象と容姿や性格・喋り方など含めた
総合評価ではかなり良いと思っているヒロインです。
実際の物語での役割と活躍は気になります。

結構褒めてばかりの良質ヒロインですが、
それでも予想評価は[S-]となっています。
限りなく[S]に違いですがね。
はっきりいって超好みの[蒔岡玲]や[粕谷瞳]が
いるというおかげで、[S-]に留まっているという感じですかね。
一部ほかのゲームと比べると多少は厳しくなっているかもしれませんね(><)

[蒔岡玲][粕谷瞳]の両者が
ゲームプレイ後に、私的ヒロイン評価が予想内・予想外に良い場合は
片方もしくは両方を最高ランク評価の[S+]に上げるなりして
[細谷はるな][S]評価にするかもしれません。
この彼女自体もゲームをプレイしてみるまでは分かりませんが(笑)

【衣装は学校制服】
制服のデザインは同じ学校であるため、
「上野まり子」と同様で
着方が違うだけで同じ学校だけあって同一のため、
制服のデザインについて説明はしません。
設定上、同じ学校になっているけれども、
それがプレイヤー(視聴者)を騙すものになっていないとは
限りませんよ(笑)

実際の性格は置いといて、
この容貌と髪型で
こういう上品な色合いと制服のデザインは
古風でお淑やかなヒロインに映りますな(><)
単なる淑やかというよりは
この髪型は可憐さも混じっているという気はします。

これらの印象は一応見たままに語っているつもりですが、
この髪型で根強い印象のヒロインがいまして、
その1番お気に入りのヒロイン[鷺ノ宮藍(Canvas)]の印象を
引きずっているという気もします(笑)
ちなみに、この髪型が好きなのも[鷺ノ宮藍〈さぎのみや あい〉]
影響であることは説明するまでもありません(><)

必要最低限の言葉しか発しない無口な少女。
他人との馴れ合いを嫌って単独行動に走ることも。
信頼した相手には甘えるような態度を見せることから
人間不信というわけではないらしい。
「ゲーム」について何かを知っている素振りを見せるが、
多く語ることは無い。

==============================

滅茶苦茶な部分もあるけれども、
言いたいことは言ったので満足です(←自己満足)
後はプレイしてからですな。

表面的にはかなり僕の嗜好において好みのヒロインが用意されています。
扱いがヒロインかどうかも分からない点は残念ですがね。
――それと表面的に、と書いてある通り、
偽りの仮面を被っているヒロインがいないとも限らないですから(笑)
前作の場合はその仮面を被っているのは
ヒロイン(待遇)だったので良いのですがね。
それに引っぺがした仮面自体が悪いものではなかったので(笑)
性格や口調部分に変化はありますがそれだけだったですからね。

この記事へのコメント