「とある魔術の禁書目録(インデックス)(21)」など電撃文庫購入報告(8月分)

とりあえず、読んだ作品を記事タイトルに入れました(><)
読んだものって、まだこれ1冊だけなので
迷う必要もありませんね・・・。
・・・以下も含めて前ふりは「7月分」と言ってること同じです(笑)

記事タイトルに8月分と書いてありますが、
8月に購入したという意味です。
多分、8月発売のものでしょうけどね。
一応、優先しているのは購入した月なので、
確認も面倒なのでこうしたほうが間違っている確率も低いため
そういう風にしてあります(笑)
絶対と言わないのは、そこまで徹底しているわけではありませんし、
徹底しても万が一ということはありますから。

ちなみに余裕があったら後日、感想を行います。
こればっかりは断言できるけど、
いくつか感想をすることはあっても全部することはありません(笑)
そもそも、全部読まない可能性すらありますからね。
(読んでも大半が感想をしないと思いますけどね)
読みきれず、新しいもの新しいものに流れていく傾向が・・・(汗)
それに・・・ぶっちゃけ、感想を書いている暇があったら読んだほうが良いですからね~(><)

これから漫画・小説関係は以下の文章を当分の間、固定文として付属します。
最近何を読んだかはここを見てもらえれば分かります。
数日、もしくは1週間ほど登録が遅れる場合はありますけどね。
こまめな作業に向いていないので。
(趣味で小説を執筆する場合も時間を取って一気に書くタイプですからねw)
ということで実は【読書メーター】に登録してみました。
http://book.akahoshitakuya.com/u/62773
5月の中旬以降に読んだものを記録しています。
==============================
画像をクリックすると大きいのが表示されます。
画像

◇【画像・上】
「とある魔術の禁書目録(インデックス)(21)」電撃文庫
「私立!三十三間堂学院⑩」電撃文庫
「竜と勇者〈あいつ〉と可愛げのない私2」電撃文庫
「煉獄姫」電撃文庫
「官能小説を書く女の子はキライですか?」電撃文庫
「理想の彼女のつくりかた 第一稿のはずがポンコツだなんて、そ、そんなバカなっ!」電撃文庫
「ソードアート・オンライン5-ファントム・バレット-」電撃文庫
「偽りのドラグーンⅣ」電撃文庫
「さくら荘のペットな彼女3」電撃文庫

------------------------------
(主人公評価(男):--/ヒロイン評価:--/イラスト:--/物語評価:--)
読んだもののみ、上記の評価欄をゲーム(ギャルゲー)と同様に評価します。
[悪いG~A.S良い]で(±)で補正。
もちろん、僕の嗜好によって評価を決めています。
僕にとっての採点ですので人様の採点とは懸け離れている場合があるかもしれません(笑)
それと本の読みが足りず誤りがある場合もあると思います。

◇「とある魔術の禁書目録(インデックス)(21)」
(主人公評価(男):S/ヒロイン評価:S-/イラスト:A+/物語評価:S)
無駄に余計なことを書いてしまった・・・(><)

知名度の高い人気タイトルだから僕が説明するまでもないような・・・。
こうやって知名度のあるものは↑の理由で書かないようにしています。
最近は続きで終わっているからいつも以上に先が気になって早く続きを読みたい気分です(笑)
待ってられん・・・待つしかないんだが(><)
ていうか、「境界線上のホライゾン」並に分厚いのが出ても
一冊未満に感じるほど気に入っているかも。
物語の展開や主人公の気概が僕の嗜好に最も当て嵌まるというか、
続々登場するヒロインも良い!(笑)
1巻の頃からそれを感じていたので
それが変わらない限りはこの評価は変わらないと思います(←僕の中では)

あくまで僕の感想なので、
人の感覚によっては真逆ということもあります。
人の感想は鵜呑みにしてはいけません。
↑恒例の注意ごと(><)

悪い言い方をするのなら、
主人公は我侭に自分勝手に自分のしたいことを貫いているだけで、
これが他者にどう映るかなんて人それぞれだと思います。
そういうのを良しと思えない方もいらっしゃるでしょうし、
完全に反感も覚える方もいるでしようね。
それが僕の感覚だと、たまたま清々しく映るというだけですから。

主人公の行動があるからこそ
ハッピーエンドを引き寄せているとはいうものの、
全て紙一重で、現実だったら上手くいかない場合もあるわけで、
都合よく、たまたま上手くいっていたという言い方もありますからな。
まあ、良い結果で終わるのも、この物語の良い点ではありますけどね。
主人公の関わった以外(その前)では
結構シビアな部分もあるんですけどね。

物語の展開や主人公の生き方に共感できるかがポイントでしょうか。
こういう部分は読んでみなきゃ分からないってことは多い。
判断を下せるのは人の感想ではなく、
自分だけ、つまり自分で読んでみないと分からないってことですな。
買って失敗したと思いたくないから調べるんでしょうがね(><)
僕の場合は、物語の雰囲気やあらすじ、結末、ヒロイン、主人公など
参考にして買うことはありますけれども、
どんなに情報を集めても失敗することはありますね。
最近は気になったものは資金と相談して買ってみようって感じですけどね。

最終結論としては、
物語の良し悪しを決めるのはなんだかんだ理屈を付けても、
だいたいは自分の嗜好から割り出されたものでしかありませんからね。
100人中100人が悪いと感じた作品でも、
僕(読んだ人)が良いと思ったのならそれが全てですし(人気がないと続きは出ないがw)
人の感想で自分の抱いた感想が覆ることは滅多にありません。
↑滅多にというのは、
自分の気付かない点を指摘されて覆るという例外も稀にあるという意味です。
(あ~、みんなに合わせるという意味で、誰もが自分の意見と逆だったら
内心とは裏腹に話を合わせることはあるかもしれんがw
それはリアルの話でブログではそういうことはしませんw
↑こういうところは日本人の悪いところ?)
要は最終的に購入は人任せにせず(自分判断しないと意味が無い)
自己責任でお願いしますということを言いたかっただけです。
あ~(嘆き)無駄なことを語ってしまった・・・(要約すればいいものを長々とw)
これは僕の悪いところだが、まあ自分らしさだと割り切って
直すつもりはない!(←待てコラ。コイツ言い切ったぞ!?w)

これは最終ツッコミ。
内容に関して感想らしきものは一切書いていないので、
こんな注意事項なんていらないだろっていう話ですが(><)


それにしても21巻って、この作品も大作になったな~。
発売した当時、1巻から気に入って読んだけれども、
僕の気に入った作品が人気が出るとは限らないので
不安だった頃が懐かしいです。
人気が出るのも早かったような気がするから、
心配する期間も短かった気もしますけどね(><)
大長編大好きだから、このまま50巻くらいいってくれ(←言い過ぎw)
小説でもそういう作品がないわけじゃないですからね。
後は、作品の人気持続と作者のやる気プラス物語の構成や終着点の問題か(笑)

感想を書いてもいいですけど、
せめて、この章が完結しないことには感想書き難いです(><)
完結した場合には次の章はどうなるだろうと
想像しながら全部読み直したいところです(笑)
ん?感想してる暇なんてないような・・・(苦笑)


以下にあるアマゾン画像は、気に入りそうなものや気に入っているものを選ぶところですが、
「理想の彼女のつくりかた」はこの中では特に表紙が気に入ったので飾りとして(><)
「煉獄姫」と比べて悩んだけど(表紙について)
仕草とかそういうのは全体的ものはちょっとだけ、
僕の嗜好において上でした。
内容はさっぱり分からないので不明です(ならこれ選ぶなって話ですけどねw)
ここに出した以上は早いうちに読みます・・・多分(笑)
感想は書かないけど(読むと書いた意味ねぇ!?w)
雰囲気やあらすじで気に入りそうだったから買ったものの、
やっぱり読んでみるまでは未知数です。
「竜と勇者〈あいつ〉と可愛げのない私2」は表紙も良いが、
第1巻の内容が良かったので、とにかくヒロインが可愛いし、メインではないヒロインも良い、
このヒロインに好感が持てるかが購入の鍵かな(><)
加えて主人公もほどほどに良い。主人公のノリは結構気に入っているかも(笑)
さて、第2巻はどうなのか?
「私立!三十三間堂学院⑩」
魅力的なヒロイン多数というところが僕の嗜好にお気に入りというのは言うまでもありませんが(笑)
その物語が気持ちよく読めるのは好感の持てる主人公(男)のおかげかな。
言うまでもなく、好感が持てるかどうかは人それぞれの感覚によって異なります(><)

てか、気に入っている・気に入りそうな作品も多いので
読んでいない作品を読んでしまいたいところですが、
時間が・・・時間が・・・(><)
------------------------------
電撃文庫の9月分は12冊以上の購入予定があります。
削りたいところですが、現状では削れません。
う~ん、発売してから考えます(笑)

そんなに買ったら溜まるな。
毎度のことだが・・・。
==============================

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈21〉 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
鎌池 和馬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by とある魔術の禁書目録(インデックス)〈21〉 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


私立!三十三間堂学院〈10〉 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
佐藤 ケイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 私立!三十三間堂学院〈10〉 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


竜と勇者と可愛げのない私〈2〉 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
志村 一矢

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 竜と勇者と可愛げのない私〈2〉 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント