スズノネセブン!~Rebirth knot~(PS2版)プレイ前コメント

◇「スズノネセブン!~Rebirth knot~(PS2版)」5月27日(2010年)発売予定
恋と魔法と落ちこぼれが紡ぐ正統派・恋愛アドベンチャー。
学園恋愛物、ただし魔法と科学が共存している現代日本が舞台。
コンシューマーに移植。
新規ヒロイン2人追加トア・マリア・マトス&生野真夜
ヒロインたちの絵柄は最近の中で最高の部類です。
もちろん、個人的に好みというだけで、
ほかの方たちにとってどうだかは知りません(><)
何はともあれ、僕はこういう系統がかなり好きということですな(笑)

http://hp18.0zero.jp/288/43042/(攻略サイト/ラキオス王国)

お決まりの注意ごと。
ここは、あくまでプレイ前コメントなので確定情報ではありません。
僕の情報も収集している情報の中で、
どこまで正確に書けているか分かりません。
正しい情報を書いているとも断定できません。
更に思い込みや勘違いなどもありますから決して鵜呑みにしないでください。
ここは自分勝手(主観的)な感想や意見を綴る場所で情報サイトではありませんから(><)
ヒロインの予想感想は当然ながら僕の主観で語っています(笑)
僕がどんなに[良い]と語ってもほかの方にとっては[悪い]場合もありますので。
ヒロイン情報の取得量にもよるでしょうが、
予想段階とプレイ後では大きく異なる場合もあるかもしれません。

軽く調べたところ、PC版の評価は悪くないみたいですが、
総合的にそこそこ優れているという感じで受け止めたほうがいいらしい(笑)
ギャルゲー初心者にとっては、これからギャルゲーを始めてみようかなという方には
手始めにプレイするには適度といった物語ですかね。
むろん、ジャンルやヒロインが気に入ったならの話ですけれどね(><)
(PC版のレビューを纏めた話なので言い切れる話ではありませんが)
とにかくギャルゲーで最初に最高級の作品を手に取ってしまうと
ほかが良く思えなくなりますからな(苦笑)物足りなく感じるようになるというか。
最初に手にするならほどほどに良質な作品がベストであり、
この辺がギャルゲーの基準(良し悪しの)にするといいのかもしれませんな。
プレイしたものの中で言うのなら
適度に良いという部類なら学園魔法物で「はぴねす!でらっくす(PS2版)」
なんかも適度に良いかなとも思えた作品です、内容や演出は。

実際のところは自分でやってみないと分かりませんし
何より、深く調べると確実にネタバレしそうですからね(笑)
どのくらい魔法ネタがどう活かされるのか、
ヒロイン・ルートによって異なるのかもしれませんが
戦闘みたいな展開はあるのだろうか、とか
気になる点は多々とありますけれども、
そこそこ程度に期待しておきましょうか。
内容を知りたいのなら、僕のブログなんて見るよりも
ネタバレ覚悟で色々と調べてみるといいかもしれませんな。
単なる恋愛ものよりはこういったネタ(魔法)があるほうが
個人的には飽きないで楽しめそうとは僕の私的な感想です(><)

最近では記事内で触れないようにしていたんですけれども、
移植で、いつも気にしているのはイベントCG枚数の割合ですね。
PC版と比べた場合
18禁部分が削除されることによって減ったCG枚数
それを補うために増やした枚数です。
追加ヒロインがいて総合的に増えている可能性は高いものの、
それは総合枚数で見た場合であり、各ヒロインで考えた場合はどうなんでしょうね。
こればっかりはPC版やっている方でないと比べようがありません。
(必要性があってPC版ビジュアルブックを買って、これで比べたことはありますがねw)
CG枚数を書いてくれているサイトでもあるなら別ですけどね。
僕は()内で書いたようにPC版のビジュアルブックをいくつか持っていて、
それでコンシューマー版と比べたことはありますけれども、
その場合は増えたCG枚数よりも減ったCG枚数のほうが多かったりする。
そんなにPC版のビジュアルブックは持っていないため、
比べることのできるゲームは少なくて統計的にもあてにはなりませんけど(苦笑)
18禁部分のCG割合というのもゲームによって異なりますからな~。
ほとんど知ることのない謎の部分です。
まあ、徹底的に調べる気もありませんけれどね。
知らないほうが良いということもある(><)

=======================================
http://www.alchemist-net.co.jp/products/suzunone/index.html
(スズノネセブン!~Rebirth knot~ PS2版公式サイト/アルケミスト)
---------------------------------------
アマゾン画像(限定版)

下記のテレカ(図書カード)絵柄のところで語っている通り、
いまじん(マジカルガーデン)通販予約(限定版)しました。
↑アマゾン画像を使っておいて言う台詞じゃないな(笑)
発売前だとこのくらいしか画像が使えないから仕方ないのですがね(汗)

通常版だと各ショップでテレカなど付かないこともありますから、
限定版の内容に関わらず、限定版を買うことになってしまう僕ですが(><)
ただ、テレカの絵柄が気に入らず、限定版の内容も欲しくない場合は通常版を買います。

個人的には今回の限定版の内容はかなり良いと思っています。
内容はドラマCD・ミュージックCD・イラストギャラリー本です。
特にミュージックCDは良いですね。
PS2版OP&ED曲(フルバージョン)
PC版OP&ED曲(フルバージョン)
これらに加えてドラマCDなどが付いているんだから私的には良いですな。
公式サイトに載っているPS2版OP&PC版OPムービー
数回ずつ聞いてみたんですけど、現時点(数回聞いただけの時点)では
PS2版のオープニング曲のほうが僕の好みですね。
興味があった場合、限定版内容は公式サイト等で確認しましょう。

限定版は値段は高いですけどね(笑)
しかも、テレカ付属のものだと定価そのままであることも大半ですから。
限定版は安易に手を出す代物ではありません。
ゲームは本来、ゲームが中心ですから、
ゲームの内容だけで決めるべきものです。
ですから限定版の内容は《おまけ程度》の意識がいいでしょうな。
本来は吟味して買うものであり、見極めが必要な代物です。
僕は稀にしか見極めなんてしませんけどね(><)
僕はそういう人種というだけです(汗)
10年前なら資金がないからゲーム1つ買うのにも熟考していましたけどね、
今では・・・zzz
限定版などは価格が高騰しているような場所で買うのはお勧めできません。
どうしても欲しい方は各ショップや通販で万全の準備(予約)をして正規の店から購入したほうが無難です。
(正規とは言えないが、高騰していないのなら中古でもいいけどw)
熟練の人が覚悟を決めて買うのならダメとは言えませんが(笑)

テレカ以外の予約特典(テレカ系の場合は店舗別予約特典ですけど)
もありますけれども、これが付属しているかは
公式サイト等でも書いてある通り、各ショップで確認しないといけませんな。
秋葉原系の特典テレカが付属するようなショップなら確実に付いているのでしょうけれども・・・(笑)
普通(?)の小型~大型ショップで付いているのかは僕は知りません(><)
秋葉原なら発売後も余っているなら付属することはありますけれども・・・
そういうのは売れ具合によって変わってきますからねぇ~。

――えっ、僕の場合?
(予約特典/セブンアーティストコレクション〈7人の絵師によるアンソロジーブック〉)
僕はいまじんの通販なので付属品は確実に付いているとは言い切れません。
付いている場合もあるようですが、抽選みたいな感じになっているっぽいです。
いまじんは通販ではなくてショップ内で予約するつもりだったんですけど
既に予約締め切りになっていたので(店で予約した場合は確実に付いてくるようだw)
予約受付再開するにしても待っていられなかったので、
通販で予約してしまいました(苦笑)
=======================================
--【テレカ絵柄】--
テレカ(いまじんは図書カードだが)絵柄の好み関係により、
いまじん(マジカルガーデン)通販で予約しました(限定版⇒恋の鐘鳴るスズノネBOX)
トラブルでもないのなら発売日後に届くでしょう。
「シークレットゲーム PORTABLE(PSP版)」のところで書いたように
このゲームと同時予約しています。

シークレットゲームの特典テレカほどは気に入っていません。
シックなイブニングドレス姿&水濡れ透け透け清楚白ワンピース姿ほどではありません。
あれは僕の嗜好と照らし合わせると最上クラスの絵柄ですから(><)

公式HPに行けばテレカ絵柄は公開されています。
各ショップが予約を締め切っているかどうかは知りませんけれども、
絵柄に興味のある方は公式サイトや各ショップの通販サイトや店頭で確認してみてください。
公式ホームページより各ショップのほうがサンプル画像が大きい場合もあります。
僕はG’sマガジン(雑誌)で確認したんですけどね。

いまじん[すみれ]
特別気に入ったというわけではないけれども、
それなりの私的高評価テレカ(図書カードだがw)
ミニスカートの猫耳メイド服姿。
メイド喫茶風と書いたほうがいいような可愛いデザインのもの。
当人の仕草含めて猫ポーズもあり可愛く仕上げてあります。
ワンダーグー[すみれ&トア]
ポーズ・構図・キャラクターなど
背景も合わさって健康的な色気(魅力)というのが滲み出でいる絵柄で良いですな。
最近の水着系では珍しく僕の好みと言えるでしょう。
トアの明るく頬を染めた表情とすみれの恥ずかしそうな表情がなんとも魅力的です(><)
以下の理由から除外していたけれども、
いまじんと同等クラスで僕の好みかもしれません。
昔は通販出来なかった気がするけれども、
いつのまにか通販できるようになっているっぽい(笑)
・・・知らなかった(2年以上はサイトを見た記憶がないw)
深く考えず除外してた。
いまじんだって通販をやるようになったんだから、
そのくらいは考慮しておくべきでしたね。
・・・堪えろ、自分・・・複数買いを(笑)
シークレットゲームでも葛藤しているんだから(苦笑)
ソフマップ[すみれ&柚子里]
際どいポーズ際どい格好。
メッセサンオー[すみれ]
下着丸見え(尻側)の構図。
アニメイト[すみれ]
パジャマ上だけという危ない格好で
そんな格好で身に付けたままのオーバーニーソックスもポイントか(><)
サイハイソックスではない。
ゲーマーズ[すみれ]
ポーズや仕草などはかなり好きですけど、
格好は主要箇所にリボン(?)を巻いているだけという姿ですからね~。
僕の趣味ではないです(><)
下着姿よりエロい?という服装(?)

――以上、テレカ紹介でした。
PC版の人気ヒロインである[すみれ]が多いですな。
僕も好きそうなヒロインだからその選択自体は良いわけですが
ただ、毎回言っている気もするが(そういうのが多いので言うことになるのだがw)
下着や水着はそんなに人気なのだろうか?
ふっ、やはり世間(ギャルゲー界)は僕の嗜好に逆らっているということか(笑)
18禁ならそれでも良いと思うんですけど(人によるか)
そうじゃないからそういうのに走らずとも良いと思うんですけど・・・どうなんでしょうね。

僕の嗜好の清楚とか可憐とかそういう服装の絵柄にして欲しいです。
エロの場合は、ちゃんとそういう清楚系などなどの衣服を強調したものにしつつ、
肌蹴るなり、水に濡れて透けるなり、そういう萌えエロでやって欲しい、
・・・というのは至極個人的な嗜好による願望です(><)
---------------------------------------
--【物語紹介】--
主人公・城戸幸村(きど ゆきむら)はスズノネ魔法学園・魔力工学科に通う男子生徒。
この《スズノネ魔法学園》魔法と科学の共存を目指して設立されたという教育機関。

主人公の通う学園は「スズノネトライアル」というシステムがあり、
年度末近くに成績ワーストの7人を対象とした共同生活(合宿)を行い、
各自に個別の課題を与えるというシステムを取っている。
課題をクリアできなかったものはその段階で退学になってしまうというものだった。

ワースト7に選ばれた主人公は同じくスズノネトライアルに選ばれた
5人の女子生徒(4ヒロイン)と自分を含めた2人の男子生徒とともに
協力しながら《特殊な課題》をクリアしていくことになるのだった。
協力するということによって、協力することを覚え、学び、
自分たちの有りようを良い方向に変化させていく。
その変化は周囲の人たちにも影響を及ぼして変えていくことになる。
(ワースト7と関係ないPS2版新規ヒロインが2人います)

個性的なメンバーと過ごす
最低で最高の合宿が始まる。


斜に構えず、欝に流されず
明るく真っ正面な恋愛アドベンチャーそれが
スズノネセブン!~Rebirth knot~

↑このキャッチコピーが印象的?

キャラクタールート序盤の展開・簡易的ストーリー紹介が
キャラ別ごとに公式サイトに載っているので見てみるといいかも。
(↓こんなの書く必要はないと思いますけれどもw
[トップページ]⇒[スペシャル]⇒[キャラ別ストーリー紹介]にあります)

========================================
主人公&ヒロイン紹介
評価:悪いG~A.S良いで(±)で補正。もちろん、僕の嗜好によって査定しています。
僕にとっての採点ですので人様の採点とは懸け離れている場合があるかもしれません(笑)
公式サイトやwiki等を参照しています。
ちなみにPC版と名義が異なっている場合も同一人物のようです。
(ただし、正式発表ではないことに注意)
新規ヒロインの声優さんは別名義の存在しない一般の声優さんです。

----------------------------------------
城戸幸村(きど ゆきむら)CV:--さん/主人公予想評価:?
スズノネ魔法学園・魔力工学科1年生

魔力はないものの魔力工学(魔法アイテムの制作)の才能は人並み以上
ただ発想がユニーク過ぎて、
課題制作などで突拍子もないものを作ってしまうため、
評価が良くない。
そのせいで落ちこぼれの一人となってしまうわけだが。

しかし、そのユニークさ柔軟さゆえに
研究者である島村静穂(以下紹介ありサブキャラクター)ですら
考え付かないような発想を思い付いたりもあり、
その部分に関しては静穂や名だたる魔法使いであり学園長である代官山十四郎
も一目置いているという存在。
天才と馬鹿は紙一重っててか(><)
それは大げさにしても、そういう面は多少はありそうだ(笑)

性格は冷静でも冷徹ではなく、
物事に対して前向きで目立つことも好まない好男子。
こう説明を読んだ感じでは主人公の性格は良さそうですけどね(><)
三峰兄妹とは腐れ縁の仲。。
----------------------------------------
野々村仁乃(ののむら にの)CV:朋永真季さん/ヒロイン予想評価:A+
スズノネ魔法学園・魔法科1年生。
明るく元気な性格でちょっと抜けていて天然のところがある少女。
驚いた場合など感情が大きく揺れた時に魔力暴走を起こしてしまうという特異体質の持ち主。
魔力は高いため、暴走に拍車を掛けてしまい問題を大きくする。

首の高さで左右に分けて束ねている。
全体が長いわけではなくて、後ろ髪左右の一部だけが長いだけって感じ?(それを束ねている)

それなりに良いヒロインということで予想評価[A+]です。
ヒロインとしては無難に良いという具合の典型、
個人差の好みによるバラつきが少ないタイプですな、
とは僕の勝手な感想ですが、そんなイメージを持っています。
正史があるとしたらメインヒロインになり易いタイプともいえる。
というのは言い過ぎではあるまいと思うのは僕だけか?(笑)
----------------------------------------
鷹取柚子里(たかとり ゆずり)CV:田口宏子さん/ヒロイン予想評価:A+
スズノネ魔法学園魔法科2年生。
魔法産業のトップメーカーを経営する一族の令嬢
魔法の素質に恵まれている家柄であり、
幼い頃から英才教育を受けているエリートである。
成績は良いにも関わらず、度々起こす問題行動によってワースト7に選ばれてしまった。

気丈で曲がったことの嫌いな行動的な娘。
勧善懲悪のドラマやアニメが好きで、そういうヒロインに密かに憧れているらしい。
金髪のツインテール娘。身長は165cmと女性としては高め。

それにしても問題行動ってどんな問題行動なのか言葉だけでは分かりませんな。
トラブルメーカー的なこと?
ツインテールで強気だと基本スペックって感じでしょうか。
お嬢様だとおっとり(清楚&淑やか)とか、
もしくは気丈(高飛車・勝気)という感じですからね。
このヒロインはどういった強気タイプか、感情的になり易いとか、口調にもよりますけどね。
でも、何にしても私的に外れそうにないヒロインですな。
(最高ではないため[S±]ではなく[A+]評価って感じですかねw)

こちらの声優さんはコンシューマーでは以下で声を担当しています。
「Canvas3~七色の奇跡~(PSP版)」
メインヒロインともいえる朝里利奈役の方(名義:夏野こおりさん)
「天神乱漫 Happy Go Lucky!!(PSP版)」
烏羽紫役の方(名義:田口宏子さん)
別名義は公式発表ではないことに注意。
この方、数多くの名義が存在します(笑)
コンシューマーしかプレイしない僕ですら4~5種類は見ていますからね。

ちなみに別名義がある声優さんは基本的に18禁ゲームやアニメを担当している方であり、
一般の声優さんとは明確ではないもののある程度の境界線が存在するようです。
エロゲーがコンシューマーになった場合には18禁の声優さんが
そのまま担当していることも多い(別名義使う使わないにしろ)
本当に移殖に伴い、声優さんが変わってしまった場合、原作ファンは大変なんですけど(笑)
僕はコンシューマーしかやらないで問題なしですがね。
そのキャラクターで声を聞かなければイメージは定着しませんから。
ただ、アニメで新規声優、その後のPS2版とかで原作声優さんとかね(笑)
(逆でも同じ⇒アニメで原作声優、その後のPS2版で新規声優とかねw)
その場合は僕も影響を免れず、慣れるまでの違和感を味わうことに(><)

そんな風に両声優さんは担当している領域が異なると言えるでしょう。
一般にも知名度のある境界線が曖昧な声優さんもいらっしゃいますが(><)
一般声優だけど過去に1つ2つ18禁を担当していること方もいたり色々とあります。
18禁の声を担当しつつも別名義がほとんど無いも同然の方もいます。
(新規ヒロインの声優さんは別名義のない一般の声優さんです)
一般の声優さんも特殊な例として別名義を有している方もいます。名義変更したわけではなく。
些細なことを言い始めたら区域を分け難くなるんですけどね。
私的な感覚ですが、どちらの声優さんにも魅力溢れる声を持つ声優さんは多く
特に気にすることはありません。
(その声優さんが私的に好きな声優さんであるかは気にしますけどもw)

事務所やゲーム会社の方針などで異なるのか決まりの法則はないらしい。
別名義の使い方はかなり雑です(笑)
正式な発表がないだけで隠すつもりもないのではないかと思います。
それぞれの事務所やゲーム会社等のルールに合わせて、
一応、そういう何かしらのルール(制約?)があるから別名義を使っているという程度でしょうから。
----------------------------------------
三峰美奈都(みつみね みなと)CV:小林眞紀さん/ヒロイン予想評価:A
スズノネ魔法学園魔力工学科1年生。
明るくさっぱりとした性格で気さくなため誰とでも交流を深めることが出来る。
良くも悪くも前向き・プラス思考なので落ち込んだりはしない。

魔法に対して主人公同様に魔法が使えないため魔力工学科に所属している。
とあることがきっかけで魔法に対して強い憧れを抱いている。
魔力工学で世の中に貢献したいという想いとは裏腹に、
成績は悪くワースト7に選ばれている。

長い髪(青系)のポニーテールが魅力の娘。
主人公とは美奈都の兄共々腐れ縁の仲。

ちと、前にはなるもののこちらの声優さんは
「Sweet Honey Coming(緒方未央)PS2版」を担当しています。
ヒロインでなくていいのなら
「プリンセスラバー!(PS2版)」マリア役を担当していますけどね。
----------------------------------------
代官山すみれ(だいかんやま すみれ)CV:あおきさやかさん/ヒロイン予想評価:S-
スズノネ魔法学園魔法科1年生。
大魔法使いにして学園長・代官山十四郎の孫娘。
才能は群を抜いて天才的なものがあるものの、
滅多に魔法を行使しない上に魔法の授業にもないため、
ワースト7に選ばれてしまう。

誰に対しても丁寧な言動で物事は柔らかいが、
気に入らないことに対して爽やかな笑顔のまま黒い波動を放つらしい。
情報通で学内新聞を発行している。

長い髪と帽子が特徴の可憐なお嬢様
(お嬢様という表記はないような気はするが、学園町の娘だし代官山一族っていうくらいだから)
ゲーム内で2番目の私的予想評価を付けているヒロイン[S-]評価です。
プレイしてみないと分かりませんけれどね。

ちなみに声優さんは「涼宮ハルヒの憂鬱」キョンの役の方です。
いや、(↑)はメインキャラじゃないし、例としては悪いですけどね(><)なんとなく(笑)
僕は「シャッフル=SHUFFLE! ON THE STAGE(PS2版)」リシアンサス役で初めて知り名前を覚えた、
好きになったという経緯があります。
それ以前にも僕がプレイした中で担当していたヒロインがいたとしても気付いていなかったということで(><)

芸人のあの人と苗字の表記が違うだけで同じですからね。
紛らわしいといえば紛らわしい。
流石に誤解する方いないでしょうけど(笑)
----------------------------------------
トア・マリア・マトス CV:阿澄佳奈さん/ヒロイン予想評価:A+
PS2版新規ヒロイン。
プエルト・リコ出身の留学生で、
既にアメリカの大学で魔法学の学位も取得している(飛び級で)
若くしてASS(アメリカ魔法学会)エージェントになっている。

すみれの母親に故郷を助けてもらったことがあり、代官山の一族には強い尊敬を抱いている。
だからこそこの学園に留学してきたわけだが。
スズノネセブン(ワースト7)について思うことがあるらしく、
興味よりも強い感情を抱いているようだ。

故郷にスズノネのような学園を設立するために一途に頑張っている。

公式紹介では性格が記載されていない気が・・・(苦笑)
以下で紹介するヒロイン・生野真夜も同様に分かりません(><)

ロングの髪(赤系)真っ白い高潔な制服が似合う女の子。
とにかく白を基調とした清廉な制服(?)が魅力的で大好きです(><)
うむ、僕のツボを巧みに刺激してくれるデザインと色合いだ(笑)
雑誌より負けず嫌いで意地っ張り。

こちらの声優さんは最近のゲーム(ギャルゲー)では
「天神乱漫 Happy Go Lucky!!(蘇芳)」を担当している方。
----------------------------------------
生野真夜(しょうの まよ)CV:寿美菜子さん/ヒロイン予想評価:S
PS2版新規ヒロイン。

トアの指導員であり後見人として帰国した元スズノネの生徒。
九条要(スズノネの卒業生で、教師。合宿の指導員)とはスズノネ生徒時の同期。
ただ、1年経たず中退し、渡米している。
アメリカの魔法を学び、ASS(アメリカ魔法学会)エージェントとなっている。
トアと同様にスズノネとは異なるスタイルの魔法を使う。

事故のせいで片目の視力を失っている。
治ったわけではないらしいが、魔法の補助で不自由はなく、逆に視力は普通以上である。
真夜は医療技術による回復ではなく、魔法による回復を望んでいるため、
本人もスズノネ時代から再生魔法の研究をしていたものの、
現在では自身の壁にぶつかり諦めている。
回復魔法のエキスパート。

・・・このままで終わったら公式サイトと大差はないですからね。
自分の感想&予想などを含めて書いてみましょう。
性格が記載されていない気がするのは気のせいだろうか。

穏やかで落ち着いた清楚な大人の女性(お姉さん)といったところかな。
↑この説明はG’sマガジンを読んだおかげとも言えます(><)
公式サイトのキャラ別ストーリー紹介では丁寧な喋り方(です・ます)をしているようでして、
真夜は物腰の丁寧なタイプと言えるのかもしれません。

私的予想評価はこのゲームで最大の[S]評価ということで、
とても楽しみなヒロインです♪
まあ、サブキャラクターで島村静穂[S+]がいるけどね(><)
静穂の場合、性格(現段階では大まかだが)・容姿・服装が最大の調和を極めていて、
僕の好みのツボを刺激しまくっていますからね。

このゲームのお姉さんキャラ(静穂&桃子&要)たちの中では、
真夜は服装が一番大人っぽい。
要は格好良い女性系ですし、大まか部類では真夜と服装が似ていても、
要は若者っぽい服装で大人の女性という色香はない?
真夜は大人の色気を感じさせる洋服(体の線が出るジャケット?にタイトスカート+黒タイツ?)
その中でも落ち着いた色合いとデザインですし、
落ち着いた性格に相応しい服装であり、指導員としては逸脱していない衣服。
ややデザインの凝ったOL的服装(スーツ)からも大きく外れていないと思います。
確かに僕は清楚な服装は好きだけど、このスーツ的な洋服が真夜って感じがしますからね。
これはこれでキャラと調和していると言えるかも(笑)

やはり時期的にも一応挙げておかないといけないでしょう、
「けいおん!(琴吹紬)」を担当している方です。
最近のゲーム(ギャルゲー)では紹介したばかりの
「マリッジロワイヤル~プリズムストーリー~(朝倉美弥子)」
でも担当しています。

そういや「けいおん!(アニメ)」のメンバー(軽音部5人)の中でギャルゲーのヒロイン役を担当しているのは
多分2人だけですね。
まあ、ラブコメ「迷い猫オーバーラン!(アニメ版)」では主人公の子供時代役を含めるのなら
「けいおん!」の主要メンバー5人中3人も出演していますけど(笑)

加えて現在放送中の「いちばんうしろの大魔王(アニメ)」では
「けいおん!」の主要メンバー5人中4人出てるけど(><)
実はドラマCD版含めると全員出演したことになりますけどね。
----------------------------------------
島村静穂(しまむら しずほ)CV:澤宮菜穂さん/サブヒロイン予想評価:S+
サブ・キャラクター
(ヒロインではありません/サブ・ヒロインと書くと紛らわしいのでサブ・キャラクターとしました)
最初に言っておきます――攻略は出来ません(笑)
個人的に好みだから名前を挙げているだけです(汗)

PC版ではファンディスクらしい続編が発売されていますが
『スズノネセブン! -Sweet Lovers' Concerto-』が2009年11月27日発売。
この中ではサブ・キャラクター4人(サブ・ヒロイン)のシナリオも入っているようですが、
PS2版に入っていると思わないほうが無難でしょう。
そういう情報も出ていないですからね。
発売時期によっては都合上入れるわけにはいかないでしょうし、
Hシーン抜かして成り立っているような代物なのかも分かりませんし。
場合によっては移植の際にかなりの手直しが必要になってきますからね。
時期的に無理だと思うのが懸命です。
期待しないでおきましょうか(><)
・・・そう、期待してはいけないんだ(遠い目)
入っていたら狂喜乱舞してもいいくらいに凄いことです。

あの『MagusTale Eternity~世界樹と恋する魔法使い~(PSP版)』は
稀にしかないものだと思います。
(これはファンディスクの発売から1年以上が経過していますからね)
その代わり追加ヒロインはいないですけど。

スズノネ魔法学園の研究員で、世界的な魔法学者。
まだ院生ながら新技術の開発も行っている。
喫茶店の店員として働いていたり、
恩師の授業の手伝いもしている。

容姿・服装は超壮絶に好みです。
繰り返して言うけど、マジで好みですよ♪(笑)
「一目見て決めました」くらいに見た瞬間に刺激されたヒロイン(ヒロインじゃないがw)
まさに一目惚れ(苦笑)
ヒロイン(ヒロインじゃないけどw)の性格や喋り方、
そして声もある程度、僕のイメージの範囲内に収まってくれたら
評価[S+]あげられるレベルです。
それくらい僕の好みに嵌ったキャラクターです。

そこまで気に入ったという容姿や服装を語りましょう。
きっと言葉じゃ正確には伝わりませんけどね。
小説家志望がそれでいいのかっていうのはありますが(笑)

まず服装について、
上着はなんて言えばいいのやら・・・(苦笑)
アジアンテイストというか、アオザイ風といってもスリットが入っている上着じゃないし
なんていえばいいのか・・・チュニック??
ダメだ、説明できん。
緑系というような感じで柔らかいイメージの服装、
スカートはフレア(サーキュラー?)で膝丈(膝を隠す長さ)裾だけ黄緑系。
サイドにはリボン飾りも付属。

全体の色合い的に目にも優しく(?)優しげで爽やかな(涼しげな)イメージ。
――んでもって外見・雰囲気。
お嬢様結びをしているような気することもあるのか、
そのままの印象でお嬢様のような清楚な雰囲気の女性。

ヒロインじゃないですけれども
最も神ヒロイン(評価[SS])に近いキャラクターと言えるかも(笑)
というわけで最大限の期待を込めて予想ヒロイン評価[S+]にします。
ああ~、でもヒロインじゃないのだが(TT)

こういうキャラはサブだからこそ気になる(映える)って言う人もいるかもしれませんが、
僕は気に入ったヒロインはメインヒロインになって欲しい(><)
おまけ程度でいいから攻略させてくれ(苦笑)
曖昧なまま完全な恋愛に発展しなくてもいいからルートを用意してくれ~。
それがないのなら、せめて[おまけシナリオ]を用意しくくれ~っ!!(心の叫び)
(冷静になって⇒)まあ、現段階は予想評価なわけで
私的に大事な喋り方などもちょっとは見てはいるものの、
ゲームをプレイしてみないと予想評価通りなのか不明ですけどね(><)

こちらの声優さんは双子の声優さんもいて
加えて別名義もあったりとして、とてもややこしいです(><)
PC版と名義が異なるだけで同一人物のようです。
(調べるのに疲れた・・・w)
Pia☆キャロットへようこそ!!G.P.(諸見里葵)」は良かったので、
こちらの声優さんがこのヒロインに合わないってことはないでしょうな。
----------------------------------------
代官山桃子(だいかんやま ももこ)CV:やなせなつみさん/サブヒロイン予想評価:S+
サブ・キャラクター。
(ヒロインではありません/サブ・ヒロインと書くと紛らわしいのでサブ・キャラクターとしました)
最初に言っておきます――攻略は出来ません(笑)

神出鬼没ののんびりした性格のすみれの姉、
当然ながら大魔法使いにして学園長・代官山十四郎の孫娘である。
スズノネ魔法学園図書館の司書。
昔は絵に書いたようなお淑やかな女学生だったらしいが・・・。

---------------------------------
発売したらこのゲーム「スズノネセブン!」を優先してプレイする予定です。

サブ・キャラクターの1人、
志麻莉里については分からない点が多いため、
僕の好みそうではあるのにも関わらず語らないことにしました(笑)
鷹取柚子里の同級生(2年生)主人公の先輩。
鷹取家の使用人、学園内では柚子里が望むので1人の友人として接している。
家庭の事情で引き取られている。
ワースト7の1人に選ばれたのにはとある理由が・・・。

この記事へのコメント