小説&漫画購入報告(2010年下半期編②)

恒例のライトノベル(ジュニアノベル)とコミックスの購入報告です。
どんなものを買っているか、どんなものを読んでいるのか、
そういったものを明らかにするためのものです(><)
気が向いたものには軽くコメントも付属。
更に気分が乗ったら後日に個別にて
作品の感想(レビュー)を行います。
何もかも気まぐれです。
コメントなどは自分の嗜好に偏った、
主観によるものなのです。

「魔法先生ネギま!/32巻」講談社
「紅 kure-nai/6巻」集英社
上記、2つはアニメDVD付属版を買っているので
後日に別途に紹介する予定です。
・・・忘れなければ(><)

というか「魔法先生ネギま!」は33巻が出たんですがね・・・。
・・・感想を意図的に忘れる可能性アリ(それは忘れていると言えるのか?w)

==============================
クリックすると画像は大きく表示されます(元の大きさになる)
------------------------------
画像

画像

画像


◇【画像】
「ハーレムはイヤッ!!」電撃文庫
「とある魔術の禁書目録(インデックス)(22)」電撃文庫
「ウチの姫さまにはがっかりです…。」電撃文庫
「平安鬼姫草子~神ながら神さびせすと~」電撃文庫
「はい、こちら探偵部です」電撃文庫
「はい、こちら探偵部です2」電撃文庫
「理想の彼女のつくりかた 第二稿・雨と紫陽花とセカンドガール」電撃文庫
「死想図書館のリヴル・ブランシェⅢ」電撃文庫
「イスカリオテⅥ」電撃文庫
「撃路崎真咲の密室プレイ」電撃文庫
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない⑦」電撃文庫
「彼女と運命ゲーム系」電撃文庫
「ソードアート・オンライン6-ファントム・バレット-」電撃文庫
「ラッキーチャンス!8」電撃文庫
「ギャルゲーマスター椎名」電撃文庫
「ギャルゲーマスター椎名2」電撃文庫
「彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き!2」電撃文庫
「アクセル・ワールド6-浄化の神子-」電撃文庫
「恋する鬼門のプロトコル2」電撃文庫
「ロウきゅーぶ!5」電撃文庫
「ロウきゅーぶ!6」電撃文庫
「恋敵(ライバル)はお嬢様☆その2」電撃文庫


ちゃんと確認していないけれども、
記載している作品は画像内にあるのか?(笑)
「ハーレムはイヤッ!!」
コメディっぽいようでいて、
結構真面目というかシリアスというか、
そんな感じです。
コメディ寄りだと思っていたんですけど、
そうでもない部分が多いです。
続巻があった場合には
コメディ・シリアスどっちに寄るか予測不明です。
それでもって内容自体はタイトル通りかなと思います。
ちなみに僕は先輩ヒロインが良いね。
実際のところ彼女にはお嬢様などだけでなく、属性が更に付与されるのだが。
それは読んでみてのお楽しみということで。
私的にはネタバレしてもいいんですけどね。
ただ、タイトル通りならサブでヒロインとは呼べないのかもしれませんが(><)
「ウチの姫さまにはがっかりです…。」
レビュー候補。
この中にレビュー候補はいくつもあるけれども、
一応優先順位が高めということで。
「死想図書館のリヴル・ブランシェⅢ」
バニーガールは僕の趣味ではないんですけれども、
いや、なんか「あり」かなと思ってしまう自分がいました(笑)
無駄(?)にエロいが、こういうのならOKです(><)
僕にはバニー属性は一切無いのに
すげぇ、魅力的に感じてしまいました。
・・・なんてことだ(笑)
この物語の展開とイラストに感謝ということで。
内容に触れていないんですけど、
このほうが僕らしくはある(苦笑)
------------------------------
画像


◇【画像】
「ワールドエンドライツ3」HJ文庫
「グロリアスドーン12 出会いの詩は静かに広がる」HJ文庫
「笑わない科学者と咲く花の魔法使い」HJ文庫
「セイギのミカタ いちご模様は正義の印」HJ文庫
「瑠璃色の刃と朱色の絆」HJ文庫
「百花繚乱」HJ文庫
「百花繚乱 巻ノ弐」HJ文庫
「百花繚乱 巻ノ参」HJ文庫
「百花繚乱 巻ノ肆」HJ文庫
「百花繚乱 巻ノ伍」HJ文庫
「百花繚乱 巻ノ陸」HJ文庫


「瑠璃色の刃と朱色の絆」
「笑わない科学者と咲く花の魔法使い」

レビュー候補だが、レビューできるかはとても怪しいところ(笑)
「グロリアスドーン12 出会いの詩は静かに広がる」
これにて最終巻。
全巻の半分までしか読んでいないんですけれども、
最後まで僕好みの内容なのか、ちと不安です。
読んだところまでは結構気に入っているだけに(><)
------------------------------
画像


◇【画像】
「桐咲キセキのキセキ」GA文庫
「断罪のイクシード-白き魔女は放課後とともに-」GA文庫
「おと×まほ12」GA文庫
「魔王はあまねく愛をまく!」GA文庫
「サムライガード7 決意と別れと新たな旅発ち」GA文庫
「あるいは現在進行形の黒歴史2-紅バラの剣姫が俺の嫁?-」GA文庫
「踊る星降るレネシクル3」GA文庫
「深山さんちのベルテイン」GA文庫
「ゆうれいなんか見えない!2」GA文庫


「断罪のイクシード-白き魔女は放課後とともに-」
主人公は「とある魔術の~」と同類という感じ?
だからこそ気に入ったとも言えるけですがね。
好きなタイプの主人公は何人いても良いということですな(><)
最後は結局彼女が好きだからというありきたりなものに落ち着くかと思いきや、
そうでなかったというのは結構意外でしたね。
友人として、本当の友人になるために、
今後も笑って過ごせる日々のため、みたいな感じでしたよ。
私的に異性として好きだからとかそういう展開は
実はそんなに好きではないので
個人的には意外で良かったんですけどね(笑)
ちなみに後日のレビュー候補です。↑で完了で良い気もするが(ダメかw)
現在発売している2巻も既に読んでいます。
てか、2巻発売するほどに感想や購入の報告が遅れているというわけですな。
「桐咲キセキのキセキ」
結構面白かったけれども、上記と比べると
私的嗜好に1・2歩嵌まらなかった(及ばなかった)という感じでしょうかね。
ヒロインはかなり好きですが(><)

------------------------------
画像


◇【画像】
「導紋のリーリ」一迅社文庫
「放課後ランダムダンジョン」一迅社文庫
「星図詠のリーナ2」一迅社文庫
「星図詠のリーナ3」一迅社文庫
「アースライト・ウォーズ 割れぬ少女と蝉の王」一迅社文庫
「千の魔剣(サウザント)と盾の乙女(イージス)」一迅社文庫
「名門校の女子生徒会長がアブドゥル=アルハザードのネクロノミコンを読んだら」一迅社文庫
「土属性はダテじゃない!4」一迅社文庫

「導紋のリーリ」
ちなみに後日のレビュー候補の一つです。
主人公の少年は最後の最後でようやくヘタレ脱出という感じでした・・・zzz
内容は結構好きでもそこだけは疲れました(><)
ただ、ヒロインはとても好みですぞ♪
「千の魔剣(サウザント)と盾の乙女(イージス)」
こちらも後日のレビュー候補の一つです。
ヒロインは2人で、そこが良い!
言ってることが何も変わらない気も・・・今更か(笑)
「土属性はダテじゃない!4」
イラストは超絶好みって言ったばかりですね。
内容はほどほど――っていってもまだ4巻は見てない(><)
5巻も購入してるが当然見ていない(笑)
------------------------------
画像


◇【画像】
「モンスターハンター」ファミ通文庫
「モンスターハンター 閃光の狩人②」ファミ通文庫
「モンスターハンター 閃光の狩人③」ファミ通文庫
「まかでみックス せぶんす お兄ちゃんと呼ぶんじゃねぇッ!」ファミ通文庫
「ふぁみぷれっくす ぼりゅーむ2」ファミ通文庫
「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!disc6」ファミ通文庫
「学校の階段の踊り場2」ファミ通文庫


「学校の階段の踊り場2」
続きを期待してしまいたくなる短編集です。
時折とはいえ、こういうのが出てくるのは楽しいです。
「モンスターハンター 閃光の狩人②③」
モンハン小説シリーズの中では1番のお気に入り作品です。
最終巻④も発売済み。
終わってしまうのは寂しいところです。
「まかでみックス せぶんす お兄ちゃんと呼ぶんじゃねぇッ!」
このシリーズは面白いというか、
ヒロイン的には前回のシリーズよりもお気に入りです(笑)
↑それが大きな理由という気も・・・。
------------------------------
画像


◇【画像】
「サクラダリセット4
GOODBYE is not EASY WORD to SAY」角川スニーカー文庫
「Mix! お姉様と呼ばないで」角川スニーカー文庫
「おやすみ魔獣少女 炎の記憶」角川スニーカー文庫
「レイセン File2:アタックフォース」角川スニーカー文庫
「放課後のダンジョンにほまれはよみがえる魔物を見た」角川スニーカー文庫


「サクラダリセット4」
3までは読んでいるものの、4はまだ読んでいません。
1巻を読む時まで、イラストだけで勝手に予想していたわけですが、
ヒロインの性格や喋り方は第一印象とだいぶ異なっていました。
予想の斜め上でしたが、ヒロイン的にはこのほうが僕の好みだったので
良かったといえるでしょうな(><)
今では容姿・性格ともにしっくりきていますけれども(笑)
前にも書いたっけ?覚えていない・・・zzz
「放課後のダンジョンにほまれはよみがえる魔物を見た」
イラストは激好みなんですけど、内容自体はほどほどか。
この中でレビュー候補はあるけれども、
これしか読んでいないのでレビュー候補にするか決められない(><)
------------------------------
画像


◇【画像】
「不思議系上司の攻略法」メディアワークス文庫


後日のレビュー候補の一つです。
この時点で1冊撮りなので、
早々にレビューを済ませたいかも(><)
まあ、既に購入報告自体がだいぶ遅れているんだが・・・。
特別な良さはないんだけど凄く面白かったというか、
ヒロインの魅力も堪能しつつ、なんだかんだと楽しめた作品です。
メディアワークス文庫なのでイラストはほとんどありません。
(表紙と中表紙?の2枚のみとなっています)
メディアワークス文庫を知らない方&中身が出来ない本屋などは
そこだけは注意です。

------------------------------
画像


◇【画像】
「万能鑑定士Qの事件簿Ⅵ」角川文庫


このⅥまでは読んでいます。
Ⅶは持っていて、Ⅷは2月25日に発売予定です。
発売日は文庫(Ⅶ)に載っているのを見ているだけで、
本当に発売するかは確認していません。

スニーカーではなく、角川文庫なので
言うまでもないと思いますけれども、
イラストはこの表紙のみです。

個別撮りなのはレビューするためではなくて、
種類的に一緒に撮れないため(笑)

------------------------------
画像

画像


◇【画像】
「学園とセカイと楽園3 エアランド・バトル」MF文庫J
「喰-kuu-」MF文庫J
「きゅーきゅーキュート!SS3 とびっきり巴!」MF文庫J
「つきツキ!」MF文庫J
「ツイてない!悪魔幼女は男がキライ」MF文庫J
「この中に1人、妹がいる!2」MF文庫J
「不堕落なルイシュ2」MF文庫J
「緋弾のアリアⅧ」MF文庫J
「ヒメカミ2 月狂いの獅子(ルナティックレオ)」MF文庫J
「変態王子と笑わない猫。」MF文庫J
「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その2 さよならの週末はささやかな終末」MF文庫J
「アルテミス・ハウリング2 罠をかける少女」MF文庫J
「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」MF文庫J


「変態王子と笑わない猫。」
「喰-kuu-」
「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」

レビュー候補は上記3つ。
読んでみてそれぞれ面白かったので。
「変態王子と笑わない猫。」は主人公の暴走っぷり
「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」はヒロイン(主人公の妹)
の暴走っぷりがそれぞれ楽しめます(笑)
「喰-kuu-」は大食いの青春物で、
主題は王道じゃないが、展開は正統派で何気に面白いです。
まさに青春物(?)ですな。
しかしまあ、ラノベで大食いを主題に持ってくるとは(笑)
その発想はなかったな~(僕の貧弱な発想じゃ特にw)
個人的に大食い番組は昔から好きなので
ブームの時は色々な大食い番組があって楽しんでいたけれども、
視聴者が大食いを真似して何か問題が起きたんだったけ?
たぶん、そのせいで大食い番組が姿を消したこともあったけれども。
(↑正確な理由は知らんけども、そうだという記憶が残っているだけ
僕が勝手にそう思い込んでいるだけかもしれない)
今でも昔ほど大々的にはやっていないけれども、
現在でも恒例のテレビ東京では時折やっていますよね。
------------------------------
画像


◇【画像】
「101番目(ハンドレットワン)の百物語2」MF文庫J
「機巧少女(マシンドール)は傷つかない4」MF文庫J
「精霊使いの剣舞(ブレイドダンス)剣と学院と火猫少女」MF文庫J
「IS〈インフィニット・ストラトス〉⑥」MF文庫J
「黒のストライカ」MF文庫J


一つ同じものを撮っているのに気付きました(笑)
まあ、気にしないでください(><)
この程度の失敗、自分が気付かないものがいくつもあるでしょうから
このまま載せてしまいます。
取り直すのも面倒なので。

「101番目(ハンドレットワン)の百物語2」
僕が早い段階でお気に入りにした作品の続編(第2弾)です。
僕の好きな要素がきちんと入っています。
展開とかも好きだし、僕の嗜好に沿っている物語です。
作品の良し悪しなんて分からないけれども、
僕の嗜好にとっては好きだと断言できます。
ですから、ほかの方にとってどうかは分かりませんが(苦笑)
本当なら僕の好きな要素の部分でも取り上げて
一つずつ語ってみたいですが、
そんな時間はないんでしょうな・・・zzz

一応、基本路線はバトルものと言えるのかな。
ちなみにラブコメやハーレム系(?)です。
とにかく簡潔に言えることは、
ハーレム系が好かない人は読まないほうが良いといえるでしょうな。
まあ、正確にはハーレムまでは行きませんがね。
はっきりと言えるのは主人公がモテることと、
主人公には特定の相手がいないことくらいです。
(あれが本当にモテていると言えるのか人によって違うかもしれんがw)

僕は好きなので続いて欲しいですけれども、
こればっかりは世間様の人気(売り上げ)次第ですからな~。
嗜好なんて人それぞれで運次第みたいなところもありますね。
人気の出るものばかり好きになるわけじゃないしね。
好きなものがたまたま人気が出たり、まったく人気が出なかったり様々ですから。
自分の感覚では人気が出るか出ないかさっぱり分かりませんからね(苦笑)
・・・自身の傾向と予測なんてアテになるものではない(><)

この話はしつこいほど何度も言っていることです(笑)
------------------------------
画像

画像


◇【画像】
「これはゾンビですか?6 はい、どちらも嫁です」富士見ファンタジア文庫
「東京レイヴンズ2 RAVEN”s NEST」富士見ファンタジア文庫
「東京レイヴンズ3 cHlmAirA DanCE」富士見ファンタジア文庫
「紅のトリニティ」富士見ファンタジア文庫
「烙印ゼミナール3 モンスターコレクション」富士見ファンタジア文庫
「氷結鏡界のエデン5 絶対聖域」富士見ファンタジア文庫
「ハイスクールD×D8 アクマのおしごと」富士見ファンタジア文庫
「鋼殻のレギオス16 スプリング・バースト」富士見ファンタジア文庫
「天使から百年2-天使から零年-」富士見ファンタジア文庫
「アビスゲート3 楔を穿つ淵の使者」富士見ファンタジア文庫

「シュタインズ・ゲート~円環連鎖のウロボロス①~」ドラゴンブック
「アリアンロッド・サガ・リプレイ⑤ 激闘のピースメイカー」ドラゴンブック
「アリアンロッド・サガ・リプレイ・エチュード」ドラゴンブック


「これはゾンビですか?6 はい、どちらも嫁です」
「紅のトリニティ」富士見ファンタジア文庫
「東京レイヴンズ」

レビュー候補は上記3つ。
もちろん、レビューに挙げたのは読んでみて面白かったから。
たまに言いたいことがあってレビューすることもありますけども。

「東京レイヴンズ」についてちょっとだけ。
僕には男装少女萌え嗜好はないので(喋り方含めて)
2巻以降は微妙な部分もありますが(苦笑)
話は面白いというかとにかく読み易いです。
個人的には平常時モードと男装モードが半々だと良いんですけれどね、
――この言い分は単なる私的な嗜好によるものです(笑)
まあ、服装は偽らなきゃいけないので、
どうにもならんと思うので主人公と2人きりの喋り方だけでも(><)
人目のある外だと難しいんでしょうがね。
主人公たち側だけが彼女が少女だと知っているという状況自体は
好きなのでそういう二面要素は良いんですけれどね。
あとは仲の良くなってきたクラスメイトにネタ晴らしをする場面は楽しみですが、
その驚き部分は一度きりですから使いどころが・・・(笑)
僕は何を気にしているのやら(><)
------------------------------
画像


◇【画像】
「パパのいうことを聞きなさい!4」スーパーダッシュ文庫
「パパのいうことを聞きなさい!5」スーパーダッシュ文庫
「神剣アオイ3 過去と未来、交わる剣」スーパーダッシュ文庫
「一天四海のマーガレット3 マクスウェルの悪魔」スーパーダッシュ文庫
「カンピオーネ! Ⅷ受難の魔王たち」スーパーダッシュ文庫
「ドラゴンクライシス!12~決戦前夜の少女たち~」スーパーダッシュ文庫
「Dソード・オブ・レジェンド2 
三次元の女子が絡んできたが、それより俺はギャルゲーがしたい!」スーパーダッシュ文庫

「女子モテな妹と受難な俺」ガガガ文庫
「RIGHT×LIGHT10~たゆたう方舟と泣かない英雄~」ガガガ文庫


この中で1番好きなのは・・・
この中で選ぶだけでも難しいです。
というわけで以下の3つが個人的に良いと思うものです。
「パパのいうことを聞きなさい!」
「カンピオーネ!」
「RIGHT×LIGHT」


次点で「一天四海のマーガレット」かな。
最終巻で結末やエンディングが好みかは・・・言わないでおこう(笑)

「ドラゴンクライシス!」は物語は好きなんだけれども、
ヒロインは多数でもあのメインヒロインが基本的に主である傾向が強いので、
ほかのヒロイン好きの僕からすると心の底から好きと言えないだけ(苦笑)
難儀な嗜好です。
ただ、6巻以降は読んでいないで溜まっているんですけどね。
------------------------------
画像


◇【画像】
「Dr.るっる/3巻」集英社
「青の祓魔師/1~5巻」集英社
「ブリーチ/47~48巻」集英社
「D.Gray-mam/21巻」集英社
「バクマン。/10巻」集英社
「エンバーミング/4巻」集英社


「青の祓魔師/1~5巻」
TVアニメ化っていう帯を見たら
気になってしまい軽く内容をチェックして買ってしまいました(><)
------------------------------
画像


◇【画像】
「ハヤテのごとく!/26巻」小学館
「神のみぞ知るセカイ/11巻」小学館
「とある飛空士への追憶/2~3巻」小学館
「DEFENSE DEVIL/6~7巻」小学館


「神のみぞ知るセカイ/11巻」
「ハヤテのごとく!/26巻」

小説&漫画購入報告(2010年下半期編①)で
触れたばかりだから触れなくていいですよね(笑)

――といいつつ、結局は書くんですけど(汗)
「神のみぞ知るセカイ」の本編というか連載のほうが、
遅れているんじゃないかという気がしています。
連載(雑誌)は見ていないから分かりませんが。
雑誌を読んでいるブログでも探せばいいのかもしれませんが、
言うまでもなく面倒なのでやめておきます(><)
アニメ化に伴って、色々な仕事が入っているせいだと思う(予測する)けれども。
色々な仕事、分かり易いところでCD(キャラソン)のジャケット絵とか?
(初回生産分特典・差し替えジャケット)
実は購入紹介はしていないだけで、OP含めて4枚もCDを購入していたり(笑)
あれって作者の描き下ろしだったと思うけれども・・・。
僕が知らないだけで色々とあるんでしょうな。
連載の休みはあったりしても、仕事は増えているという状況でしょうな。
コミック(12巻)の発売が遅いからそう思っているだけで、
実際には休載が多くなっているかも確認していません(><)
知名度が上がって、連載の継続は長くなりそうで嬉しいけれども、
その点だけは残念ですかね(苦笑)
(12巻は3月も発売しないっぽい・予定を見る限りは)
------------------------------
画像

画像


◇【画像】
「東京ESP/2巻」角川書店
「メイのないしょ/1~2巻」角川書店
「エバーグリード/3巻」角川書店
「マケン姫っ!/5巻」角川書店
「ミスマルカ興国物語/3巻」角川書店
「マクロス-THE FIAST-/2巻」角川書店
「戦闘城塞マスラヲ/3巻」角川書店
「これはゾンビですか?/1巻」角川書店
「FORTUNE ARTERIAL/5巻」角川書店


「マケン姫っ!/5巻」
物語の展開は結構遅い気もするし、
連載の速度も速くないので、
そういう意味でも遅くは感じるものの、
それさえ除けば結構好みの漫画です。
------------------------------
画像

画像


◇【画像】
「アリアンロッド・サガ・コンチェルト/1巻」メディアワークス
「乃木坂春香の秘密/4巻」メディアワークス
「鉄(くろがね)のラインバレル/16巻」秋田書店
「学校の階段/1巻」エンターブレイン
「機巧少女(マシンドール)は傷つかない/1巻(CD付属版)」メディアファクトリー
「バンブーブレード・ビー/4巻」スクウェアエニックス
「プラナス・ガール/3巻」スクウェアエニックス


「アリアンロッド・サガ・コンチェルト/1巻」
絵もいいけれども楽しめる内容です。
TRPGリプレイから派生した漫画ですが、
こういうのも見ているとファンタジー良いなと思って
小説を書きたくなってしまいます(←影響され過ぎw)
絵も僕好みなのでそれも素晴らしいところ。
ヒロインなどとても魅力的です。
「機巧少女(マシンドール)は傷つかない/1巻(CD付属版)」
原作小説(MF文庫)の漫画版。
原作の絵師さんも素晴らしく良いけれども、
こちらも漫画家さんも決して負けていない絵の持ち主。
もちろん、原作絵師さんのキャラデザにも合っていますね。
(雰囲気を壊していないという意味で←なんか偉そうな物言いだw)
小説にもCD付属版があったんですけれども、残念ながら買えませんでした(TT)
「学校の階段/1巻」
原作みたいに小説で読むのも楽しいですが、
漫画という映像(絵)で見るのもやっぱり良いものです。
競争というアクションやヒロインの魅力などは特に(><)
------------------------------
画像


◇【画像】
「アイドルマスター・ブレイク!/1~3巻」講談社
「きつねのよめいり/5巻」講談社
「エデンの檻/10巻」講談社
「龍狼伝 中原繚乱編/8巻」講談社


「アイドルマスター・ブレイク!/1~3巻」
以前から気になっていたけれども購入しなかったもの。
とうとう買いました。
原作ゲーム版は主人公はプレイヤー的なものだから
固定イメージがあるわけじゃないのかもしれませんが、
イメージ的には社会人っぽいのが原作イメージかもしれません。
若いプロデューサーという感じで(22~24歳イメージ)
まあ、僕の勝手なイメージ(妄想)ですがね。
この辺は人それぞれのイメージなので、
実際に統計を取ってみたいことには
どういうタイプのイメージが多いのか分かりませんが(苦笑)
――別にもっと大人や大学生でもいいけれども、
この漫画版みたいに主人公は高校生くらいのほうがしっくりくるかなと、
いうのが僕の勝手な感想です。
大人の社会なので高校生主人公が活躍するには難しく、
漫画の内容のようなものになると思いますが、
これはこれでいいかなと思っています(笑)
ちなみにこれらは原作知らない者の妄言&僕の勝手な嗜好によるものの感想です(笑)
まあ、いつものことと言えばいつものこどですがね(汗)
この漫画家さんは漫画だけでなく、イラスト等もやっているので、
ところどころでそのイラストなどを見掛けたりしています。
「きつねのよめいり/5巻」
主人公の性格も良いし(格好良いわけじゃないが、まあラブコメだから別に)
ヒロインは悪戯好きだけれども僕の好みのヒロインですし、
内容も僕の好きなものなので気軽に楽しく読めますな(><)

この記事へのコメント